ソイカウボーイ新・旧バカラ嬢と行く!ラマ4のカラオケ店へ

写真 5-5

二週間ぶりにバンコクへ戻って来た読者のリピーターさんとそして、
前回食事を一緒に食事をしたバカラの嬢達と再びこいもで会う事になりました。

お店に着いた頃には既にリピーターさんと、元バカラ嬢は到着しておりましたが、
現役のバカラ嬢はまだ来ておらず、3人で先にオーダーする事となりました。

 

ちなみにこの日、リピーターさんはウアン君も誘っているらしく
仕事を終えた後に郊外からタクシーで来てこちらへ合流するとの事、

ウアン君はリピーターさんには何回か会っていますが、
彼女達に会うのは初です。

この日、少しリピーターさんより衝撃的な話を聞く事となりました。
なんでも今辞めていたと思っていた元バカラ嬢ですが、
家賃の支払い前の何日かはバカラへ出勤しているようで、

先日たまたまリピーターさんがソイカウボーイのバカラへ足を運んでいた時に
踊っていてびっくりしたそうです・・・

まぁ話を聞くとその一般の会社の給料もかなり安いですから・・・
なかなか普通に生活をしようとなると、

 

夜働かないと行けない事情があるのかもしれません。

 

そんなちょっと暗いお話になりましたが・・・
元バカラ嬢の彼女の天真爛漫さは相も変わらず

 

今日もお酒を飲んで豹変して欲しいなと思います(笑

 

リピーターさん曰く、彼女は太ったとの事ですが、
私個人的な見解を言わせてもらえばそんな事はなく
ちょうどいいような気がしますが・・・・昔の彼女を知っているだけに
分かっている人は気にするのでしょうね。

と、ここで現バカラ嬢もお店へ到着します。
あとはウアン君だけですね。

ちなみにこの日も現バカラ嬢からの差し入れがあり、
本当にこの現バカラ嬢の気の使い方には脱帽です。

そんなこんな場も盛り上がっている所でウアン君も登場
今回の飲み会のメンバーも全員揃ったという事で

再び仕切り直して飲み会を再開します。

ちなみに元バカラ嬢は日本酒が大好きだそうで、
熱燗をオーダーしておりました(笑

 

熱燗を飲むタイ人のバカラ嬢
なんだか想像しただけで面白いですよね。

 

そして、意外とその飲みっぷりも良い感じ
美味しそうにお酒を飲む嬢を見ているだけでも楽しいです。

・・・・・・

・・・

 

さて、この後どうしましょうかという話になり、
前話していた一般のタイのカラオケボックスへ行こうという話になりました。

会社の忘年会とか以来でしょうか。
普段は足を運んだりしないので非常に楽しみではあります。

というわけで、早速チェックビンしてみんなで移動開始です。
5人という事でタクシー二台で行こうと思っていたのですが、
バカラ嬢達が一台行く!という強引の提案の元
タクシーにぎゅうぎゅう詰めにされながらもラマ4にあるという
カラオケボックスを目指します。

写真 5-1

 

R&Bカラオケ
場所はラマ4通り、こいもがあるスクンビット22からは程よく近いですね。

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

ここが一般的なカラオケボックスです。
タイのカラオケボックスは日本同様に店内でドリンクや
お酒食べ物も食べられたりと出来るシステム
であり、
料理の種類やお酒の種類も豊富にあります。
基本的に時間制みたいですね。

 

というわけで早速タイカラオケを開始!
機械への入力方法ですが、日本みたいに入力のリモコンがあり
そこから文字入力をしてお目当ての曲を探して行きます。

 

・・・・タイ語で(笑

 

私は読めないんですが、どうやらリピーターさんは読めるらしく
入力に少し手伝ってもらいました(笑

ちなみに、バカラ嬢達は機械の操作が苦手だという事です。
あんましカラオケボックスはみんな行かないんでしょうか。

 

 

写真 4-2

この日入った部屋はちょいと広めの部屋でした。
なんでも狭い部屋はみんな埋まっているという事で
ここしか空いてませんでした。

 

多分最大で7〜8人は入れそうな部屋でしたね。
中々おしゃれな感じが漂っています。

 

というわけで、トップバッターはまず私が行かせて頂きました。

 

最近色々とレパートレリーがローテーションして来ている感があるので
そろそろ新しい曲を覚えようと考え中です。

今覚えようとしているのは4〜5曲くらいあるのですが、
その中の二曲

 

クライ・ケー・ナイで昨年話題を搔っ攫ったらGETUNOVAのこの曲。
初聞きはスティサン・レインボーで流れた時に教えてもらいました。
なんだかレトロ感と合わせてPVも面白いので大好きです。
もちろん嬢受けも良い曲だと思います。

あとはBedroom Audioの甘く切ないこの曲

どっちの曲にも言える事なんですが、
私は基本的に後半盛り上がって来る曲が大好きです(笑

というか、好きになる基準は歌っていて
気持ちいいかどうか、が私の基本的な基準だったりします。

その中でもこのBedroomAudioは程よくバラードでも好きだったりします。
というわけで、BODYSLAM以外にも今後歌えるように色々と勉強したいと思います。

ちなみに、タイ人の彼女達は日本人である私が
タイの歌を本当に歌えるのかどうか、かなり半信半疑のご様子でしたが。

 

歌ってみるとあらびっくり、

 

やっぱりタイの歌を歌えるというだけで
インパクトは抜群ですね(笑

 

そして、続けてリピーターさんもタイ語の歌をセレクト
リピーターさんは、ダ・エンドルフィンが好きで
よく女の子達とデュエットしております。

 

終止、カラオケボックスは大盛り上がりを見せます。
こうやってタイ文化でタイ人と交流出来るのはやはり嬢達のテンションも
また、いつもと違った感じになる事でしょう。

 

そして、ラストソングにリピーターさんが入れた曲
バラードだったんですが、
その曲を元バカラ嬢とリピーターさん二人でデュエット・・・・

 

すると、突然泣きだしながら
歌う元バカラ嬢(;°Д°)

 

写真 2-1

・・・現バカラ嬢とリピーターさんに励まされながら、
一曲丸々泣きながら歌っており、終止リピーターさんにくっ付いておりましたが。

リピーターさんに彼女はどうしたんですか?と聞くと、

 

彼女が歌った曲と今の心境がかぶってしまい、
彼女は感極まって泣いてしまったんですとの事

 

私の経験上こういう状況で感情を表し、
泣き虫な嬢は情が厚く性格のいい子だというのが今迄のパターンですので
今後ともリピーターさんと、元バカラ嬢の関係を見守って行きたいなと思います。

今は、親子的な関係かもしれませんが(笑
でも、彼女の様子を見てたりするとまんざらでもない気がするんですけどね・・・・

いずれにせよ、今後の動向に密かに期待させて頂きたいと思います。

というわけでなんだかんだで3時間がっつりとカラオケを楽しみました。
ちなみにお店は深夜1時で閉店という事でお店を後にし外で別れるのでした。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket