シーロムのソンクラーンで激怒する日本人、意味が解らない

0

写真 (1)

さてさて、ソンクラーン二日目も無事に終ったところですが、

昨日は行く予定はなかったのですが、急遽参戦してきました。

4時過ぎにタニヤの我侭娘から連絡があり
ソンクラーン、シーロムへ行こうと誘われますが

正直あまり乗り気でなかったのですが、しぶしぶ承諾。
(体調的な面で)

我侭娘「今から向かうから行ってね」

K「へーい、向かいます。」

我侭娘「それと携帯の調子が悪くて電話繋がらないから」

K「(;´д´)おまっそれどうやってみつけりゃいいのよ」

まぁ見つけられなかった見つけられないで、適当に過ごせばいいんで
とりあえず向かう事にします。

写真 (2)

案の定・・・見つけられません。

というか人の多さは初日以上
さらには電話も繋がらないという事で、

ここはすっぱり諦めました(笑

つーかあいつはなんの為に電話してきたんだ(;´д´)
相変わらず良くわかりません。

と、そうこうしていると
まさかのウアン君とそのお友達を偶然にも発見w

なんでもソイ22で飲んでてその勢いで
こっちに周ってきたという事でした。

なんというタイミングw
びっくりです。

そんなわけでじゃぁ、また3人で周るという事で
パッポン方面へ向かう事にします。

昨日はパッポンのメインストリートは開法されておりましたが、
本日は普通にお土産屋が開店してましたね。
あそこがクローズになるのはどうやら初日だけっぽいです。

さてさて、

今日のタイトルは『シーロムのソンクラーンで激怒する日本人』

ということですが、

ちょっと一言いいたいんですよ。

シーロムで宿とって
しかもソンクラーンの日だよソンクラーン

濡れるの『いやなんで』とか言って拒否している50~60代のおじさんよ。

あんたらは一体なに考えてんだ?m9(゜д゜)

シーロムで濡れたくないとかわけのわからんこと言ってるなら

ソンクラーン中の昼間に外に出るなよ、
というかシーロムに泊まってんなよ

と言いたい。

まじでそういう所、空気よんでください。

まぁ首を横に振る日本人や、暴言吐いてる日本人を

敢えて狙い撃ちしておりましたからね!

あんたらの濡れたくない事情なんか知るかっ!?

今日はソンクラーンだ!!m9(゜д゜)
しかも最大級に盛り上がっているシーロムですよ。

つーか水掛けて暴言吐かれたの日本人だけですぜ・・・
他の国の方達はにこやかに応えていただきましたよ。

そういう所はやっぱりそういう日なんだから

ある程度は覚悟しましょう。

嫌なら別の日に遊びに来い。

これです。

まぁそんなわけでパッポン2の所に陣取ってなんだかんだで8時過ぎまで
盛り上がっておりました。

場所は以前、タニヤ嬢が仕事終わりに行くバービアで紹介したあそこ。

昨日はやっていなかったんですが、
今日は営業しているという事で

外で陣取ってビールのみつつはっちゃけておりました。

途中騒ぎすぎて水鉄砲がぶっ壊れたという事で、
お店のお姉ちゃんに泥のバケツを頂いて塗りたくります。

コレ面白いですねw
合法的に女の子に触れるっていう
日本でやったら軽く通報されそうですが
おそらく下心がある人達は水鉄砲より泥を塗る派に別れる事でしょう。

途中でいつもこのお店でつけている
自称バンコク出身嬢が出勤したみたいで、

後ろからそろーりと、泥を顔面に塗りたくるw

最初驚いていましたが、
振り向いて誰か解ると喜んでおりました。

ソンクラーンは何がいいかって?

濡れすぎて女の子のリミッターも外れていて
密着度が増す所にあると思います。

寒くなったりすると女の子の方から抱きついてくる感じ
こちらからぐいぐい行ってもさほど嫌がらないのは

まさにこの時期ならではだと思います。
(知っている譲限定で)

そして、ウアン君はこの日ぶっ壊れていました。
テキーラ飲みまくりーの頭フリフリーの

まぁ彼も色々溜まっているのでしょう。

なんだかんで9時くらいまでそこで騒いでいて
その後ウアン君は持ち帰りw
駐在さんとはそこで別れ

お腹減ったんでシーロムのしゃかりき432でご飯を食べて
バスで帰宅したのでした。

写真 (3)

いくら丼260バーツ
この量でこの値段はぶっちゃけ高すぎだと思います。
日本より高い設定

この値段にするなら
もうちょい量多くてもいいだろう・・・
そんないくら丼です。

というかシーロム店なんか値段高い気がします
あんましリーズナブルじゃないですね。

そして、肝心の我侭嬢ですが、
帰る間際に電話が繋がり、
もう家に居ると・・・

あーそうですか(;´д´)という事で帰宅します。

ちなみに本日最終日ですが、
さすがにもう今日は家に引きこもっていたいと思います。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

Leave A Reply

CAPTCHA