スクンビットの出会い喫茶テーメーカフェで出会った如何にも怪しい女の話

0

 

ナナプラザを後にした私は、
そのまま帰るか、ラップラオ方面に行くか迷っていましたが、
せっかくのスクンビットなので、久々にテーメーカフェでも覗いてみるかな?
という事で、徒歩ナナプラザからテルメカフェ迄向かってみることにしました。

 

まぁ、歩きなのは普段オフィスワークなので軽い運動という事で(笑

 

時間的には1時を回った時間ではありましたが、テーメーカフェの閉店は2時って事で、
一杯飲んでまったりと眺める分には問題ない時間帯かなと思います。

 

例によってもちろん、連れ出す目的はなく、ただただ、雰囲気を楽しむ為に
訪れるって事で。

 

さすがに1時半を回ってのテーメーカフェへの来訪は
嬢も客もまばらな雰囲気でした。

 

嬢に至っては多分二十人前後でしょうか?
それでもある意味小箱なタニヤのお店よりは多いでしょうけどね(笑

 

男性客はS字カウンター周りは埋まっており、
この日割合的には男性客の方が上回っていたかなという印象です。

 

とりあえず、受付で1杯ドリンクとポップコーンをオーダーしつつ、
ボックス席が空いていたので奥の席に腰掛けました。

 

すると、その近くにいたタイ人女性から猛烈にアプローチを受けるも、
軽く笑顔で受け流しつつ、さらにもう一人別の女性が合流。

 

今回の話の軸となるのはその合流した来た嬢の話。

 

大抵笑顔で断ってたら基本テーメー嬢側から近寄ってくる事はほとんどないというか
まず今までの経験上私の中ではない事だったんですが、

 

この合流して来た嬢。

 

強引にも一緒に飲む?
とかいう誘いを強引にしてきまして(笑

 

あれよあれよというまに私が座っているボックスに陣取り
一緒に飲む気満々な状態。

 

それを見た私は、とりあえずネタになるから一杯くらい一緒に飲むかなという事で、
嬢が飲むドリンク代金を払って上げます。

 

まぁ・・・ワイン頼んでたけどね!ワイン。
しかもポップコーンも一緒のフルコンボ!

 

金額は160THBでした。
そのうちの何割かはバックでも入るんかなー等と考えつつも

 

乾杯。

 

そして、まーよく喋る喋る

 

ちなみに日本語はペラペラ。
なので、こちらも普通に日本語で会話をしていました。

 

あなたの名前は?何歳?日本のどこに住んでいるの?
タイには遊び?仕事?テーメーカフェにはよくくるの?

 

マシンガントークの如く繰り出されるトーク術を尻目に適当受け流しておりました。

 

あえて、年齢とか聞かなかったんですが、私の見立てでは、多分私より年上だったかな。

 

テーメー嬢「あなたここよくくるの?」

 

K「今日は久々に来たよー6ヶ月ぶりくらい?」

 

テーメー嬢「女の子連れて帰る?」

 

K「・・・いや、一杯飲んで帰る」

 

テーメー嬢「そうなんだ・・・私とこの後外でご飯食べる?」

 

K「・・・いえ、明日仕事なので帰ります・・・」

 

テーメー嬢「じゃあ、あなたの家で一緒に飲もう」

 

K「・・・・(′・ω・)いやだからね・・」

 

テーメー嬢「それとも上のホテル行く?」

 

会話成立してなくてワロタ(笑

 

なんていうかこのやり取りの繰り返しですよ。

 

だけどもまぁ、邪険に扱うのもあれかなーと思ったんで
とりあえず周知この後飲みに行かない、食べに行かない、一緒に帰れない
という私の主張は一貫してやりとりしてました(笑

 

K「ほら、一緒に帰りたいならまだ残っている男の人たちいるからそっちに行ったら?」

 

テーメー嬢「(′ω′)アナタトワタシトモダチ」

 

 

・・・なんだろうね。久々に未知との遭遇だなと感じました(笑

 

で、なんていうかね。
単純にこうも向こうからしきりにアプローチがくるのはぶっちゃけ『怖い』

 

なんだろう、なんかこの嬢あるなぁと勘ぐってしまっていますよね。

 

まぁ、私の思い過ごしだと思うのですが、
例えば、『一緒に連れ変えった場合、
上のホテルで一緒に行った場合、変な男が出てくる』とか、
『なんらかの病気を持っている』とか、
『手癖が悪い』とか、

 

あーあとは『行きつけの店に連れて行ってぼったくる』とか?

 

単純に閉店時間が近いから最終的なアプローチだったとかいうレベルの営業にしては
ちょっと強引すぎるかなと感じました。

 

だって、本当にご飯この後食べに行かない一緒に外で飲まないって再三行ってるのに
外に連れて行こうとするんですもん(笑

 

何かあると思うでしょ。

 

思い過ごしなら良いんですが、しかし、
テーメーカフェ遊びは基本的に自己責任での遊びになると思うので、

 

その辺へんな誘いがあると感じたらなるべく放置することが大事なのかなと思いました。
まぁ・・・髪型だけは唯一タイプな嬢でしたけどね。

 

いやでも、このパターンはタイプな嬢でも行かないと思うな。

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

Leave A Reply

CAPTCHA