タイ旅行初心者の方達との締めはテーメーカフェからのスクラッチドック

IMG_2074

 

以前の続き、タイ・バンコク旅行初心死者の方達とナナプラザのレインボーのお店を後にした私たちは
お客さんのリクエストを元に、スクンビットソイ15にあるテーメーカフェへと向かう事となりました。

 

バンコク旅行初心者な方とナナプラザのレインボー4へ移転後初めて行く
アソークのロングテーブルでタイ・バンコク旅行初めてな方達と食事をした後は ムエタイをみたいという事でラーチャダムヌン ムエタイ スタジアムへ移動します。 まぁムエタイの

 

ちなみに、一緒にナナプラザを回った方達は既に一回をナナプラザのお店で女の子と
上へと行ってはいるものの、みんなのハイテンション振りは変わらずイケイケ状態でした(笑

 

テーメーカフェへはナナプラザからはタクシーは使わず、徒歩で向かう事となります。

 

道中のバービアを冷やかしたり屋台の喧騒の眺めたり
各々タイ・バンコクの夜を楽しんでいたみたいですね。

 

そんな、こんなでおめあてのテーメーカフェに到着したわけですが
この日はあいわからずの盛況っぷり、座る所は確保するのが難しいほど
マッサージパーラーのナタリー閉店の煽りなのか
女の子はいつもの1.5割り増し

 

それに追従して男性も溢れていた感じでした。

 

テーメーカフェでの遊び方はこちら

テーメーカフェでの遊び方・交渉術、バンコク夜遊び初心者でも安心
さて、今更ですがここでテーメーカフェ(テルメカフェ)の遊び方について タイの夜遊び初心者の方にも分かりやすく解説して行きたいと思います。 というのは、なんだかんだで、タイ・バンコクへ夜遊

 

テーメーカフェ情報のブログ等で店内照明が明るくなった?
という話をチラホラ見かけたんですが、

 

個人的な感想としては壁側の照明が明るくなったくらいで、
実際の所女の子達の顔がきちんと視認できる程照明は明るくなってないと思います

 

さて、受付で1杯ドリンクを購入後、まずは軽〜くテーメーカフェ内をぐるっと一周
こちらは5名である事から女の子達のアピール度は通常の単体に比べたら当社比1.5倍くらいの
アピール度でした(笑

 

実はタイ旅行初心者の方達のワクワク感とは裏腹に
私は個人的に出戻り嬢がいないかどうか探していたわけですが(笑

 

まぁ、あまりいない嬢なので今回は遭遇する事はありませんでしたけども(´・ω・)

 

未だに数ヶ月経ってるにも関わらず出戻り嬢と過ごしていた時間は
大変な事の方が多かったですが楽しかったので

 

どこかでまた偶然ばったり会わないものかなぁ?
なんて甘い期待を描いております(笑

 

というわけで、とりあえず何周か説明しながら回った所真ん中の席を確保。
各々自由に動いてもらって気に入った女の子にガンガン話しかけてもらいます。

 

しばらく一人でまったりしていた所1人の方はいい子を見つけたので
そのままフェードアウトするからよろしく!というわけでテーメーカフェから消えて行きました。

 

残った三人の方は各々良い子を見つけてきて席で色々と日本語で会話します。

 

やはりタイ旅行初心者でも日本語を使って交渉できる事から
テーメーカフェ遊びはある意味鉄板なのかなぁ〜と感じました。

 

というわけで、無事三人とも女の子をピックアップできた後は
タイ旅行初心者の方達のリクエストで付近にあるクラブ(ディスコ)を見てみたいという事で

 

久々にウィンザーホテル地下にあるスクラッチドックへ行こうという事になりました。

 

今年の4月ぶりのスクラッチドックになります。

スクンビットソイ20のウィンザーホテル地下スクラッチドックへ久々に
前回のリピーターさんとウアン君3人でタニヤのカラオケクラブかわせみで大盛り上がりの後、 リピーターさんの知り合いの子が既にスクンビットのディスコ、スクラッチドックで 既に待機して

 

ちなみに女の子達は珍しく誰も行った事がないという事で
初めて組な子達、外でタクシーをピックアップするわけですが、

 

人数が7人という事で1台では無理だったのですが、テーメーカフェに横付けされている
少し大きめのタクシーをチャーター

 

タクシー運転手「200Bな!」

 

・・・・(;´Д´)・・・・

 

いつもならふざけんな!とぶち切れている所ですが

 

前回のバカラ及び、クレイジーハウスで割と吠えていたために今回はぐっとこらえて
タイ旅行初心者の方達と連れ出した女の子達にあまり変な印象を与えたくなかったですし

 

七人を一回でスクラッチドックへ向かうのは無理だったので
今回は交渉をせずその金額を飲んでスクラッチドックへ向かう事にしました。

 

IMG_2070

 

そういえばスクラッチドック内ではカメラの持ち込みは不可みたいです(笑
後は食べ物類も持ち込めないのでご注意ください。

 

そういった持ち込み不可なものを持っていた場合はスクラッチドックの外にある
ロッカーを貸してもらえるので(100B)そこに預けると良いでしょう。

 

1〜2ヶ月ぶりのスクラッチドックだったわけですが、お店に着いた頃は
それほどお客さんが入ってなかったのですがやはり1~2時くらいを超えたあたりから
どんどん人が増えてくるようになり、あっという間に多くの人で盛り上がるようになりました。

 

タイ旅行初心者の方達も女の子達とホールへ踊りに行くという事でDJブースの前でみんなで
盛り上がってましたが(笑

 

ちなみに、みんな女の子も含め荷物持ちだったので私は席で荷物番してました(笑

 

IMG_2068

 

程よく楽しんだ後、既に3組とも女の子とも大分打ち解けた感じになっており
やはり連れ出し後はそれなりに遊んだステップを踏んだ方が良いのかなと感じましたね。

 

打ち解けてない状況の中一緒に帰っても面白くないでしょうし、

 

現に明日学校があるから5時くらいで帰るなんて言ってた子も
スクラッチドックで楽しんでいる最中にタイ旅行初心者の方が『帰らなくていいの?』
と、聞いた所全然OKなんていう返答に変わったみたいですからね(笑

 

割とじゆうーですよねぇ(;´Д´)

 

IMG_2073

 

そんなこんなでがっつりスクラッチドックで楽んだ後は
みんな各々女の子を抱きかかえてタクシーを拾って帰宅するのでしたとさ。

 

いやはや、みんな笑顔でよかったかな?(笑

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket