タイにニューハーフが多いのは性転換(性適合)手術レベルが世界トップクラス


medium_171975370

正直この手のレディーボーイ事情やニューハーフの実態といった話はぶっちゃけ
興味ないと言えば興味ないんですけど、

 

色々とこの辺り絡みがあり知る機会があったのでせっかくなのでご紹介しておきたいと思います。

 

タイでは、レディーボーイやニューハーフが多いし社会的に
性別も男・女だけではなくその他の項目まであるといった
日本ではなかなか考えられない社会が形成されています。

 

他にもその他の人物達の社会的進出も進んでいる国であり、
職場にレディーボーイやオナベの子達がいるといった光景も
よく見られる国であります。

 

実際に私の職場にも以前、オナベの子そして、レディーボーイの子が居て
みんなと同じように仕事をこなしておりました。
もちろん、職場での格好だったりとかは、その人物の性別に記載されている衣装で
仕事する事が認められているようで、タイの国の緩やかさを感じられなとその時は思っていました。

 

ナナプラザやソイカウボーイといった夜遊びスポットで働く
レディーボーイも多い事ですし、ニューハーフショー的なものも、
パタヤのアルカザール、バンコクで言えば韓国料理街の中に存在しています、
どこに行っても彼女らの存在は目に付く事でしょう。

medium_8366882779

 

そういえば、一時期何年か前に日本のテレビ番組で
ムエタイ選手が化粧をしてリングに上がるといった事が
話題となって放映された事があると思います。

 

このムエタイで化粧してリングに上がるファイターの話はタイでも有名な話であり
映画化されていたります。ちなみに日本でも字幕付きでレンタルされていると思いますので
興味ある方は見てみると良いかもしれません。
このムエタイ選手の半生を描いた話というか、どうしてレディーボーイに目覚めたのかといった話や、
幼少期からムエタイスターになり、引退するまでを描いている話です。

 

 

さて、そんなレディーボーイやニューハーフが多いタイ国ですが、こういうお国柄の性質なのか、
タイでは性転換(性適合)手術が世界的に見てもかなり進んでいる国であり、
第一人者と呼ばれる人物もここタイ国のドクターだったりする背景があったりします。
日本の性転換(性適合)手術の学会等にもよく出てるみたいですね。

 

タイでは、性転換(性適合)手術以外にも整形外科技術も高い事から、
夜働くタイの女性からはしきりに『整形したい』なんて話も皆さん割と
聞いた事があるかと思います。

 

実は、このタイの性転換(性適合)手術、一部日本では知る人ぞ知る憧れの聖域らしいです。
というのは日本では性転換(性適合)手術はやってはいるものの根本的に実施している医院は少なく、さらには行うまで予約待ちの状況で2〜3年待ちはざらと言う事で
大変時間が掛かるそうです。

 

なので日本の性同一性障害で悩んでいる方はここ、タイにて
性転換を行う方が年々増えて来ているんだそうですよ。

 

もちろん、タイにいるレディーボーイの人達も
性転換(性適合)手術を行い、性別を変える事を最終的には
目標として働いてる子達も多いみたいです。

 

色々と段階的に手術は行っていくみたいですが、
男性が女性になりたい場合は、男性器を切り落とし、
電気メスで穴を工事していくといった手法を行い女性へと変身していくみたいで、
正直話を聞いているだけで痛い想像しか思い浮かびません。(笑

 

いずれにせよ、自分にはまったく持って無縁の世界ではありますが、
タイのニューハーフ達は本当の意味で身体を張ってるんだなぁ
思わずにはいられませんね。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: zaphodsotherhead via photopin cc

photo credit: drburtoni via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket