カラオケクラブ『その』はタニヤの幽霊ビルに存在する秘密の花園

 

かなーりお久しぶりな実に4〜5年ぶりぐらいに三度目の来店となりました。
タニヤの裏通りのビルにひっそりと存在しているカラオケクラブそのへとお邪魔してきました。

 

多分一般的なタニヤのメイン通りを通られている方にはぴんとこないお店だと思いますが、
そのはタニヤの裏手、カラオケクラブ愛がある所の隣にあるビルに存在しているカラオケクラブ
知る人ぞしる秘境といったお店となっています(笑

 

特にそのといえば有名なのが今にも壊われて止まりそうなエレベーターが有名なわけですが、

 

 

上に上がっているんだか止まってるんだかわからない恐怖を感じるエレベーターであり、
ぶっちゃけ閉じ込められるんじゃないかという恐怖感が伴うここはまさに
幽霊ビルと言ったところでしょうか(笑

 

 

『その』のお店のボタン以外ぶっ壊れているし(笑

 

まぁ、わかりやすくて良いですが、雰囲気はホラーですので遊びに行く場合はきおつけてくださいね。

 

さて、話は5年前に遡りますが、
5年前に訪れた時にはそれなりに可愛い子がいたような記憶が残っています。

 

でも実際に付けたのは割と年齢が近かった嬢だった気がしますが、
とくにそのはノリの良さがぴかいちであり、訪れた友人達と野球拳とかしたような
そんなほろ苦い記憶が残っておりました。(笑

 

そんな苦い経験を久々に思い出しつつ5年ぶりとなる『その』でしたが、
訪れた時間帯が遅かったせいか、そこまで可愛いというようなラインナップの嬢は残っておらず、
かるーく熟女クラブ的な雰囲気に包まれていたような気がします。

 

(その中で2人くらいは可愛い子が残っていた)

 

ちなみに私が付けた嬢はくしくも母ちゃんと同年代な嬢だったわけですが、
性格は非常に良く癒し系?もとい、母性系?とでもいいましょうか。

 

まぁ、適度に席について飲む分にはさすがはベテランということで、
不快になるようなこともなく、まったりとした時間が流れるのでした。

 

結構そのは古くからのお店でかつ、意外にも駐在の人でリピートされる方がいるのだとかで、
長く働いている歴戦の嬢達が残っているのかもしれませんね。

 

(重ね重ねいいますが、訪れた時間が11時過ぎだったために若い子は残ってなかったのかも)

 

 

そういえば、『その』のカラオケは面白いというか、特設ステージみたいなのがあるんですが、

 

普通ステージあると、お客さん側に向けて歌わせるかと思いきや、
そもそも液晶画面が、ステージの奥側(客席と反対側)にあることから、
ステージに立っても意味がないっていう(笑

 

そんな変な仕組みになっています。

 

たしか私も前歌った時は適度にステージに備えてある椅子に腰掛けて
弾き語り的な感じで歌った記憶がありますが、

 

まぁ、テレビをいい場所へおけなかったんでしょうね。

 

音響的には中の中くらい?別段悪くもなく、良くもないかな?といった感想です・・・
(結構酔っ払ったあとだったのでその辺り良く覚えてません)

 

タニヤの裏手にあるカラオケクラブということで、なかなか目立たないお店ではありますが、
早い時間であればちょっと覗くくらいはいいかもしれません。

 

お店もそこそこ広いですし、のんびりとたまにはいつものメイン通りとは違う
秘密の花園カラオケクラブそので遊んでみるの悪くないのかもしれない!なんてね(笑

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket