タイへ移住して働く為に日系企業の面接を受けてみた(昔話)

medium_2821542187
さて、前回のタイの人材会社でのskype面談の後
日本の大災害もあってか、その後どうなるのかという不安はあったものの、

 

面接もばたばたしてましたが、行うという事で一安心。
ただ、一件予定していたSkypeでの面接が大震災の直後という事で採用を見合わせていたので
最終的な面接はなんだかんだで自分で見つけたのも含め3件程度でしたね。

 

その中の自分で掲示板で見つけた求人の面接でまずは東京へ足を運ぶ事となりました。

 

ここ会社の求人はまさに自分の職種とドンピシャだったので
色々と期待を膨らませて面接に望むのでした。

 

せっかくなので面接で聞かれた事も今後タイで移住したい、
または転職したい方の為に書いておきたいと思います。

 

・自分が今迄にして来た事の内容
なぜタイで就職したいのか?
・どのくらいタイへ滞在したいのか
・言語は日本語以外喋れるかどうか?
・基本的に日本とかに比べたら給料は安いけどいいの?
・将来的な展望は何か考えているの?

 

ちょっと4年も前の事なのでかなりアバウトですが、
大旨上記の事を聞かれましたね。まぁこんなもんだったと思います。

 

ちなみに将来的な展望は何を考えているのか?
の質問内容をこの時聞かれると想定してなかったので

 

この時迷わず『考えてません』と答えてました(笑

 

なので、これからタイでの面接がある方はある程度聞かれる事を想定して
予め考えておくと良いでしょう。

 

とりあえず、この面接で言われた事は

 

『バンコクって意外と治安悪いから』

 

という事と

 

『遊びでタイへ行きたいと思っている人間は採用しない』

 

なんて事を当時面接官の人が言ってましたね。

 

後は仕事に関する技術的な話を繰り広げた後、
30分くらいで面接は滞りなく終了。

 

一週間後、メールにて採用不採用は通知しますという事で
初めてのタイ日系企業面接を終えるのでした。

 

・・・・・・

・・・

 

面接から一週間後
予定通り返答が来た訳ですが、

 

結果は採用。

 

ただ、自分が考えていたより相手の条件の面が非常に悪かったです

 

給料提示がそもそも一般の日本人現地採用を下回る額な上に
まずは観光ビザで3ヶ月という感じ

 

まぁ今はなんとなく初回慣れるまでは観光ビザで、という気持ちは良く分かりますが、
さすがに金額面で、どう考えても安すぎて嫌だったので(笑

 

お断りメールを送る運びとなったのでした。

 

さて、そんな中本命の面接の段取りも決まりSkypeでの面接の日程が決まりました。
残りの二件とも紹介会社さんの計らいで同日にして頂き、

 

日本xタイ間でのインターネットを通しての面接となります。

 

skype面接一社目
ここの会社の業種も自分が今迄やってきた事の延長上の職種の会社です。

 

面接で聞かれた事も、前回東京の面接で聞かれた事と同じようなものでした。

 

ただ一点違った所は、

 

現地タイマネージャースタッフと
軽く喋る機会を設けられて

 

この時タイ語は全く喋れませんでしたが、
英語をレアジョブでやっていた事も在ってか

 

そこまでしっかりと英語を喋れた訳ではありませんが、
意思の疎通を気後れせずやり過ごす事が出来ました。

 

まぁ、やってて良かった英会話レッスンですね(笑

 

というわけで、現地からの面接という事であれば
状況によっては現地の方との会話が求められるかもしれませんので

 

当日アワアワしない為にも、やはり渡タイする迄に

 

予め何かしらの言語の勉強は
しといた方が良いかもしれませんね。

 

 

そういえば、skype英会話とは別に
DSでもちょっとやっていたりしてました当時

 

 

本で見る、CDで聞いてるだけではなく
DSのソフトは実際に単語等を書いて覚えられるので、
意外とオススメかもしれませんね。

 

ちなみに人材紹介会社経由の面接は
大体1次〜2・3次くらいまであるケースが多いそうです。

 

結構一次から二次面接へは突破してしまえば、それほど日を空かずに行われ、
なんだかんだで、こちら会社の面接も採用通知を貰う迄それほど時間は掛かりませんでした。

 

3月後半に人材会社の面談を受け
4月の中旬にはなんだかんだで採用は決まってしまい。

 

意外とすんなりとタイへの移住を決めてしまったのでした。

 

とりあえず仕事は確保できたという事で
この後は、さらに自分の身の回りを移住に向けて準備をして行くのでした。

 

次回、タイ本移住する前の準備編をお送りしたいと思います。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: Ian Fuller via photopin cc

[`livedoor` not found]
Pocket