タイ・バンコクで夜遊びする上でタイ人女性の嫌がる行為はなるべく慎みましょう

0

 

さて、そろそろ駐在任期を終えて帰国する方がいます。
残す所あと1ヶ月くらいだそうで、バンコクの夜遊びに関してもどうやらラストスパートなご様子。

 

『残りの期間平日でもガンガンいきますのでよろしくお願いします!』

 

だそうです(笑

 

なんだかだで3〜4年?駐在されていたのでしょうか。
日本に戻ってそこから通常モードに戻すには割とリハビリが大変そうな気がします(笑
まぁ、本人次第という事で、日本に戻られた後も楽しくやっていただきたいものですね。

 

というわけで、平日に呼ばれた私はせっかくなので、
例のごとくバンコク郊外へと向かうべく合流をするわけですが、
なんでも今パッポンのバダビンで飲んでいるという事で、少し顔を出すことにしました。

 

2時前ということで、お店は閉店モード。
最近ではバダビンも2時クローズだそうです。

 

とりあえず駆けつけ一杯オーダーし、飲み干した後はラップラオの怪しい裏口入店の
カラオケクラブへと例のごとく向かいいます。

 

この日、客入りは上々のようでして、
選べた嬢は五〜六人でしたかね。

 

その中で私がいつもつけている嬢はおらず、
まぁ、いいか!と思って指名した嬢がまさかのコヨーテ嬢(′・ω・′)

 

しまった・・・やっちまった感満載だったと思いきや意外にもコヨーテコヨーテしてない嬢でして
ノリに関しては非常に悪くなかったです。

 

K「君コヨーテだよね」

 

コヨーテ嬢「そそ」

 

K「どのくらいここで働いてるの?」

 

コヨーテ嬢「今日で五日目」

 

K「お名前なんてーの?」

 

コヨーテ嬢「ミ・シェル」

 

K「・・・・はっ?(;′・ω・′)」

 

コヨーテ嬢「ミ・シェル」

 

K「・・・イタリア人か何か?」

 

ミシェル「タイ人!」

 

今まで色々な嬢に名前を聞いてきたけどミ・シェルは斬新だわー

 

で、そんなグダグダしたやり取りをしつつ、ゲームで場を盛り上げつつ、
嬢から営業LINEの交換をお誘い受けまして、こちらも快諾。

 

LINEで友達登録を無事済ませると・・・・その欄には

 

K「・・・・君、名前、ミシェルじゃなくねー?(;′・ω・′)」

 

ミシェルもどき「あー名前二つあるの うふっ❤︎」

 

等と意味不明な供述をしており、だめだこいつ!早くなんとかしないと!
と、思ったのは冗談です(笑

 

コヨーテにしてはそこまでお高く止まってる感じもなくフランクな感じは
非常にいじりやすい嬢でした。

 

一方、一緒にお店に来店した友人はというと・・・・
壮絶嬢に迫っておりました(笑

 

※この話は本人がネタにしていいですよ!ということから許可をもらって書いてます

 

こういうお店に限ることじゃないのですが、
対面に座っていると結構男性女性含めどういう表情しているのってよくわかりますよね。
だって目の前だし。

 

別段その友人がおさわりをしているという感じではないのですが、
耳元でキスに持ってくような語りかけ方というか距離感と言えばいいのかな〜。

 

多分本人結構酔っ払っていて気づいてないと思うんだけど。

 

うん、っていうか軽くキスしてたよね(笑

 

まぁ、いいんだけど。

 

嬢もまぁ、そういう対応には慣れているのかどうかはわからないけど、
そういうような感じの接触が1度や2度ではなく多々あったために
その都度ひらりと躱し躱し接客をしていたみたいなのですが

 

多分、横から座っていると嬢がどういう表情をしてるか読めないから攻めちゃうんだけど
対面から見ている結構嬢がどういう表情をしているかぱっとわかっちゃうというか。

 

眉根を寄せるようなそういった表情に多々なっていたので。

 

その時点で自分も少し言ってあげれば良かったのかなぁと思いました。

 

で、その結果なにが起こったのかというと、
嬢側よりまさかのSTOPが掛かり、着席拒否という自体になりました。

 

しかも着席拒否してどこに行くのかと思ったら
お客が座ってないうちらの隣の席に移って酒をムッとした顔で煽ってましたけど

 

つーか、なにを囁いたんだよなにを(′・ω・)

 

いやー・・・タイでもそれなりに飲んでいるけど、
着席拒否案件はなかなか珍しいものが見れてしまった。

 

ナイスネタをありがとう!なんて言ったら怒られそうだけど(笑

 

で、そうなるとどうなるかというと、

 

お店自体から、強制的にチェックビンされますwww

 

ワロタワロタ(笑

 

まぁ、さすがにそれはあれなんで、すかさずママを呼びまして

 

K「まだ、チェックビンしたくないのだけども・・・飲んでても大丈夫かね(`・ω・´)キリッ」

 

ママ「あーOKOK大丈夫」

 

K「じゃー誰か一人つけてもらっても良いでございますでしょうかカポン!

 

ママ「おk把握!」

 

みたいな感じで別の子を呼んでもらうのでした。
もちろんチップはOKと言ってもらった時点で袖の下からこっそりと渡すのがマナーです。

 

で、変えてもらったものの、本人は酔っているせいか

 

結局、同じような事の繰り返しで、デジャビュを見たね!

 

まるで成長していない・・・・安西先生!嬢とイチャイチャしながら飲みたいです!

 

まぁ、その子には着席拒否みたいなことにはなりませんでしたが。

 

結局の所なにが悪かったのか?と割と真剣に考えたんですけど、
あれだ、あれ、『パーソナルスペース』なのかなと(笑

 

多分さー二人の距離感っていうのは徐々にこう縮めて行くものかなと思うんですよ。

 

初対面だし

 

私自身も実はあんまり横で密着されるのって好きじゃなくて(初回の子の場合)
基本嬢が隣に座った場合、初回の場合はかなり横5〜20cmくらいは開けておきます。

 

で、自分がいきなりその距離は詰めないですし、
詰めさせるのであれば嬢側から寄って来させるまで待つ。

 

そこの見誤って距離感を友人は一気に詰め過ぎてしまったのかなぁと。

 

ゴーゴーバーとかの場合は一気に嬢側が0距離で攻めてくる嬢もいると思いますが、
カラオケクラブの場合はやはりその辺り向こうから寄ってくるまでは
待ちの方が好感度的には良いのかもしれません。

 

ただ、この辺りはやはり個人差があるので一概にこの距離とは言えませんが
(嬢側・男性側のスペック依存)

 

 

まぁ、そういう居心地地の良い距離を探すのもカラオケ遊びの楽しい所かもしれません。

 

 

いずれにせよ、気持ちよく飲むためには嬢がそういう嫌そうな表情をしたら
複数人で遊びに行ってるのであれば

 

周りでそれとなく言ってあげるのが良いかもしれませんね。

 

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

Leave A Reply

CAPTCHA