ソイカウボーイのスージーウォンはいわゆる二軍感が出てるような・・・

medium_4164583657

久しぶりにソイカウボーイの話題でも、
GWの時期にバカラが火事騒動の件でちょっと写真を撮るついでに
ついでにどこか普段行ってないお店ということで覗いてみました。

確か・・・半年前くらいに一回訪れたでしょうか
スージーウォン(Suzie Wong)、このお店外から中に入るには
ちょっと分厚い扉を潜らないといけません。

なぜならば、そう、このお店も全裸スタイルという
クレイジーハウス顔負けのお店だったりします。

というわけで、そいった全裸好きの人には
ソイカウボーイはクレイジーハウスかスージーウォンか?の
二択になる感じでしょうか。

さて、そのスージーウォンなのですが、
個人的感想としまして、
クレイジーハウスがプロ野球リーグであるならば
スージーウォンはマスターリーグと行った感じの印象があります。

つまりは、年齢層が若干クレイジーハウスに
比べて上がっている感があります。

多分概算として、25オーバーから30前後が多いのではないでしょうか。
数もピーク時にはかなりの数の全裸ダンサーが踊っているという事で
圧巻といえば圧巻ですね。

意外にもお客さんがこのGW中にファラン中心で結構席が埋まっていたということは
ある意味根強い人気を誇っているお店でもあるのかなと思います。

あとはこのお店、ただの全裸ゴーゴーバーと思いきや、
しっかりとショーを取り入れている所から
なんだかんだでゆったりだらだら楽しめる雰囲気を
作っているお店でもある気がします。

ショー自体はまぁナナプラザのエンジェルウィッチよりはおとりはしますが、
所々登場してくるダンサー達にセックスアピールポイントがある嬢達が
登場してくるので、そういった部分的なフェチを楽しむのも
一興なのかなと感じます。

ソイカウボーイ名物のドリンクくれくれコヨーテとか居ないので
自分のペースでまったり飲める良さが
このスージーウォンにはある
気がします。

愛想の振りまき具合は基本的に
席のポジションがかなり重要になるかと思いますので

なるべく腰を据えてじっくりと行きたい方は
中央位置で取れるようにしましょう。

マスターリーグとは表現しましたが、
若干年齢層が高い中にも本当にたまーに
ん?なんでこんな若い子がいるんだ?みたいな子も
発見する事ができますので、

通っている中でもしかしてヒットするゴーゴー嬢が
見つけられるかもしれませんね。

とにかくこのお店は特定の女の子を隣につけられるかどうかで
楽しさが変わってくるかなと思います。

一人でちびちび飲んでいても多分それ程面白くはないと思うので、
是が非でも気に入る嬢を見つけて隣に座らせ

セクハラしたいものですね(*´Д´)

・・・あれ?違う?(笑

それはそうと、ついに夜遊びLIVE BANGKOKの第三回目がついに完成しました。
本日の夜公開予定ですので

もし暇な方はぜひ聞いてみてください。
今回は現地リポートと言う事でソイカウボーイからお送りしております(笑

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: Martin Perry via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K
タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専
[`livedoor` not found]
Pocket