タニヤのクイーンズフェザーにはなぜか新人の若い子が多い

medium_3171375442

先日坊ちゃんと二人でタニヤのクイーンズフェザーを訪れたときの話です。
このお店何度か足を運んでいるものの、
そういや記事にするのを忘れていたので書いて行きます。

このお店どうやら最近内装を奇麗にした感じがあり、
日本のキャバクラに近い内装になっております。

ファミリーマートの横のビル内で存在しており、
外に若そうな何人かの女の子が呼び込みしているので
多分分かると思いますが、

・・・このお店の特徴として、
結構まだ田舎から来たての新人が多いなという印象があります。

実際まだ、働いて
1ヶ月〜2ヶ月くらいの子もいるらしく

店内で挙動を見ていれば
おそらく分かる筈です(笑

今回坊ちゃんと二人という事で、
二人とも新人を仲良くチョイス

ついでにもう一人選んでとママさんに催促されたので・・・
珍しく今回は二人選んでみました。

他のタニヤのお店のシステムはどうかはわかりませんが、
基本的にはクイーンズフェザーでは、一人目は一時間分の料金みたいですが、
二人付けると+200THBで良いらしいです。

これは私自身知らないシステムですので
勉強になりました(笑

このお店1時間600THBで二人付けても
一時間800THBはかなりリーズナブルですよね。
というわけで私の人生で初の二人の嬢を席に付ける事に。

ちなみに最初に選んだ子は仕事しだして2ヶ月の18歳
二人目の子はちょっとベテランの20歳の子をチョイス。

前者は、日本語は喋れず、後者の子はそこそこ話せる感じの子です。

二人付けて分かった事は・・・なかなかバランス良く会話を振るのは
非常に難しいなと思いました。

大体私は新人の子を付ける場合『いじわる』で
絶対に最初日本語で話しかけるんですけど(笑

そして、その中で女の子がどうしていいかわからずオロオロして来た所で
タイ語で話して上げると非常に女の子が安心してくれるというか、

ちょっと曇り顔から一気に笑顔になる瞬間、
そういう所がちょっと好きです(*´д´)

少し性格が悪い方法かもしれませんが、
日本語が喋れない子には意外と受けるテクニックの一つだと思います。

ちなみにその頃坊ちゃんはというと・・・
新人の子を既にリラックスモードへ持って行って
お互いの手を握り合い膝の辺りに置いてました。

(´д´)・・・威風堂々

もはや何もいうまい(笑

っていうか坊ちゃんに付けた子も日本語は喋れない子なので
そういう子も積極的に攻められて行けるのは
スティサン・レインボーで磨かれたからでしょうかね(笑

今回、3/2の確率で新人を席に付けた事から
ちょっと気になり、新人の率が高い理由を
少し年上の二人目の子に事情を聞いた所。

なんでもお金を稼いだら田舎へ戻るといったスタイルらしく
長期というよりは短期・中期で働くと言った感じでしょうか。

他のお店等で仕事をした事がなく、
働くのが初めてといってましたので

ちなみにその子達のバッチはショートでした

二人目のお姉さんはなぜか飲むだけバッチ(笑

もし、新人の彼女達とどうこうしたかったら
おそらく短期集中で通うしか手はないかもしれせんね。

こういう子の場合数ヶ月たったらもう居なくなってた
なんて事はざらだと思います。

ちなみにカラオケは日本語の曲しか入ってませんので
個人的には物足りないですが・・・

その分をカバーをする嬢達の可愛さがこの店には在るなと思うので
新人を狙いたいという人は少し足を運んでみると良いかもしれません。

ただし、その際は

タイ語は必須という事でよろしくお願いします。

うーん・・・
二人今回付けたけど・・・お姉さん余計だったな(´・ω・)

女の子を何人も侍らす遊びは
私には無理かもしれません。(笑

それを支えるステータスと貫禄がまだまだ足りませんね

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: Bangkok Witchcraft via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket