タイへ移住したら一度は住んでみた方がいいプール・ジム付きの物件

16109304155_33418c4ef3_z

 

日本の生活に疲れている人でこれからタイへ移住したいと考えている人
タイで自由な生活を求めて、日本のストレス社会から離れたいと思っている人
のんびりとタイ・バンコクの地でまったりしつつ余生を送る人

 

 

色々な人がここタイに集まってきます。
それは日本人のみならず、観光業がかなり発達しているタイは
世界の色々な人種が集まる国であり、色々な交流も出来るという事も
これまた魅力の一つだったります。

 

さて、そんな大衆の心を魅了してやまいタイ・バンコクの生活ですが、
タイへ住んでいて是非ともお勧めしたいというか、日本ではなかなか味わえない生活の
一つとして、こちらで住居を探す場合は是非ともプール・ジム付き物件をオススメしたいです(笑

 

今の所、タイ・バンコクでは住居が4回変わっており、その中の三つの物件は
なかなか一般人の私は、日本では味わえない環境の物件だったわけですが、
タイ・バンコクでは日本よりは低価格で、ちょっとした便利なサービスを体験出来るので
少しお金に余裕がある方はそういった物件に住まれると良いのカナと思います。

 

具体的な内容ですが、
まず、一件目初めてタイに住んだ時に二年半程住んだ物件ですが、
こちらの形態はいわゆるサービスアパートメントと呼ばれるタイプであり、
基本的に家具付きの物件となっていました。

 

電子レンジ、テレビ、冷蔵庫、寝具・・等々
ホテル並とは行きませんが、トイレットペーパー、シャンプーといった物を
自分で購入すればすぐ様生活が始められる物件で、タイへ初めて来る方にもお勧めの物件形態だと思います。
まぁこれくらいの物件なら日本では割と普通にあるとは思いますが、

 

ここからさらに、週2回メイドさんが部屋・トイレ・シャワー室を掃除してくれるっていう
怠け者な私にはぴったりなスタイルで、大変楽でした(笑

 

さらに、バスタオル交換(一度に二枚)、布団のシーツの交換
こちらも合わせてしてくれるのである意味部屋に帰っても家事をしなくて良い事から
とにかく当時は仕事に集中出来たので大変楽ができましたね。

 

こういったホスタリティー溢れる住居のスタイルはまさに海外ならではだなと思います。
で、立地も利便性の高いプロンポンで家賃が1万500THB(メイドさんサービス込み)くらいと
個人的には大変納得の行く物件でしたね。

 

さて、二件目に住んだ物件はバンコク郊外の方ではありましたが、
庶民向けコンドミニアムタイプの物件で、22Fに住んでおりました。

 

まぁ・・・・ここの良い所は高い所と安さ、後は部屋の広さと角部屋といった所なだけで、
それ以外に良い要素はあまりなかったかな・・・・

 

一番印象に残っている郊外の高層階の駄目な所が一つあって
インターネットの電波と、携帯の電波を全然拾ってくれないのがものすごくストレスでした。

 

特にインターネット系の仕事をしている以上、とにかくネットが遅いにしても
繋がらないとか死活問題以外の何者でもありません(笑
そして、前回のサービスアパートメントの部屋が掃除やシーツ交換をしてくれていた事から
メイドさんが居ない生活に慣れるまでちょっと苦労しましたね(笑
さらに、寝具・エアコン以外の設備はなかったので家具等は自分で買いそろえる必要が出てきましたが
住んでる間家具は何も買わないで、当時はベットだけで生活してました(笑
というか、早く退去したいと思ってたので。

 

 

まぁでも、お家賃一ヶ月6000THBと高層階角部屋としては非常に安いと思います。
しかも新築物件でしたので・・・・ただ、まぁ・・この金額で郊外に住むなら
もうちょいプラスして多少低層階でも中心街住んだ方がいいかなというのが個人的感想です。

 

そして、そんなネット環境が駄目駄目な物件から3件目の物件はホイクワンとなったわけですが、
高層階と打って変わって1Fでした。

 

タイでは一階は泥棒に入られたりするから比較的に危ないと言われる事もあるんですけど、
別段トラブルもなく快適に過ごせてましたね。日当りも良くないので
部屋は熱くなさ過ぎずちょうど良い感じです。

 

インターネットも前回の物件に比べて快適・・・・もうそれだけで神物件でした(笑

 

立地もスティサンへタクシーで50THBと最高過ぎて昇天しそうです。
当たり障りのない物件と言えば物件ですが、バンコク中心街に近いMRT近く
この環境はかなり利便性は高かったですね。

 

ちなみにお家賃7900THB、電気代水道代ネット代合わせて
トータル11000THBくらいには収まるでしょうかね。
まぁ・・割りかしスタンダードだと思います。

 

さて、現在ですが、またまた色々あってバンコクのかなり郊外の方へと移り住みました。
利便性を考えるとかなり最悪と言って良い程めんどくさい所ですが(笑

 

ただ、今まで住んだタイプの物件の中では今までにない設備がある事から
個人的には気に入っています。

 

その設備はというと、今回の題材にもなっているプールとジム付き物件です(笑
いやー、タイバンコクへ来たら一度このプール・ジム付きの経験をしたくて
ようやく念願となる物件に移れる事ができました。

 

まぁ・・・・かなり郊外ですが

 

部屋は7Fそして、ジム・プールも7Fにある事から
家で仕事しててストレスが溜まってきたらクールダウンする為に
プールでぼーっと出来たり、座り仕事ですので、日々の運動不足解消には
ジムで発散する。まさにもってこいの物件となっています。

 

特に、熱い夜仕事もなかなかはかどらない時等に
プールで背泳ぎスタイルで浮きながらただただ夜空を眺めている。

 

IMG_2271

 

色々とどうでも良くなってくるくらいリラックス出来るし、
二月のこのシーズンに外でプールに入れている現実がまさに
ここ、タイならではだなと感じざるえません。

 

さて、色々と長く書いてきましたが、個人的にタイで一人で住む上でお勧め要素はなんなのか?
といった所ですが、安さに目が行きがちな所も分かりますけど、こういった
サービスアパートメントの家具付きの状況だったり、メイドさんがいたり、
そして、ジム・プールを満喫出来る。

 

ローカルな物件に比べれば割高かもしれませんが、
せっかくのタイ移住なのだからこういった少し特別な物件に住む
と言うのもタイ移住ならではの醍醐味なのかなと思います。

 

次住むならプール・ジム付きにメイドさんそしてサービスアパートメントタイプのコンドミニアムで
中心街からアクセスが近い高層階

 

そんな所ががいいです(笑 駄目ですか?

 

photo by Flickr

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket