タニヤで紳士淑女が集う社交場、赤いグラスはスナックバー形式の落ち着いて飲めるお店

 

去年の冬頃少しキッカケがあって訪問したスナック形式のお店赤いグラス。

 

久々に足を運んできました。

 

赤いグラスは、現在ニューカーネーション・さいあい・ニューオーキッドの
入っているビルの2Fに存在しているお店で、タニヤ通りではカラオケクラブが多くひしめいている中
スナックスタイルを突き通して数十年営業されているタニヤでは老舗の部類に入るお店です。

 

一応場所が記載されているものがあるので下記を参照

 

わかると思いますが、とりあえずgooglemapもついでに(笑

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

 

 

前回足を運んだ時は確か・・・ニューカーネーションのチーママとなぜかカラオケ大会になってしまって
お店のシステム等全く聞けませんでしたが、今回は一人でお店に訪れたという事で、

 

料金形態はどうなっているのかということも含めて色々と教えてもらいました。

 

 

基本的にお店に入店するとサービスチャージの料金が400THB掛かるそうです。
お酒は別途掛かるわけですが、常連の方はほとんどボトルを入れている方が大多数なんだとか。

 

時間制ではなくてチャージ料金は時間無制限400THBだそうで、
お店に在籍しているママたちへのドリンクは1杯140THBとバービア価格的な扱いになっていますね。

 

まぁ、こういうお店の使い方としては例えば会社の接待とかで内密にがっつりとサシで話したい時とか
上司の人がタニヤのカラオケクラブで遊んで帰った、で、自分はまだ飲み足りない、
けども、カラオケクラブに足を運ぶには1人だとなだかなぁといった時など
気軽に足を運べる店としては最適なのかなと思います。

 

 

1人飲みには欠かせないと思われるスナックですが、120THB一律でオーダー出来るのは
非常にわかりやすくて良いと思います。

 

というわけで、二品程注文させて頂きましたが、

 

 

エイヒレ!日本在住のオーナーが、
タニヤに遊びに来るたびに日本からの逆輸入で持ってきてくれるそうです(笑

 

ママ「調理加減が難しいのよー!」

 

なんて言いいながら電子レンジとにらめっこしてましたが(笑

 

少し温かみがある方がエイヒレも柔らかくなってウィスキーと非常によく合うおつまみだと思いました。

 

 

合わせてのチーズ。

 

こちらも酒のつまみとしては最適だったなと言わざる得ない(笑

 

 

そして、スナック遊びの醍醐味と言えばカウンター越しから放たれるママ達のトーキング術。

 

実際、酒を入れつつ、おつまみを食べつつのママ達との談笑は
なかなか今のタニヤ界隈では味わえないそんな遊び方だよなぁと思いました。

 

タニヤ通りには9割方カラオケ店なのですが、1割程スナックも存在していまして、
赤いグラスの他にはTINYや、スナックあん、ワンウェイ、そしてタニヤの裏手通りにある
ぺんちゃんのお店やラウンジバー笑美、あとは、パンチラバーマリリン、ある種神楽もカラオケないので
バー的なお店と言っていいのかな?

 

とりあえず私が知る限りタニヤ通りにあるスナック・バーとしては上記のお店があげられるかなと思いますが

 

本格的なスナックとしては私の感覚ではやはり、ワンウェイそして赤いグラス
タニヤではもっとも歴史があり、もっとも良い意味で古臭いスタイルのお店かなと感じましたね(笑

 

客層に関しては、見て居た感じやはりある程度年配層が多いのかなと思いました。

 

 

あとは比較的にこちらに住まわれている駐在の方で贔屓にしている人たちがいるのかな?
と言った印象で、1件目のカラオケクラブが終わり、反省会的な使い方をしている人たちや、

 

ママ達が好きで通っている方もちらほらといるような感じですかね。

 

ちなみに、お店にはカラオケもしっかりと付いているという事で、
酒の力に任せて熱唱している人も多く、スナックで歌う人はなんというか歌い慣れているというか
ツワモノが多いな!というのを見てて感じましたね。

 

そして、そのツワモノの方達のブルースを肴にママと社交ダンスを踊るとか(笑

 

自分の世代ではそういう感じなかったのですが、私の上の母の世代では
そういった楽しみをしている人が多かったなぁとちらっと聞いた事があったなぁ(*′ー′)

 

 

こういったカウンター型のお店は隣同士座りあったお客さんとの距離が近く、
一期一会の出会いがある所も楽しみの一つじゃないかなと思います。

 

人によっては1人で飲んでいる時に話したくないという人にはあんまり良い事ではないのかもしれませんが、
私としては、隣に座った人と結構流れでスナックの場合は会話したりすると時の多々あるので、

 

対面で話しているママの紹介だったりとで打ち解けられたりする出会いがあるのは
スナックならではかなーと思います。

 

カラオケスタイルのお店だと、結構席毎に仕切られて居ます
なにより、女の子が席に付いている事から人の目をきにするということもあり
お客さん同士がカラオケクラブで打ち解けるケースというのはあまりないような気がします。

 

まぁー特にそういう打ち解ける場合、私は年上の方達が多いわけですが(笑
タイで数十年住んでいる人の話とかに酒の席ではありますが、耳を傾けるというのも、
まさにスナックならではの遊びなんじゃないんですかねぇ。

 

私は嫌いじゃありませんよ!そういうの(笑

 

 

基本的に赤いグラスはカウンター席がメインのお店なのですが、奥の方に
大人数でも座れるソファースペースがあります。

 

人数的な所で言うと、10人くらいは座れるでしょうかね。

 

余裕を持ってゆったりと座りたいなら
6〜7人くらいがちょうど良いかもしれませんね。

 

ちなみに、カウンター席の最大着席数は10席で満席になる感じ。

 

小型店ですが、まぁ、スナックってそんなもんですよね(笑

 

 

というわけで!がっつりまさかのスナックで閉店までお邪魔しちゃったわけですが!

 

スナックはスナックで盛り上がれ楽しめる要素がある!というのはわかっていただけたでしょうか?

 

若い子20代くらいの子達にはなかなか敷居が高いかもしれないスナック遊び、だがそこで
ママ達にいじられる事が夜遊び上級者への一歩であるとあえて言っておこうか!

 

っていうかむしろ若者こそスナックに行って
先輩方やママ達に絡まれるのもいい経験になると思いますよ(笑

 

か、もしくはタニヤ界隈で嬢連れ出した後、少し飲みたいなんていう時にしっぽりと遊びに行く店としては
タニヤの赤いグラスは最適?なのかもしれない!?

 

というわけで、久々のスナックからお送りしたのでしたとさ。

 

[`livedoor` not found]
Pocket