禁酒日のタニヤ

 

さてさて、2016年8月6日〜7日は投票日の為に禁酒日となっております。

 

私てっきり、首相が変わる為の選挙があるのかと思ってたんですが、
今の軍事政権に対してのYES,NO投票みたいな感じらしいのですね。

 

まぁでも・・・・NOとかを国民が突きつけても
強制的にYESに書き換えられるだろうみたいな感じでタイ国民的には冷めているみたいですが

 

意外と表向きはクリーンに見えてそうでその裏はドロドロしたものが絡んでるなと
個人的には感じます。

 

結局の所利権絡みもありつつの、今後のタイ王国の動向
・・・つまりXデーを現軍政権は意識しているのかなと思います。

 

 

私の個人的感想ですが、それはそれでカオスで面白い(笑
退屈な日常なんて飽き飽きしているので、何かの変わり目を体験できるのは
今後の私の人生に於いて必ず何かしらの糧となるでしょう。

 

ただ、今タイに移住を考えている人達には正直時期が悪いかなと思います。

 

理由は外国人に対してのビザの要件がかなり厳しいですからね。
以前は割りと観光ビザとかであっても比較的長く滞在できたみたいですが、

 

現状のビザ要件ですと、マックス滞在がある種制限されている所があるので
ものすごーくお金を持っている外国人以外は長期間滞在しなくていい!的な雰囲気はある気がします。

 

不正に結婚ビザを取得してた日本人も先日捕まっていますしね・・・・
こういう事例が今後多発してくると、さらに日本人に対してのビザ要件が厳しくなってくるので

 

煽りを食らってビジネスビザ絡みもキツくなってくるだろうし
ほんと困りものですがね・・・・(笑

 

おっと・・・今日は夜遊びでなくて世間話になってしまいました。

 

というわけで話を戻しまして、
投票の2日間は禁酒日なわけですが、ナナプラザやテーメーカフェは
クローズだったそうですね。

 

 

インタマラ関連は完璧にクローズ
というか、選挙前1週間くらいから深夜2時にクローズというお達しがでていたようで
かなり早めにどのお店も終わってました。

 

ソイカウボーイの動向はどうだったかは知りませんけども、
おそらくナナプラザと同じような状況だったのかなと思います。

 

私は仕事でシーロム方面にいたので超兄貴とタニヤの花まちで食事
花まちはアロイ系列の焼肉店で質はアロイ共々超絶うまいです(´ー´)

 

タニヤに遊びに行く際は一度食べてみてください。

 

タニヤの花まちの焼肉

 

というわけで、食事後タニヤとパッポン界隈をぶらぶらしていたんですが、
お酒は飲めないものの、タニヤは4割くらいのお店はやっていたかな?という印象でした。

 

外での客引きもタニヤ通りの真ん中くらいのお店(スーパークイーン)辺りではぼちぼち
人が出てましたし、風の噂でタニヤのアゲハは禁酒日で避難してきた禁酒難民で
満卓になってたとかなんとか(笑

 

禁酒日はある種経営者の方たちには頭を悩ませる悩みの種かもしれませんが、
そのあたり融通がきくお店であれば、最大の武器になるのだなぁと感じました。

 

禁酒日のタニヤ

 

というわけで、パッポン通りの方も少し覗いて見たくなったので見てみると、
バダビン・ピンクパンサー・キングスキャッスル1・2あたりのゴーゴーバーは開いてましたね。

 

ただし、バダビンに関してはお店でオーダー出来るのはソフトドリンクのみ
ピンクパンサーはビールはダメだけど、ウィスキーはオッケーという面白い感じに(笑
(ストロー付きのグラスサイズ)

 

キングスキャッスル1は見ただけですが・・・・どうせ政府系のコネクションのお店なんだろうし
偽装して飲めたかもしれませんね。

 

パッポン界隈のバービア(プールバー)もちらほらオープンしていた気配があります。

 

なんでしょうねぇ・・・・タニヤ・パッポン界隈ってなんか特殊な地域なんですかね?
少なくともスクンビット界隈のお店に比べたら割りかしゆるいのかなと思いました。

 

パッポンのピンクパンサー

 

ただし、お坊さん関連の禁酒日はクローズの所がほとんどみたいですけどね(笑

 

そんなこんなの禁酒日速報でした、
というわけで、禁酒日のご参考までに。

 

投稿者プロフィール

K.K
タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専