タニヤのクラブニューオーキッドにて好みのタニヤ嬢の人選はブレないと改めて感じた日

IMG_0598

 

タニヤのクラブ・ニューオーキッド・・・確か以前はクラブ・オーキッドだと思ったんだけど?

 

名前が変わって新規一転になったかどうかわからないですが、
そういえばこの辺はあまり行った事ないと思い、思い切って行ってみる事にしました。

 

場所は山ちゃんがある所のソイの所を入って以前記事を書いた事のあるタニヤのスペシャルクラブの横
クラブ・ニューオーキッド(Club NEW Orchid)の入り口になります。

 

タニヤのカラオケクラブ・スペシャルクラブは色々な意味でスペシャルなお店だった
タニヤのスペシャルクラブというカラオケ店をご存知でしょうか。 タニヤ通りのメイン通りを少し進み、右路地に入ったら 王将の横にひっそりと存在しているスペシャルクラブ 個

 

他にこのビルに入っているお店として、サイアイとか・・あと2店舗くらい入ってたかな・・・
私の今までのタニヤ経験でこのビルは1度だけ足を運んだ事がある感じです。

 

お店はビルの3Fに位置し、エレベーターを使うと正面入り口に、
しかし階段を使ってこのニューオーキッドへ向かうと裏口からの入店となる感じが
非常に場末感溢れる雰囲気が満載のお店です(笑

 

さて、店内の状況ですが既に何組かのお客さんが訪れており、
年代的には40代後半から60代といった客層な雰囲気があります。

 

この日のニューオーキッド・タニヤ嬢のラインナップですが、8名程の並んで選べる状況でした。

 

今回は私一人でなくて4人でお店に足を運びまして、
なんと最初に女の子を選ばせてもらえるという珍しい機会に(笑

 

私基本選ぶ時最後ですので、大体先に選んでもらうんですが・・・
いやはや・・・最初というのは非常に緊張する事でありますね。

 

そんな中ニューオーキッドのタニヤ嬢の中からいいなぁ〜と思う嬢が2名程いたんですが・・・・
どちらかを選ぶかなという事で迷ってしまいまして(笑

 

どっちも可愛い系の感じがある嬢、とりあえず選んだ決めては
候補の一人の子の方が無表情的な感じがあったのでもう片方のタニヤ嬢を選ぶ事にしました。

 

お客さん「容赦なくいい子選ぶねぇ!」

 

K「ちょ!だめっですか(;・ω・)」

 

お客さん「555、いやいや問題ないよ」

 

なんていう話をしながら皆さん思い思いの嬢を選んでおりました。
私が気になっていたもう片方の子選ばれると思っていたんですが・・・
今回は選ばれずという事で

 

お客さん「Kちゃん、さっき迷ってたみたいだけど他にいい子いたの?」

 

K「実は最初迷ったんですが、皆さんが選ばなかったもう一人の子かこの子で迷ってたんですよね」

 

お客さん「じゃーその子もつければ?」

 

K「えっ!?(;´Д´)」

 

という事で両手に華は状況に僭越ながらさせて頂きまして(笑
久々に幸せ感満載でございます。

 

両方とも可愛い感じの子で個人的には大満足・・・等とうつつを抜かしておりましたら・・・

 

横につけた嬢1「貴方見た事ある・・・・」

 

K「えっ・・・マジで?どこで?」

 

横につけた嬢2「ナナプラザに行ったりしているでしょ?」

 

K「・・・なぜにナナプラザ・・いやまぁ行くけど(;´Д´)」

 

K「というかなんでナナプラザで私を見た事あるわけ?」

 

横につけた嬢1・2「ナナプラザの●●で働いてた」

 

K「あーそう・・・なかなか珍しいお店で」

 

なんでも彼女らは以前ナナプラザで働いていた嬢であり、ナナプラザからタニヤ嬢にシフトした模様です。
なので、英語は喋れるけど日本語はまだ話せない感じ。

 

というか二人でナナプラザで働いていたって事は仲のいい友達同士なのかなぁと思っていたら

 

チーママ「彼女達はTWINよ」

 

(´Д´)・・・・マジデスカ

 

なんと、髪型はかなり二人とも違うし照明もそこまで明るくないんで気付かなかったんですが
一卵性双生児の双子ちゃんだそうです(笑

 

なぜ、自分が最初彼女達を選ぶ時に迷った原因がわかりましたよ・・・・

 

一卵性双生児ならそりゃー迷うよ!という
自分の好みの嬢のブレてない感じに少し感動しました(笑

 

IMG_0599

 

そこから話は盛り上がり店内はチーママ達の乱入もあり大騒ぎで終始お祭り騒ぎ
じゃんけん負けたらグラス一気させられるは破廉恥な感じのムードにはなりませんでしたが
酔いが回りすぎて色々やばかったです(笑

 

そういえば、一つ感心した出来事がありまして、
双子ちゃんの片割れ最後に選んだ嬢が盛り上がりが治まってきて

 

落ち着いてきた所で携帯をいじり出そうとしたところ、それを見たチーママが

 

チーママ「貴方今お客さんが横にいるんだから携帯いじってはダメ」

 

と指導していたのを見て感心しました。
ちゃんとその場で指導出来る方は珍しいですよね。

 

もちろん、その指示に素直に従う嬢
特に機嫌が悪くなる感じもなく、最後迄楽しく過ごす事が出来たのでした。

 

 

しかし・・・両方に女の子がいるとどういうバランスで話していいのかわからなくなりますね(笑
女の子が携帯いじりたくなるのはそりゃ・・・・私の話しかけるバランスが悪かったわけで
両手に華をやるにはまだまだ夜遊びの経験とスキルが足らず、私には早いのかもしれません。

 

[`livedoor` not found]
Pocket