ゴーゴーバーの嬢と仲良くなりたかったらある程度の様子見も必要?

ナナプラザ スペルバウンド

ここ最近は頻繁にナナプラザのゴーゴーバーに訪れているかもしれません。
と言っても、色々なお店に通うのではなく一店まったり集中という事で
以前LINEのアカウントを教えてくれた嬢がいる、
スペルバウンドのお店へ
通っております。

ここのゴーゴーバーは日本人の人があまり来ないという事もあり、
お客さんはファランがそこそこ入って居るものの
サービス達のドリンク攻撃もそれほどなく、マッタリできるので
スタイルは結構好きだったりします。

ただ、オカマのママさんだけはちょっと強引に
ドリンクを飲みたいと言っては来ますが
私はその代わりに、お店のママさんにドリンクを奢っています。

ママさんに奢ると、お店によるとは思いますが、
そこまでドリンクをくれ攻撃も少なくなるので
このお店の場合は長居をしたかったら
ママさんを味方につけると良いかもしれません。

 

さて、私が最近付けている子。
まだ3回くらいしか付けて喋っていませんが、
今の所4回ナナプラザのスペルバウンドに通う間にも
一応LINE等でやり取りはしているせいもあってか
初回にあった時に比べて色々と彼女側の接し方とかが変わって来た気がします。

 

いい子を見つけたら初回でもGOといった姿勢も大事かもしれませんが
愛想のいい子とかの場合はいきなり初回から一緒に行かずに

 

何度か通って様子や彼女の性格をみた上で

 

遊びに行ったりとかした方が
盛り上がって楽しいかもしれませんね。

 

というのは、例えばロング等で連れ出したい場合。
ホテルに戻ってやる事が終われば
すぐ帰ってしまったりするケース等が多々あるかと思います。

 

この辺りの根本的な理由っていうのは、つまりはゴーゴー嬢側で

 

まだまだ全然盛り上がってないから
起る事であって、

 

もっと親密に色々と打ち解けてたり、コミュ二ケーションを取って
気が合えば、おそらくキチンと

 

朝までは暫く、居てくれると思います。

 

ようは単純に、意思の疎通がうまく通じず、無言の時間が長かったりした場合
こういった状況になった時はゴーゴー嬢も退屈と感じてしまう女の子が多く
携帯弄るしかないか、帰りたいと思うそうなので、

 

そういった点を回避する為に、
タイ語もしくは英語をある程度は意思の疎通ができる段階まで持って行く
回避できるかも知れませんね。

 

 

だた、この辺の意思の疎通が出来てもどうしても回避できない問題があります。
例えば、狙っているゴーゴー嬢に彼氏が居たりとか、子供が居たりする場合等。

 

大抵はお店に居る時点でショートのみとか言って
断るケースがほとんどだと思いますが、
中にはロングの料金狙いで、元々ショートのみなのに、
ごまかそうとするゴーゴー嬢も存在している事から

 

ある程度は様子をみた上で連れ帰った方が
損をしないで良いのかなと思います。

 

 

通った上で、スキンシップと会話をしていれば彼女の方から
事情は話してくれるかもしれません。
彼氏が居るというのは直接はあまり言ってくれないかもしれませんが、
子供が居るという情報はそこそこ仲良くなれば打ち明けてくれるケースが多いので
そこまで聞き出せる中になれると、また遊びに幅が広がるかもしれませんね。

 

もちろん、『そんなの関係ねぇ!』チャレンジするぜ!
って方は是非とも頑張ってもらって
ゴーゴー嬢のハートを是非とも射止めて欲しいと思います(笑

 

さてさて、話を戻しまして、今なかなか楽しく会話している
スペルバウンドのゴーゴー嬢ですが、
初回に訪れた時には特に連れ帰るという話もなく。
タイ語でのコミュニュケーションのみで、彼女のLINEをゲット

 

二回目の来店の時は、LINEのやりとりもあってか、

 

かなりフレンドリーな雰囲気になってきました。

 

ただ、閉店間近30分前という事と、他のお客さんに付いてた事もあり、
それほどは絡めませんでしたが、帰宅後は普通にLINEのメッセージが来ます。
ちなみにLINEのやり取りは大変ですがタイ語で行っております。

 

私はまだ、タイ語は読める訳ではないのですが、
以前書いた事がありますが、タイ語のLINEが来た場合読めなくとも
GOOGLE翻訳を使う事によって、送って来た音声を読み上げてもらいます。
そうする事によって、会話が出来る人はある程度は理解出来ると思いますので

 

是非タイの女の子からLINEがタイ語で来た場合は
Google翻訳の読み上げを試してみてください。

 

こちらからタイ語を送る場合は、
英語からタイ語に変換すると、ある程度まともな変換になります。
そして、そこで変換されたタイ語を読み上げてもらい
合っているかどうかを確かめると良いと思います。
この辺りは英語とタイ語の文法が似ているからというのもあるのかもしれませんね。
(基本タイ語は英語と同じ文法が逆なので)

 

ちなみに日本語からタイ語に変換ですと、
かなりチンプンカンプンになってる傾向がありますね。

 

そして、3回目の来店の時は彼女は居ず、お店にママさんだけ、
ハグだけして、100THBのチップだけ渡してとりあえず帰りました(笑
(ママさんだからこそ渡すのであって基本のサービスには渡しません。)

すると、深夜に彼女からLINEのメッセージがあります。
おそらくママさんから連絡が行ったのでしょう。

 

そして、そのやりとりを踏まえた上での4回目の来店で
どこか遊びに行きたいな!という話をしておきます

 

ゴーゴー嬢「どこ遊びいくの?」

K「っていうか普段どこに遊びに行ってるの?」

ゴーゴー嬢「ペッブリーのディスコとか・・・」

K「へぇ・・・そんな所があるんだ。一緒に行ってみたいんだけど」

 

ゴーゴー嬢「えっ!じゃ一緒に行く?」

 

みたいな流れに持って行ければベストなんではないかと思います。

 

ちなみに、ここでもまだフリだけで実際は遊びに行ってませんが(笑
ただ、なんというか最近思うのは

 

『貴方と遊びに行きたいんだけど』

 

と聞いて

 

『アップトゥーユー』

 

この回答

 

確実にコミュニケーション不足だと思います。
ですので、ここで彼女達のテリトリーに入れるように会話を繋いで
面白いと嬢に思わせて、仲良くなれればベストかなと思います。

 

この日はこれで結局一緒には遊びに行きませんでしたが、

 

こちらから一緒に遊びに行きたいという意思を伝えた上で
向こう側のゴーゴー嬢が悪い気がしなければ、何かあった時に
お誘い等が発生する事もありますので、何度かお店で顔を合わせるテクを
急ぎでなければ是非とも活用してみてください。

 

ちなみに、この後、お姉さんのバースデーがローカルディスコで開催されたらしく
その時にLINEで呼ばれましたが・・・・用事があって行けませんでした(;´Д´)
お金は少し多めに払わされたかもしれませんが・・・
ある意味チャンスな機会を逃したなと(笑

 

この時ディスコに行ってて、
次ナナプラザのゴーゴーバーであった時は
さらなる進展があった可能性を潰してしまって
非常に悲しいです(笑

 

とりあえず、本気で狙ってみるゴーゴー嬢等居たら
是非ともお試しください。

 

一回目で行きたい気持ちをぐっと我慢。
そして、そのお店のママさんと仲良くなるのが
ラブラブになる近道かもしれませんね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket