コヨーテ嬢とママのプロ根性を感じた日

medium_302619266

最近元同僚のおっさんに言われます。
お前のブログはマニアックすぎる・・・・と

しょうがないやん(´・Д・)
どうしろと?

まぁもうどうする事もできないので
このまま書いていきますけどね(笑

そういえば先週末土曜にウアン君からSMSで

ウアン「今日レインボー行くけどK行く?」

というメッセージが来てました。
まぁ誘われたら断らないのが男の友情ってやつで

特に予定もなかったのでOK。
夜スティサンへ向かう事にします。

レインボーでご飯食べてもよかったのですが、
LINEでオタクな英国人の子から今トンローの寿司龍で食べてるからJoin Us!

みたいなメッセが来たのでいく事に、

そしたらそのお店ややこしくって1階の別の店内を経由して二階へ行くらしく、
お店入った時点でそのまま1階座っちゃったんで、会えずしまいでした(´・ω・)

あれ最初来た人にはわかり辛いよなぁ・・・

まぁ味はそこそこでした。
ちなみに一階は日本橋という和食レストランです。
なんか寿司ロール系の名前がかなり面白かった印象です。
(忘れたけど・・・)

なんだかんだで、ご飯食べて時刻も10時とよい感じに、
BTSで今回向かう事にします。

お店に来店したのが多分10時半くらい。

レインボーの入り的には
そこそこ埋まってるかな?といった感じです。

まぁその前日がバレンタインデーだったので
そこそこだったんですかね。

さて、この日ですが、次の日休みだったので
久々に飲みすぎました(;´Д´)

もうさすがに席に着く嬢は完璧に固定
オキニ2以外は付く事はないですし

言わなくても彼女が出勤してて、
空いてれば必ず来る感じになります。

ママさんや、ウェイターにも慣れたもの

やはり、付近の他のお店と違って安心感は半端ないです。

少し遅れてウアン君の浜崎も登場。
いつもの4人+ママさんとでがっつり騒ぎます。

さて、今回非常にプロ根性を感じたと思う事があり
このテーマにしたわけですが、

中国正月のオキニ2のぶっ倒れを見て以来

コヨーテ嬢の厳しい現実

いまいちオキニ2に飲ませるのが嫌になり、

その辺誤魔化して、じゃんけん大会で彼女が負けた時とか
分捕って飲んでたらママさんとオキニ2怒られました(´・ω・)

オキニ2には噛み付かれたしorz

お立ち台に立っている時も誤魔化して渡してたらお酒よこせと
叱られる・・・

まぁそれが、彼女達の仕事であり、
当たり前と言えば当たり前なんですがね。

ナナやソイカのゴーゴーならいざ知らず

客の席のボトル飲んでも
彼女達にはお金は入らないですし、
LDが付くわけでもないです。

でも、そういう楽な所に甘んじないで、
あえて盛り上げる為に酒を飲むという姿勢

非常に好感が持てると思いましたし、
ママさん自身が『それは駄目』だと自戒している姿勢は

教育がしっかりしているんだなぁとみじみ感じます。

だからこそ、ボトルを入れてあげようという気にもなるし、
ねだられなくてもチップ上げちゃうんですよね^^;

そういえば元同僚のおっさんが前こんな事言ってたっけ・・・
北風と太陽の法則

ようは、ドリンククレクレチップクレクレとか言う奴には
上げたくないけど、

そういう所言わないできちんとサービスしている嬢や
デックサーブには払う。

非常に分かる気がしますね。

なんだかんだでこの日ボトル2本消費の
3本追加で

およそ5時間くらい居ました。

お会計は一人2000THB
チップの方がお会計より多いっていうね(笑

それはそれで満足感があるので良いんですけどね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

photo credit: pipat t. via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket