ソイカウボーイのゴーゴー嬢とオフで食事に・・・良い感じになる方法

3

__ 3

というわけで先日ソイカウボーイのゴーゴー嬢と
アソークの近場で食事に誘い行って来ました。

ソイカウボーイのゴーゴー嬢と外で会うのは
私の経験上初めてだったのでちょっとドキドキではありました。

まぁでも今回のゴーゴー嬢は性格の良いいい子だったので
終始非常に楽しかったです。

これが
コヨーテ嬢だったとしたら・・・そもそも約束守らないとか
時間通りに来ないとか普通にありそうですね(笑

その点今回会った嬢はしっかりしていて、
むしろ私より先に待ち合わせ場所についておりました(´・ω・)

というわけで今回誘った流れの経緯をお伝えしたいと思います。

基本的に彼女の連絡先は
LINEのみでした。

携帯の番号は知りません。

前回の記事ソイカウボーイのローハイドは意外と面白い参照

お店に行った時にラインのIDを教えてといわれたので
IDを見せた後、
彼女の仕事が終わり家に帰ったところで彼女から
ラインの追加がありました。

そしてLINEの彼女のプロフィール写真がですね。
男とツーショットの写真だったわけですが、

敢えて全力でスルーします(笑

気にせずラインを開始。
さすが、ソイカウボーイで働いているだけあってか
女の子も気を使って、英語でLINEをしてくれますので
意思の疎通は問題ありませんでした。

でも所々にタイ語で返したり、と
小技は少し使っております。

話の流れで明日仕事が休みだと言う事で
ノリでちょっと食事に誘ってみました。

すると、意外にもあっさりOK(笑

なるべく彼女達の
住んでる近くの場所で食べれるようにした方がいいかなと思ったので
(結構オフの日に遠出するのを嫌がったりする傾向にあります)

ですので事前に女の子にどこに住んでいるかを聞いた上で
近場を選択してあげれるのがベストかと思います。
それにまだあまり出会って付き合いが浅い場合
女の子も自身も近い方が安心できるでしょう。

まぁ適度な距離(BTS2~3駅で乗り換えなし)くらいの場所が
丁度いいんではないでしょうか。

というわけで、アソークのBTSで待ち合わせをしました。

さて、今回色々と実践してみました。

1.道を歩く時等は華麗にエスコート。
2.タクシー拾う際は自分から拾ってあげる
3.注文は自ら頼む
4.食事の際は、取り皿に取分けてあげる。
5.ガツガツしないで紳士的な対応を
6.ナーラック復唱
7.会話は基本タイ語のみで(2割英語と日本語)

以前記事にしたタイ人女性にモテル為の9つの事に書いた事を意識して
実践してみます。

当日彼女との待ち合わせですが、

待ち合わせ場所には彼女は既に着いていて
若干LINEスタンプではご立腹です。

そんな中謝りながらも合流します。
うーんちゃんといた(笑

挨拶がてらの軽いスキンシップは
距離をちじめる為に必要な要素かと思います。

今日は私服なので、非常にナーラックだなぁ(*´Д´)
という甘い台詞の元恥かしがるゴーゴー嬢が後ろ向いた隙に
エロくないように軽く腰に手を当てそんままエスコートして歩きます。

どこに行きたい?と軽くリサーチするも
ターミナル21は嫌だと言う事で

アソークとは言えば個人的に女の子と行くお勧めのお店
それは以前も紹介した事がありますが、

ソイ16のロングテーブルが割かしお勧めだと思います。
ただし、複数人数連れていくのではなく、
2人で行った方が色々と盛り上がると思います。

__ 2

タイ料理と洋食な感じで、

っていうかこの辺ぶっちゃけここしか知らないっていうね(笑

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コラムバンコクホテルの25階にあるこのお店は
好みでは店内、店外と選べ
店外を選択した場合は25階からのバンコク市内の景色を一望でき、

非常にムードあるお店となっております。
値段もそこそこですけどもね。

__ 1

ちょっと女の子によっては恐縮しちゃう場所でもありますが
嬢受けは凄くいい場所だと思います。

ちなみにこの嬢
日本語をそこそなせるゴーゴー嬢ではありますが、

日本人がこういう場所に連れて行くというのは非常に珍しいらしく、
大抵食事に行く場所が日本人の場合は、ほぼ日本食で固まっている場所ばっかりなので
まさかこういった場所に連れてかれるとは予想してなかったそうです。

そういう日本人っぽくない点を
見せるのもある種逆にポイントが高いかもしれません。

これは相手が日本人に慣れている場合に有効だと思います。

注文の際は彼女に頼らないで、自分主導で注文して行きます。
もちろんこの際は全てタイ語でやりとりを行っています。

注文の品が来た際はお皿に取り分けてあげる。

実は・・・
本来の夜の女の子はめんどくさがりな子が多いので(笑

この日、結局1時間くらい居たでしょうか。
終始和やかムードで食事をしつつ、

お店では聞かなかった仕事以外のことを
彼女と話していきます。

実際本当にご飯だけだと思ってたので、
たわいも無い日常会話ですが、

逆に女の子自身も
一般の女の子を同じ扱いを受けてると感じるらしく

会話もそれなりにタイ語で通じているので
楽しんでるご様子でなによりです。

ときたま間違っている発音とか直してくれるし
色々と楽しかったです(笑

1時間後、お店を無事に出て
タクシーを拾って彼女を家に帰します。

とりあえず来てもらったのでタクシー代は出してあげようかなという事で
渡してそのままバイバイ

まぁこういう一般のデートもたまには悪くないなぁと思いました。

終始徹底して、紳士っぽく対応していたので、
多分女の子に与えた印象も悪くないかと思います。

そして、その後・・・・スティサン・レインボーがオープンしているという情報の元
9時過ぎからスティサンへ向うのでした(笑

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

3件のコメント

  1. ねこちゃん on

    k.kさんへ
    今回の女性とのデート良かったですね。ロングテーブルは高層からの景色がとても綺麗なのでポイントがあがりましたね。これから暑くなるので身体に気をつけてください。7月に行くので楽しみしております。

    • 実際この場所で女の子と行って外した事はないです。
      っていうくらい個人的には鉄板な場所です。

      前の元カノもなんだかんだでココに連れて行って好評でした(笑

      今ものすごーく暑いですよ・・いやほんと^^;
      来タイされる際には暑さ対策をしてきたほうが良いかも知れませんね。

  2. Pingback: 夜間禁止令下にお店を再開したコヨーテクラブのスティサン・レインボーへ | バンコク・就職・夜遊び日記

Leave A Reply

CAPTCHA