タニヤのアテッサ系列のお店がいつの間にか無くなっていた?ATESSA嬢はどこへ?

 

そういえば、あまり足を運ぶことがなかったので今まで気づかなかったのですが、
かなり客引きがいたATESSAがいつの間にか閉店していいたという話です。

 

どういった経緯でお店がなくなったのかはわかりませんが、
どうやらアテッサが入ってたビルの4Fから上の階お店はことごとくなくなっているみたいです。

 

アテッサが入っているビルといえば3Fにアゲハとフェニックスクラブがあるだけで
4F以降のドゥームやあなた、タナリーやアテッサのお店は現在もぬけの殻になっている状態みたいです。

 

ドゥームはどうかはわかりませんが、あなたやタナリーはたしかアテッサ系列のお店でしたよね・・・
無くなった事情はわかりませんが、これからもしかしてタニヤ戦国期に突入してくる予感!

 

がなんとなくします(笑

 

で、そんなアテッサですが、どうやら隣のビルの方で別にお店を開いた?みたいでして
ただ単に箱が小さかったから?移転なのか真意はわかりませんが

 

せっかく先月の後半にアテッサが撮影の舞台ともなったタニヤの映画バンコクナイツが公開されたのに
ある意味残念といえば残念かもしれませんね(;´-´)

 

巡礼地として集客が図れそうなのに(笑

 

それはさておき3店舗系列店のお店が無くなったということで、在籍数もそこそこ
あったアテッサ系列で働いていた嬢達は一体どこに移ったのか?という話ですよね。

 

まぁ、新店の方へ移る子達もいればタニヤのカラオケクラブ散り散りにいるのかもしれません。

 

そんな中先日アゲハで少し5人で遊んできたんですが、
あぶさん情報曰く「新人が最近がっつりはいりましたよ!!!」

 

なんて言うもんですから三人で遊びに行って新人をつけてみることに、

 

私が今回付けた子は昼間はセントラルの洋服店で服を売ってる店員さんだそうで、
夜の仕事は本当に初めてだそうです。

 

なんで夜の仕事始めたの?って聞いてみた所
お金が欲しいそうで・・・

 

まぁ、一般の昼職ってマネージャークラスじゃないとなかなか給料もよくないですから
・・・・(;´-´)大変ですよね。

 

なんでも今日で働いて3日目だそうで、所々に本当に夜の仕事がわからないんだなぁという初々しさが
非常に新鮮だなと感じました。

 

たまには素人とも話すのは悪くないですね(笑

 

というわけで素人プレイを楽しんでいたわけですが、チーママから一人おすすめな子ということで
斡旋されました・・・・素人の子をつけていたのに(笑

 

その子は今回席に付けた嬢とは裏腹にタニヤのカラオケクラブでの経験があるようで
聞く所によると以前はアテッサで働いていたということでした。

 

K「なんでアゲハに移ったの?」

 

元アテッサ嬢「アゲハはお客さんが多くて知ってし、私の友達がアゲハで働いてる

 

K「あー・・・そう(;´-´)」

 

まぁ、女の子からしたら確かにお客さんが多く来店するお店の方が
稼げますし、友達が働いてるならどういう状況かを教えてもらる事から
女の子側も働く上では何も情報がないよりは良いかもしれませんね。

 

元アテッサ嬢「それに、今席についてる女の子達みんなアテッサの子達だよー」

 

K「んん???(;´-´)全員元アテッサの子達なの??」

 

どうやらあとの4人の方についている子達もATESSA嬢との事(笑

 

元アテッサ嬢「そうそう」

 

なるほど、どうやらアテッサで働いてた子達はそのまま営業している下の階へと
近場でお店をチェンジした模様です(笑

 

まぁ、同じビルって事で色々と繋がりがあるのかもしれませんね。

 

 

とりあえずそんな世間話はさておき!

 

素人の販売員さんとともに、元アテッサ嬢を含め三人で黒ひげ危機一髪ゲームの開始!

 

そして、1発目から黒ひげを飛び出させちゃう私!!!神がかっていますね(笑
なんかがっつり一気させられましたorz

 

夜の仕事素人嬢は日本語はわからないけど英語とタイ語は理解でき、元アテッサ嬢は
6ヶ月アテッサで働いて日本語を覚えたとか・・・その割にはものすごい理解度だったけど。

 

なので、終始席では英語と日本語とタイ語が飛び交う変な状況となっていたのでした(笑
というか、英語も最近使ってない事から英語より先にタイ語の方が出てしまいますよね。

 

さすがに日本語を喋っている時はちゃんぽんにはなりませんが。

 

しかし・・・閉店した4Fから上はどうなるんでしょうね・・・・
新しいお店でも始めるのでしょうかね?

 

タニヤの謎は深まるばかり!!

 

 

[`livedoor` not found]
Pocket