ソイカウボーイ何気なしに久々にショーがウリのゴーゴーバー・ローハイドへ

久々にふらふらっとソイカウボーイへ。
思えばバンコクの地に足を踏み入れた頃はそれなりに行っていた様な気もしますが、
今となってさほど足を運ぶこともない場所のひとつなりました。

 

まぁ、元々ナナプラザやパッポン界隈のゴーゴースポットに比べて
私の場合はソイカウボーイの雰囲気がなんかソリが合わない感じもあるので、
以前から好んで足を運んでるというわけでもない場所ではあります(笑

 

今回も特に目当てのお店があるわけでもなく、
ソイカウボーイアソーク方面入り口付近で売っているピザを1枚購入し(80THB)
適度にほう張りつつ、何気なく足を運んだお店はローハイドでした。

 

そういえば、初めてローハイドに足を踏み入れてた時はショーの面白さと
意外にも全裸な嬢も在籍していたということで、なかなか面白いと思ってはいましたが、

 

軍事政権の今、ダンサーの嬢達はコヨーテスタイルの衣装を身にまとっており、
そこはかとなく健全さが漂ってい流雰囲気すら伺えます。

 

以前は半々の割合で衣装つき裸体と分かれていましたが、
全部着衣ということで統一した?せいか、心なしか嬢達の数が増えた様にも思えます。

 

しかし、ゴールデンタイムという時間帯ではあるものの、足を運んでいる客層は
ファラン客数人程度といった感じ。

 

まぁ、日的な問題もあるのでこれが一般的な客入りかどうか言われたらそうではないとは思いますが、
ソイカウボーイなのに哀愁を漂わせているお店だなと言わざるえませんね。

 

以前は面白いと感じたローハイド独特のショーですが、前からあったかどうかは記憶にないのですが、
今回訪れた時は裸体の嬢2名がステージに上がり男性絵師が彼女らの裸体に蛍光ペンキでARTを描いていく
というもの。

 

これがものすごく時間が掛かる上に全くもって面白くないっていうね(;′-′)

 

ほんとうに面白くないんですよ。

 

淡々とそれほどうまくもない絵を描いてる所みてるだけなんで。

 

正直ショーくらい全部見てから帰ろうかなとせっかく久々のソイカウボーイだったし!
女の子も付けたいし!なんて内心少しは思っていたんですが、

 

なんかこのショーを見ていて冷静に『あ、自分今こんな所で何してんだろう・・・』

 

とか賢者モードに突入しちゃうくらい
面白くないショーだったものでして(笑

 

思わず、絵が書き上がってない途中ではありましたが
チェックビンしてしまいました。

 

まぁ、これが一つの試練でこのつまらないショーを超えた先に
最高の桃源郷が待っていたかもしれませんが

 

如何に裸体と言えど絵を描いているシーンを淡々と眺めているだけというのは
なんとも味気ないものだなと。

 

もし、この絵が書き上がった以降のショーの内容を知ってる方いたら是非ともご教授ください。
今でも前やっていたみたいにはいブーツのかっこいいショーやってるのかなぁ(′-′)

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket