スティサンレインボーからオキニとのラップラオのクラブ深夜デートへ?

 

スティサンのレインボーに顔出してきました。
2時クローズ以降あんまり顔を出せてなかったわけですが、
突然ある日現在シーナカリンのクラブで働いているオキニ2から深夜連絡がありました。

 

オキニ2「K!今何しているの?」

 

K「ちょうど仕事が終わった所」

 

オキニ2「遊びに行こう!」

 

K「いいけど、どこに?」

 

オキニ2「レインボー」

 

K「・・・ん?仕事?」

 

オキニ2「違う違う遊びに行くだけ」

 

K「まぁ、いいけど」

 

というわけで、流れをみれば健全そうなお誘いに見えるかもしれませんが、
そもそも0:00に遊びに行こうよって電話はどうなん(笑

 

まぁ、でもこの辺りが夜働くお姉ちゃん達の生態なのかもしれませんねぇ(′・ω・)

 

そして、レインボーへと到着。
着いた旨をオキニ2に電話で伝えようとコールしてみると・・・・繋がらないし(笑

 

とりあえずいつもの事なので、そのまま一人で入店しておく事にしました。

 

ひさびさのレインボー内。
お客の入りは4割程度でしょうかねぇ。まぁぼちぼちと言った状況でしたが、
女の子の数は上々といった所でしょうかね。

 

というかひじょーに懐かしい顔ぶれがいたというか。

 

元レインボーのサービス⇨T-DED99の接客嬢⇨T-DED99のダンサー⇨プーケットのゴーゴー嬢の経験を経て
まさかのレインボーのコヨーテ嬢にカムバック。

 

爆笑でした。(笑

 

つーかなんでしれっと踊ってるんだよと(笑

 

なんか三日前にバンコクに戻ってきたらしく働きはじめたという事ですが、
色々な意味で衝撃的でした。

 

今まで色々な子達を見てきましたけども、
此処まで変化を遂げた嬢は居なかったのでいやほんとに面白いですよね。

 

いやほんと、デックサービスにも優しくしてれば意外といい事もあるもんですね(笑

 

と、元レインボーのコヨーテダンスに爆笑しつつも、
後ろから久しぶり〜と抱擁のサプライズ(*′-′)

 

シンガポールへと旅立っていたDJの妹が(笑

 

若干ふっくらしてたようですが、元が非常に線の細い子だったんでちょうどよい塩梅かと思います。

 

本人も若干太った事を気にしていたようですが、まぁ私の太り具合に比べたら可愛いもんですよ、うん。

 

他にもチョークチャイ4の水着キャバクラに移った嬢も再びレインボーへとカムバックとか
あとはまぁー例のごとくいつもの面々。

 

みんなおかわりなさそうで何よりです。

 

と、そんなこんなでひさびさの久しぶりの攻撃にタジタジしていいるものの、
一波が去った所で、オキニ2がセクシーな私服で登場。

 

うん。胸元がエロかったです。

 

まあ、それはさほどの問題ではないのですが、
オキニ2がきた事でさらに別の女の子の波がオキニ2の周りに(笑

 

オキニ2を知っている嬢達もかなり久々らしくやんややんややってました。

 

そんな女の子の波も引けた所で、チーママ軍団そして、大ママがご登場
彼女らも久々にオキニ2の再開らしくなんか色々と話していましたが、

 

てっきりレインボーにカムバックでも考えてんのかな?とか思いましたが・・・・

 

この後自体が急変するのでした。

 

少し彼女がトイレへと席を立ち席に戻ってきたら・・・・

 

オキニ2「K私帰る。」

 

K「ん??あれ?もう帰るの?(゜-゜;)ま、まぁいいけど」

 

なんてやり取りをしているといつも入り口でセキュリティーの仕事をしてるおっちゃんが
怒った表情でうちらの席へ、そして、オキニ2に『出てけ』みたいな事言ってました。

 

はい?・・・・・・わけわかめ(;′-′)ナニナニドウイウコト??

