タニヤのアゲハで人気の妹系アイドル嬢に癒されつつパッポン・バダビンへ

 

この日、タニヤでタイミングが重なり2名程知り合いの方達が同じ店で飲んでいるという事で
タニヤのアゲハに顔を出す事となりました(笑

 

まぁアゲハの話はもう言わずもがな、タニヤ好きの人なら知ってるだろうから説明は省きますけども
以前迄は、店長あぶさんが日本人担当として奮闘していたわけですが、

 

ここ最近ではもう一人日本語喋れる日本人の方が入ったみたいで、
よく二人で呼び込みしている姿をちらほらほと見かけます。

 

強面な方らしいですが、対応は物腰の低い方らしく
バンコク王子というブログも現在やっているという事で、ぜひよろしくという事です※宣伝 (笑

 

というわけで、飲んでいる知り合いの方達に挨拶をしつつも適度にまったりとアゲハで楽しみます。
なんか新人のチーママも入ったという事で私はノリでそのチーママをつける事に(笑

 

以前は日本の上野のお店で働いていたという事で、
そういえば、その辺りはタイパブが固まっている地域がありますよね。

 

私も以前ベンジャロンだったかな?行った記憶がありますが、

 

この日チーママとして初出勤だったらしく、日本語もそれなりに話せるチーママなので、
今後も会う機会があるのでしょうかね。

 

今回一人の知り合いの方はバンコクで飲食店をやってる方で20代と若く年下なんですが、
イケメンなのでそういう人は爆死すれば良いと思います(笑

 

席には日本語を堪能な甘い可愛い声を出す嬢をつけておりました。

 

というか、この席に付けた嬢と同じ年だったかなぁ・・・

 

年齢が近いと色々と盛り上がるだろうと、嬢の接客の仕方ももしかしたら色々と
対応が変わるのかもしれません。

 

まぁ、少なくとも年いってるおっさんな自分には
どういう接客になる方は体験できないのでわからいのが悔しいですがね!(;′ー′)

 

いやー・・・若いっていいなぁ〜・・・

 

 

そういえば、この可愛い声を出すアイドルっぽい嬢なんだかどこかで見た事あるような?

 

と、以前から思ってたんですが、そういえばyoutubeでアゲハがなんか出ててた動画があったんですが
確かそちらで出演していた女の子だと思います。

 

日本語のうまさと声や仕草の可愛さはぜひとも動画でご堪能ください。

 

さて、もう一人の知り合いの方は最近インタマラとかによく行ってる駐在の読者さん(笑

 

まぁ、この方も私より年下なんですがね!

 

というか・・・最近年下の20代の知り合いが増えてきたような(;′-′)

 

くっそー・・・私も初めてタイに来た頃は20代だったのに・・・
気がつけばアラウンド40ですよ。40

 

時間の流れ程残酷なものはない!

 

ということで、日々しっかりと噛みしめて生きていかねばいけませんね。

 

この方よくアゲハには足を運んでいる子なんですが、
お気に入りの嬢がいないと付けないでいつも一人で飲んでいるっていうね(;′-′)

 

まぁ、常連ならではの遊びかなと思います。

 

私もフォーチュンとかレインボーとか一人で行った時は
誰も付けないでそんな感じで飲む時とかありますしね。

 

なので、男同士、やっている業種もIT系な所からそっち方面の話題で盛り上がったのでした(笑
・・・カラオケクラブをバー的な使い方をしてるってどうよ(;′-′)

 

タニヤのアゲハでもゲイ疑惑が出てきそうでなんだか怖くなってきたよ!
いや・・ほんと・・勘弁してください。

 

で、その方はチェックをしてバダビンに行くとの事で

 

後で時間があったら落ち合うよーって事でその方とは解散。

 

まだ、飲食店で働く年下の子は残ってたので、まったりと
アイドル娘やチーママと楽しみつつ盛り上がるのでした。

 

飲食店で働いている割には彼はお酒が弱く、すでにベロ酔いな様子。

 

いやー・・・ほんと・・若いっていいなぁ(笑

 

アイドル嬢に介抱されながらもお店の閉店時間という事で
お店を後にするのでした。

 

そのあと帰ろうかなと思ってたのですが、
バダビンでさっきの読者の方がいるので足運んでみる事に

 

 

1時過ぎという時間帯に関わらず、相変わらずの客入りでして、うむ、良い感じのお尻の食い込み具合!
を、堪能しつつ、まったりとジャックダニエルのソーダ割で楽しみます。

 

読者の方はこのお店行きつけだそうでして(笑

 

良い感じに席はハーレム状態となっていました。

 

なんでしょうね。

 

最近のバダビンはゴーゴーバーという雰囲気よりは
どちらかというとコヨーテ系のお店という印象があります。

 

過激さは他のパッポンの中のゴーゴーバーに比べたら薄いですが、
ラインナップ的な所でいうと、良い嬢は取り揃えているかなという印象
やっぱりあるお店なのかなと思います。

 

というわけで、はしごしてこの日もタニヤのカラオケクラブ、パッポンのゴーゴーバーと
ハシゴしたわけですが、相変わらずタイの健全な夜の過ごし方を堪能し、帰宅するのでした。

 

夜遊びに関しては飲んでるだけでも十分楽しめるのがタイ・バンコクの良い所だと思います。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket