タイで不動産投資・不動産販売のビジネス展開をする方の話

medium_366112176

先日機会があって
タイで不動産売買を扱っているCentury21の社長の細川さんから
一杯どう?という事でお誘いを受け、

プロンポンで食事に行ってまいりました。

タイ不動産販売のタイ大家のサイト
[adrotate banner=”59″]

最近色々とネット関係でお仕事を頂いている事から

ちょくちょく夕食へ誘っていただいております。

その際は、いつも貴重なたんぱく質を
ありがとうございます(*´Д´)

この日たまたま、セッティング関係で外出しており
プロンポン付近へ来ておりました。

なのでその仕事が片付いたら
合流しますという事で、仕事に精を出します。

・・・・・

・・

仕事終了後、

待ちあわせはスクンビット33/1のファランがよく集まる酒場
ソイの入口にはロビンフットというこちらもファラン達がよく集まる
BAR&レストランが存在しております。

今回はロビンフットではなくそのさらに奥の方にあるBARですね。
到着すると既に細川さんは一杯引っ掛けておりました。

取り急ぎ、同じようにハイネケンを注文!!

細川さん「K君は今日は何が食べたい?」

K「そうですねぇ・・・パスタなんてどうでしょうか?」

細川さん「この辺にどこかあるかなぁ・・」

K「スクンビット33にバジリコってお店がありますよね。あそこイタリアンっぽいです」

細川さん「あそこかぁ・・・」

K「良く行かれるんですか?」

細川さん「良く行きますね(笑」

細川さん「ちょっと33に前行ってよかったイタリアンがあるからそこでもいいかな?」

K「たんぱく質摂取できるならどこでもいいです(*´Д´)」

というわけで

スクンビットソイ33の『イタリアン酒場 ザ・ばーる』
に初めて訪れたわけですが、

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

結構この場所かなり奥ばった場所にあり、
なかなか初めてで行くには知らないといけない場所かもしれません。

店内は程よいスペースで1Fのカウンター席で食事をする事に、
それと店内のメニューは日本語で書かれているのに

なぜか店員さんはイタリア人っていう(笑

なんか組み合わせが面白いなぁと思いました。

そして念願のパスタをオーダー!
あとはなんだろう、良く分からない7点盛りを選んでといわれてチョイス
牛肉のカルパッチョが食べたかったのですが、ないと言う事でw

牛タンワイン煮込みを細川さんがチョイス
(;´Д´)なんですかそのおいしそうな食べ物は!

というわけでオーダー後
ワクテカして待っている間はお仕事の話を色々とお聞きします。

タイの不動産関係の事情というのは
日本と比べてまだ整備されてないというか、

もし日本で不動産を扱う業者になる場合は
宅地建物取引主任者という資格を持ってないと
日本では開業できませんが、

タイの場合はそういったものがないので
数多くのブローカーの方達が存在しております。

なので、賃貸に関しては、
売買に比べて個人でもやられている方が多い気がします。

売買はそんなに扱える方達は少ないかなと思います。
そういえば細川さんの所のセンチュリー21で扱っているデベロッパーは現在

10社~15社あるそうです。

もちろんきちんとした法人としての取引なので
全部のデベロッパーとはエージェント契約を締結済み。

と、いうより基本的にちゃんとしたエージェント契約を行わないと

よほどのコネクションが無い限り
しっかりした大手デベロッパーの物件は
取り扱えません。

タイで不動産投資という事を考えているなら
どの地域が良いのか?

やはりそれは
バンコク近郊・パタヤ-ジョムテイエンに掛けての地域が良いと思います。

ちなみに最近結構バンコク郊外だったり
地方の物件(シラチャー・アユタヤ)等も
低価格帯で売りに出てる物件が多数あるのですが、

不動産投資目的という事を考えた場合
おそらく回収できるリターンは日本の利回りより悪いと思います。

理由は簡単・・・そんな郊外な所に日本人や外国人はよほど慣れないと
住めないですし、そもそも郊外や地方の家賃価格というのは

現地の人達の価格帯になっているために

正直言って家賃はかなり安い金額を設定しないと
埋まらないという傾向にあります。

多分家賃で取れて10000~15000THB/月くらいじゃないですかね?
そりゃ5年後~10年後は家賃価格も上昇し埋まるかもしれませんけども・・

・・・そこまで待つんですか?投資なのに(;´Д´)

そして、致命的なことにインフラがまだきちんと整っていないんですよ。
特にインターネット系・電気系

停電、ネット不通なんて割かし頻繁にありますからね・・・
何でわかるかって?

私はバンコク郊外に住んでから分かるんですよ(笑
ほんとーーは移りたいですよ・・・中心街へ(´・ω・)

さらに、バンコクなら
駐在の方達が住む場所というのは会社側から指定されている状況もあり、
送迎の関係上アソークからトンローくらいまでの領域とか
色々と制限があるみたいです

ファミリーだったら、スクールバスが通る地域じゃないといけないですし、

奥さんが買い物に出れない所にまず、
賃貸を借りようと思わないわけです。

なので、バンコク郊外、地方で
コンドミニアムを購入という事を考えている方は

必然的に自分で住む事が前提になってきます。

それは不動産投資という事からは
離れてくるので、

タイの不動産投資としてコンドミニアムを買うのであれば、
やはりバンコク近郊の物件が良いのかなと思います。

o2

私はパタヤとかに欲しいなぁ(*´Д´)

sand_01

sand_05

っていうかバンコクにも・・・・お金ないけど(笑

ちなみにバンコクのプリセール物件を購入する場合。
契約をした段階で30%程度の支払いをし、

完成後70%を残り一括で支払いを行います。

基本的に外国人はローンを組めませんので

在住でこちらでキチンとビジネスビザとワークパミットを保有し
何年か働いている方は組めるかもしれませんが・・・
(ただし、かなり条件は厳しいです、収入○○万バーツ以上)
みたいな規定もありますので。

ですが、実はタイ・バンコクの日系企業で唯一その辺りの決済の所で
タイに住んでなくてもローンが可能になっちゃうのが

細川さんの所のAIGIS INTERNATONAL(Centrury21)です。

この辺ご興味ある方は直接問い合わせてみてください。

まぁそんなわけで、安さに飛びつく気持ちもわかりますが、
そこは様々な情報が正しいものを選択をし知識として
コンドミニアムを購入したい方は蓄えて欲しいと思います。

ちなみに、バンコク市内のコンドミニアム視察ツアーは
細川さんの所で現在無料で行っていっるらしいので

タイ・バンコクに住みたい方はこちらも合わせて
お問い合わせしてみてください。

タイ不動産販売のタイ大家のサイト
[adrotate banner=”59″]

さて、そうこうしているうちに注文のパスタやら牛タンやらご登場。

ちなみに細川さんがワインがお好きという事でオーダー
白ワイン・・・・(*´Д´)オイシイデスネ
ちよっと銘柄とか詳しくないので良く分かりませんけども
非常においしかったです。

そういえば、店員の方が
ワールドカップの話を細川さんに振っていました。

まぁあの、英語なんで、私ずっと聞いてただけなんですけども、

お客さんでカウンターに来てた人もその話題に参戦し、
3人で色々とワールドカップについて談義してました。

ワールドカップかぁ・・・・(´Д´)

中田?香川?

そんなレベルなんで私

K「細川さんワールドカップとかお好きなんですか?」

細川さん「いやー・・・それほど興味はないんだけどね・・」

細川さん「やってると見ちゃうんだよね(笑」

K「なーるほど!そんな感じですか」

K「日本どうですかねぇ?」

細川さん「こう、ボールを持っているのはいいのだけどやっぱり攻めないとね!」

なんだか熱く語って頂きました・・・
本当は凄い好きなんじゃ・・・・(;´Д´)

そんな感じでバンコクの夜は珍しく静かに更けていくのでした。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

[`livedoor` not found]
Pocket