 

というわけで、セキュリティーと一緒に外へと向かうオキニ2。

 

後にはよく事情がわからない私だけが取り残されたわけですが(笑

 

つーかだれかこの状況を説明してくれ!と思いましたが、
まぁ色々と事情がある事を深追いして突っ込むもあれなんで、何事もなかったように飲み続けました。

 

と、しばらくした所で再びセキュリティーのおっちゃんがご登場。

 

セキリティーのおっちゃん「K、ちょっと来い」

 

というわけで、着いていく私、すると入り口付近のドア手前の椅子の所で
まだ退店してなかったオキニ2を発見。

 

オキニ2「他のお店に行こう」

 

K「まあ、いいけど、じゃあーチェックしてくる」

 

って事で席へと戻る間。
またまたセキリティのおっちゃんがオキニ2に話したみたいで、『中に居るな外で待ってろ』的な感じで
お店を出て行くオキニ2。

 

あーうん・・・もしかして出禁にでもなってんのか?ってくらい割と冷たい対応でした。

 

・・・・その割には入ってくるときは特になにもなかったのかYOと突っ込みたいが
もしくは時間制限付きで入店させてもらったとか?まぁ、その辺りはよくわかりませんが(;′-′)

 

で、お店も2時でクローズとなりこちらもチェックビンを終えて退店。

 

お店の入り口を出る時に私に気づいたセキリティーのおっちゃんが『オキニ2ならあそこにいるぜ』的な感じで
指をクイッとする仕草がなんか少しかっこよかったでした(笑

 

というわけで、退店した後は
不機嫌なオキニ2をなだめつつ、ラップラオ方面へと向かいます。

 

場所的にはラムカムヘンの方かなと。

 

 

お迎えのクラブはご盛況のようでしたが、私とオキニ2が行くお店は
お客さんが皆無でした(笑

 

つーか、2時すぎなんだがねぇ・・・・・(;′-′)

 

開いているように見えて実はまだ準備中なのかどうなのかしらないですが、

 

 

こんな感じの店。

 

K「ここお客さん0じゃん?」

 

オキニ2「向かいのクラブが3時くらいに終わってから人が流れてくるよ」

 

K「・・・・(;′-′)深夜営業かYO」

 

まぁクラブのある意味正しい姿かと思います。
どうやらクラブ兼生バンドのお店らしく、

 

 

店内はこんな感じ。

 

結局4時くらい迄いましたが、お客さんは私とオキニ2とオキニ2が呼んだレインボーの友達2人と
私の知らない女の子2人くらい?

 

4時になった時点でちらほらと人が入ってくる感じになりましたが、この調子だと
朝までノンストップなんでしょうねぇ。

 

ちなみに、表の入り口は鍵がかかっておりクローズ、完全に裏口入店です(笑

 

お会計はミキサーとボトル入れて1600THBくらいでした。
別段自分が全額奢る的な感じではなくて、オキニ2の友達が友達達からお金を徴収。
最後に残りだしてみたいな感じでしたが、まぁ1000THBは出しておきました。

 

それを見てかどうかは定かではないんですが、
突然オキニ2の友達から、『あなたもしかして日本人ですか?』と結構うまい日本語で話しかけられまして

 

オキニ2の友達に日本語を喋れる子が居るのがなんか意外(笑

 

と、ちょっと会話をしてみたかったんですが、なぜかオキニ2に遮られました・・・・(;′-′)
会話ぐらいさせてもらってもいいじゃない・・・・まぁいいけど。

 

後一つ気づいたことっていうか。

 

多分バンドやってるメンバーの誰かがオキニ2の彼氏なのかなぁと(笑

 

うまく説明はできないんですが、
なんとなく場の空気というかノリでわかる事ってありませんかね?

 

あくまで予測なんですけど、80%の確率で当たってる気がします。

 

まぁ、それはそれで、割と最近は達観している所もあるというか、
やっぱりタイ人はタイ人同士がいいんだろうなぁって思う事が多々あるんで

 

こちらとしてはいいネタが出来てよかったかなぁというくらいで、
ラップラオのお店を後にしましたとさ。

 

デートっぽそうに見えてデートではないですね(笑

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket