なんだかんだで縁が消えないタイ・バンコクで最初の彼女だったバービア嬢の話

 

しっかし運命というのは本当によくわからないもんですねぇとつくづく思います。

 

最近一番最初の元彼女からLINEが来まして、お店にいるから遊びに来い!というお達しを受けて
飲みに行くこととなったわけですが(笑

 

男女の関係になることはもうないとは思いますが、しかし
なんだかんだで一番タイで縁のあるタイ人女性が彼女なのかなぁと思います。

 

もうかれこれ知り合って5年くらいになるのでしょうかね。

 

当時は若かった彼女も今では多少の落ち着きは見せてきたものの、
所々日本語を会話に差し込みチップをねだる様相を見ているとイラっとします(笑

 

それにしても、今まで何度彼女の連絡先はデリートしたことか(笑

 

しかし、なぜかLINEや電話番号に限らずいつの間にか連絡先として舞い戻ってくるという
本当に自分で言うのもあれなんですが、なんとも不思議な感じがします。

 

 

というわけで、行くとかいいつつもある程度放置していたわけですが、
するとLINEでお怒りのLINEが届くわけでして、さっさと来いよ!というこの威圧的なLINEに
恋愛の駆け引きの『れ』の字も見当たらないストレートなLINEは

 

ある意味非常にわかりやすくてシンプルです。

 

まぁ・・・・ヤキモチや焦らしてどうこうとかいう次元は超えてますからね(笑

 

むしろ甘い言葉を投げかけてきたらそっちの方は全力でスルーですよ。
どうせアパート払うお金がないとかそんな感じだろうし(笑

 

というわけで、元彼女のバービアへと遊びに行ってきたわけですが

 

元彼女「・・・髪切りなよ」

 

K「・・・・第一声がそれかYO(;′-′)」

 

元彼女はかなり短髪が好きらしく
久々に会うと大体髪の毛の長さは話題にされるというか・・・いやいやそこまで長くないだろうに
とは思うのですが、タイ人からしたら長い部類の長さなのでしょう。

 

K「っていうかあなたこそこないだ妹と一緒に会った時より太ったんじゃないの??

 

バービア勤務だったタイ人元彼女と久々にアソークで酒を飲み交わし映画を見に行った話
年明け前の話。 携帯に朝っぱらから見慣れない着信があったのですが、 この日日曜だった為に惰眠をむさぼるべく華麗にスルー夕方過ぎまでまったりと寝ておりまして

 

元彼女「・・・太ったKに言われたくないわ ┐(´~`)┌」

 

K「・・・(;′-′)デスヨネー」

 

まあ、お互い様ってことで(笑

 

なんというか甘い会話は一切なく
ときめきもなんにもないですよね。

 

でもまぁ、気を使わなくていいっていう意味では非常に楽というか
乳やお尻を揉んでも多分恥じらいすらなく

 

真顔で

 

元彼女「・・・楽しい?」

 

とか言われそうですね(笑
まぁ、そんな関係です。

 

K「久々にビリヤードしようぜい!」

 

元彼女「OK!」

 

いやはや思い出しますねぇ初めてビリヤードを元彼女とした時のことを・・・
あの頃は元彼女は超絶下手であり、なかなか終わらなかった記憶があるのですが

 

私が惚れたタイ人彼女とバンコクのお店で出会った頃の話
この話は書こうかどうしようか非常に悩んだ所だったのですが・・・ まだまだ年末のパタヤ編も終わらないですが、 いい加減こっちの話も書いてみようかと思います。 意外と私は一途だったりします。

 

・・・・(;′-′)おい待て、おまえ、うまくなりすぎだろう!

 

 

という進化を遂げており勝てませんでした(笑
2戦やって2戦とも容赦なくZ・A・N・P・A・I

 

 

さすがに5年のキャリアは伊達じゃありませんねぇ。

 

 

というわけで、そんな感じのゆるーい飲みとなったのでした。

 

 

彼女もそれなりのキャリアが在ることからお姉さん格くらいになっているので
最初出会った当初みたいに他のお姉さん格からタカられることもないし、
元彼女自身、他の子を呼ぶこともないからなんというか楽ですね。
まぁ、これからもちょこちょこ顔は出してみようかなぁと思うのでした。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket