ソイブッカオの、はずれのバービアで可愛すぎるバービア姉妹に出くわす

0

 

パタヤカン・ソイ3のバービアを後にした私は、北上から一転して一気に南下していきます。

 

と言っても徒歩で移動。
途中ドリンキングストリート辺りにでも寄ってみるかなとも思いましたが、
ぶっちゃけさらに北上するのがめんどくさいって事であえてスルーして
再びソイ6,7,8と回ります。

 

先ほど回った時よりは人は増えていたものの、今回もまたまたスルー。
でもソイ7辺りのバービア群にはちらほらと可愛い顔も増えてきて
7〜8時くらいの時間帯でどっしりとソイ7は攻めると割と掘り出し嬢が見つかるかも。
そんな雰囲気を感じさせる様な状況でした。

 

まぁ、でも大抵はファランに確保されている様な感じでしたけどね(笑

 

というわけで、ソイ7、8をスルー後はそのまましたーに移動していきまして、
ソイ10付近のブッカオへ続く道をとぼとぼと歩いていると

 

バービアで見かけるには明らかにレベルが高杉だろう嬢を2名程発見。

 

 

場所はこのお店。
名前はわからないけどこの右側の所にやけにバービア離れしているような容姿の
二人組のバービア上が並んで座っていた(笑

 

思わずついついつられてこのお店にはいちゃったけど。
このお店の特徴としては、ファランひいきの店というかファラン常連びいきの店なのかな。

 

さて、どうやってあの可愛い二人組のどちらかを呼ぼうかなと考えていた所。

 

お店のママらしき人物が、ソファー席に腰掛けている別々のファラン2人組に
表の右側に座っていた嬢達を紹介し出したんだけど。

 

ちょっと聞き耳立てて聞いていいると、
彼女達が今日で仕事2〜3日目の新人、さらに英語喋れない、タイ語のみ

 

という夜のお店働くの初めて系な子達らしく。
お店の誰かの紹介とかでおそらく働き始めたんだろうけど

 

そんな説明を英語でファランにしていると、それを聞いたファランはその子達を指名
で、結局私が席に付ける事は叶わないのでしたとさ(笑

 

まぁ、いいけど。

 

やっぱバービアは一見さん遊びというか、こう通ってママと仲良くなってなんぼかなぁ
改めて思ったのでした。

 

常連で性格が良いとママに思われたら率先してこういう新人嬢を回してくれそうですしね。
いずれにせよ、初回+ファラン優勢の店の場合は結構ハードルが高かったかなと思いました。

 

というわけで切り替えてLKメトロ付近をぶらぶら。

 

とりあえずゴーゴーバーでものぞいてみるかなぁって事で、
9月に訪れた時に選曲がよかったTHE OFFICEを覗いてみる。

 

・・・・いたって普通だったなぁ(;′ー′)

 

別段席に呼んでみたいなんて思う嬢もおらず。
適当に1杯サンミゲルライトを飲んでそのままTHE OFFICEを後にします。

 

で、次に行ったのがOASIS A GOGO

 

私の中の印象ではやる気の感じられないゴーゴーバー(笑

 

まぁ、でもそれなりに訪れた時間もゴールデンタイムだった事から、
そこそこの客の入りとステージには6〜7人が踊ってる感じ。

 

すげぇ場末感っぱなさが相変わらず漂ってると思います(笑

 

ですが、案の定特に呼びたいと思う嬢もおらず、

 

ただ、ビールは非常に安いなと思いました。
1本75THBとかそんなもんだった気がする

 

1本飲んでチェックビン。

 

 

小腹が空いてきたんで、近くのケバブ店でケバブ成分を補充。
70THBのチキンケバブを食べながら、悪化してくる風邪にもめげずに、
さてさて、次はどこへ行こうかなと思案・・・・・

 

うーん・・・ウォーキングストリートはなんかめんどいし、
風邪っぽいからできればこの辺で見つけられたら最高なんだけど

 

・・・・LKのゴーゴーか・・・うーんでも、まったりしたいから
バービア的な所がいいし、どっかないかなぁと

 

というわけで、ケバブを食べ終わった私は、その足で
普段歩かない場所を歩きます。

 

口で説明するのが難しいであれなんですが、
私が歩いていた場所はソイブッカオのソイのさらに右側の方面。

 

マッサージ系が多い地域なのかな?
そこをひたすら直進して行った場所の一角でこれまた可愛い系の二人組の嬢達が
声をかけてきます。

 

しかもちょっと日本人びいきっぽそうな二人組。

 

 

この店ねこの店(笑

 

しかし、今回は運がいいというか、
年末年始にも関わらず自分の琴線に触れてくる嬢に出会えたのか本当に幸運だったというか、
割と探せばパタヤのバービアでも良い子がまだまだ発掘できるんだなぁと
改めて感じたのでした。

 

相手側もどうやらこっちが日本人らしき人物だから声を掛けたみたいな感じらしく。
そういう日本人に対して抵抗感がない嬢っていうのは連れ出しても
大抵は外れないのかなと思います・・・多分(笑

 

 

彼女達曰く姉妹?の様で年は1才違いのお姉さん23の妹は22だった気がする
お姉さんはすらっ〜とした顔立ちとスタイルに対しては妹はちっちゃくて可愛い系かな。

 

まぁ、でも妹はタバコを吸う人種なので
性格は結構きつめのわがままタイプと勝手想像(笑

 

まだこのお店で働き初めて3ヶ月くらいとの事らしい。

 

まぁドリンク進呈はもちろんの事。
このお店の一番えらい感じの人はどうやらオカマな人な模様。

 

もちろんそのオカマにもドリンクを断るのは無粋なので1杯進呈する。

 

店の規模は小さくアットホームな感じのバービア。
ファランもこの辺に住んでいるのか、もしくは常連的な感じ。

 

ちなみにこのお店の左斜め前にはジェントルメンクラブのDENがあった。

 

しばらく姉妹と会話しつつも他のおばちゃん嬢達に絡まれつつも
軽くドリンク進呈も欠かさずに紳士に遊ぶ(笑

 

もちろん、この姉妹が可愛いからこういう遊びをするのであって、
特に席に嬢がいなかったらドリンクは断ってますがね(笑

 

と、ある程度ゲームで楽しんだり会話していると、どうやらお姉さんの方に
馴染みのファランがきた様だ。

 

なので、お姉さんはそのファランの方へとスライドしていく。

 

と言ってもカウンタータイプの席なんで、私の横にいるのはかわりないんだけど、
そのさらに奥にファランがいる感じ。

 

なんかそのファランにウィンクされたけど・・・かるく笑ってごまかしておくのでした。
別にあなたの馴染み嬢を取られたからって怒ってませんよ(笑

 

というわけで、妹とサシでの会話となるわけですが、

 

K「なんで、このお店で働いてるの?」

 

妹嬢「お姉さんの紹介で・・・でも、ゴーゴーバーに移るかも」

 

K「あーそうだよねぇその方がいいと思うよ、うん、ウォーキングストリート?」

 

妹嬢「LKのゴーゴーバーだと思うけど、お姉さんと一緒にみてから決める」

 

K「なるほど。」

 

うん、バービアで働くには正直彼女ら自身がオーバースペックだと思います。
つか勿体無い。

 

なんでこんな辺境のバービアで働いてるんだよと、突っ込まずにはいられませんねぇ。

 

正直久々に連れ出したいなぁとか思いました。割とマジで・・・

 

でも相変わらず自分のタイミングが悪いのか・・・体調が最悪な状態に移行してきまして。
鼻水は止まらないわ咳も出てくるわで、流石にこの状況で連れ出して遊びに行けんなぁ
思った自分はチェックビンしてスレる前の原石の様な嬢と別れるのでした(笑

 

うーん残念。

 

まぁ、今日を逃すと明日は31日の年末年始なわけですが、1日にはバンコク戻るんで
ある意味最初で最後のチャンスだったわけですが、
これもまた星の巡り合わせが悪いという事で(笑

 

というわけで、結構飲んだりしたかなぁと思ってたらお会計は700THBくらい。
やっぱりパタヤのバービアは安くていいですねぇ(′ー′)

 

帰り際にオカマのママから明日はパーティーがあるから遊びに来なよ!

 

なんて言われてホテルへと戻った私は近場の薬局で風邪薬を飲んで
そのままシャワーを浴びて独り寝。

 

そうだよ、そもそもホテルの掛け布団も微妙だし
連れ出さなくて正解だったと風邪で思考が回らない中就寝するのでした。

 

でもほんと、あのレベルの嬢とは体調が万全であるのならば、朝までがっつりと
飲み明かしたかったですね。うーん・・・残念無念。

 

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

Leave A Reply

CAPTCHA