img_3114

 

現在、バンコクでは道歩く人達ほとんどが白と黒の服を身にまとい
喪に服している様子を伺う事が出来ます。

 

オキニ2や知り合いの女の子達からはLINEで悲しみのスタンプが送られて来たり
元彼女やパタヤの運命のバービア嬢のFacebookのアイコンは黒一色のアイコンに
もちろん一般の知り合いのタイ人の方達のそういったSNSのアイコン関連も

 

同じ状況が伺えるので、言葉にする事が出来ないなぁという感じです(´・ω・´)

 

街中の建物では、黒と白の布が手すりなどに巻かれたりしている状況。
国全体が悲しみに包まれているのは確かな事なのでしょうね。

 

 

タクシーに乗れば、JAZZっぽい曲が掛かっていると思いきや

 

タクシーの運ちゃん「この曲は生前王様が好きだった曲なんだ」

 

タクシー運ちゃん「お前は先日王様が亡くなったのを知ってるか?」

 

 

なんていう会話もタクシー内であったりしたりもするわけですが・・・
自分の回答は『そうなんだぁ・・』とかそんな感じの回答しか出来ないんですよね。

 

ましてや、自分の方からそういう話題を振る事はないでしょうし。

 

私におけるタイ国王の知ってる事って、とにかく凄い人であり、タイの為に尽くした人
という表面的な事しか知らないですし、タイの学校行って学習したわけでもなく
親達からタイ国王の素晴らしさを語り聞かされて育ったわけでもないですしすね。

 

なので表面的な体裁を取り繕って、発言する事は控えたいですし、
ましてや国王について何も知らない自分がタイ人と同じ悲しみを装って
SNSやサイトの様相を黒に変える事の資格は外国人の私には全くないと思いますし

 

一個人が次期の話を持ち出して予想するなんて
それこそもってのほかでしょう?

 

まぁ、言いたい方やアイコンとか変えたい方は、
各々変更したり発言すれば良いと思いますが。

 

いずれにせよ私は、今のまま普段通り自分の日常を過ごしていくと言った感じです。

 

というわけで、このブログの趣旨的には夜遊びブログなので
バンコクの夜遊び場ナイトスポットについて触れていきたいと思います。

 

img_3113

 

クローズ時間が飲食店等は早いものの、
タニヤのカラオケクラブとしての営業は全店舗ではないですがしているみたいですね

 

ただし、お店でカラオケを歌うのとお酒を飲むのは現在は
控えているお店が多いとかなんとか、いずれにせよオープンしてるとのこ事なので
この時期タイへ遊びにきてしまった人は覗いてみるのも良いかもしれませんね。

 

パッポン界隈では音量を絞っているみたいですが、
オープンしているゴーゴーバーがある感じです

 

バダビン・ブラックパゴダ・エレクトリックブルーといったお店はクローズしているものの
キングス系(キングスキャッスル1・キングスキャッスル2)やStrip、Superstar、

 

付近のバービア関係はオープンしている模様。

 

ただし、客引きしている人達や女の子の衣装は黒服仕様となっているみたいです。

 

他の地域の状況についてはよくわかりませんが、
ただ、16日はタイ国内では禁酒日に当たる日だそうです

 

 

タニヤのSexyClubF1のたずやんのアカウントやG-Dairy関係の方が
状況は報告しているでしょうから詳しくは各場所の状況は
そういった所で確認すると良いかもしれませんね。

 

 

と、そういう状況ではあるものの今後どうなるのかはある種未知の領域ではあるので
各自自己責任で遊びに行くと良いかなと思います。

 

お店が営業していれば、お店に赴くのは悪い事ではないと思いますし、
夜のお店としてもクローズしてその期間働けないで収入が減る人達がいる現状もあるので

 

営業しているのなら馬鹿騒ぎをしないで遊び方で
お店には足を運んで良いのではないかなと個人的には思うのでした。

 

まぁ、人それぞれだと思います。。

 

投稿者プロフィール

K.K
タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専