タイの夜の嬢と付き合うには時間を掛けすぎても駄目なのかもしれない

medium_4999071527

以前タイ夜の嬢達と付き合う為には
時間を掛けなければいけないという事を記事に書いたと思います。

タイ・夜の嬢と真剣に付き合う上で心得ておきたい3つ事

初回のフィーリングでうまく行くという事は稀であって、
一度の会合でうまくいくという人は相当なやり手な方かと思います。

実際『付き合う』という事視野に入れた場合は
やはり、それなりには時間は必要とするものの、

時間を掛けすぎてもいけないのかな?

という事も最近ちょっと思い始めてきました。

というのは、お互いの感じ方といいますか、
例えば自分が嬢への気持ちがそれほど上がっていなくても

相手の嬢からしたら、すでに気持ちが上がりきっていて
ガンガン押して来ているのに、なかなかその気持ちに気づいてない、

もしくは、

こういまいち自分の中で
まだそこまで嬢を攻め切れない気持ちがあるパターンだったりする場合は、

悠長に時間を掛けて・・・なんて思っているうちに
だんだんと嬢の中で、貴方を好きな気持ちが下がっていき

こちらが本気になって好きになってしまった時には

既に嬢の中では別の男にシフトしてしまっていた

という事もあるかと思います。

まぁこの辺、男と女のなかなか難しい所ではあるのですが・・・

タイミング的にはやはり・・・彼女のアパートに呼ばれた時のタイミング等が
嬢の中で貴方のバロメーターが上がっている時期ではないのでしょうか。
(初回から呼ばれた場合は少し様子を見て良いかも・・・)

この状況に持っていくのに
2週間~1ヶ月半くらいの間?

さすがに、変な男を自分のアパートへ招くというものあまりない気がしますので、

そのステップを踏んだ段階で、貴方の中で嬢を攻めてもいいかもしれないと思うならば、

全力でアタックしていい時期かもしれません。

彼女のアパートへ行く過程は
以前書いてますので詳しくはそちらをご参考に

タイ彼女のアパートへ行った事がありますか?

なんでそう思ったかというと、今仲良くしているタニヤ嬢達は
かれこれ半年以上の付き合いにはなるのですが、

もうここから発展する感じがない気がします(;´Д´)

・出戻り嬢

出会った当初(半年前)

2~3度お店に通ったのにちに
出戻り嬢から連絡があり、私の家に来た
その後、彼女の家に何度か足を運び家に泊まった事もあり、
電話、テレビ電話も度々あった。

半年後(最近)

電話はなし
せいぜいお店の前を通った時等にたまにあるくらい。

・我侭嬢(半年前)

出会った当初

初来店で持ち帰りなし、
その後何度かお店に通い2回程お持ち帰り
我侭嬢から電話があって部屋に来る
その後彼女の部屋に呼ばれて宴会
よく彼女の家に足を運ぶ

半年後(最近)

電話が在って彼女のアパートに度々行くが、
カスタマー的な関係…(´・ω・)

そんなわけで、時間掛けすぎてもいけないという例です。
というかタイミングを間違えている例ともいいましょうか・・・

こう思い返してみると
嬢の方から『来てた時期』が存在しているので
そのタイミングに合わせて全力で行ってたら

結果は変わっていたのかもしれません。

なんだかんだでどちらも中途半端にダラダラと
長引かせてしまった感があるので、
この先へ進展するにはするには
よほどの事がないと難しい気がします(´・ω・)

と、いう事を踏まえると
短期旅行者でも十分チャンスは存在するんじゃないかと
思われるわけです。

つまり、気になる嬢がすでにいて
一週間滞在するのであれば、

その一週間まるまるその嬢と過ごし

お互いの感情を高めあえば、うまく行く気がします。
(色々な背景はとりあえず置いておいて)

でも一週間まるまる
同じ嬢と過ごしたら最終日別れるのが辛そうだなぁ(´・ω・)
日本へ帰国した後が大変そうですね・・・

あとは、帰国後如何に嬢との気持ちを繋ぎとめられるか
ここの課題を乗り越えられればうまくいくんじゃないんでしょうかね。

どれが正解とかそういうのはないですが、
その時その時最善の手を尽くしていきたいものですね。

・・・そろそろ一人で寝るのも辛くなってきたぞっ!(ノД`)・゚・

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

photo credit: sobri via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket