タニヤのスナックでハッピーバースデイな赤いグラス

 

ふとした時に足を運びたくなる酒場のスナック。
20代の頃であればこういった場所に足を運ぶなんて全く想像はつかなかったわけですが、

 

自分もある程度年齢を重ねて来たせいか、
こういうしっぽりと飲む雰囲気のお店に足を運ぶことに抵抗感がなくなってくるようになりました。

 

というわけで、そんな中久々に赤いグラスへと足を運んで来たわけですけども、

 

ちなみに前回足を運んだ時の話は下記

タニヤで紳士淑女が集う社交場、赤いグラスはスナックバー形式の落ち着いて飲めるお店
去年の冬頃少しキッカケがあって訪問したスナック形式のお店赤いグラス。 久々に足を運んできました。 赤いグラスは、現在ニューカーネーション・さいあい・ニューオ

 

この日たまたま訪れた時になにやらお客さんの誕生日だったようで、
お店のホステス?ママ?を上げてハッピーバースディを歌いながら
お客さんの為に祝っていました。

 

いやー・・・・いいですよねぇこういうの(* ′Д′)

 

もう日本での遊び場はどんなのだったかあんまり覚えてないんですが、
少なくとも自分の人生において日本の夜の飲み場で誕生日を祝ってもらった経験はないので
こういう所を祝福してくれるバンコクの夜のおねぇちゃん感覚というのは
大変素晴らしい国民性ではないか?と勝手に思っています(笑

 

たまたまこの日居合わせたお客さんも全く話を聞いてなかったそうでして、
サプライズのお祝いだったそうです。

 

というわけで、厚かましくもケーキをおっそわけしていただけたわけですが、
和気藹々としたスナックのアットホームな雰囲気の中
祝われていた方は本当に嬉しそうな感じでホステスやママ達と盛り上がっていました。

 

そういえば、タニヤの赤いグラスに一人面白いママ?ホステス?がいるというか。

 

ザ・おじさんキラー的な人がいます。

 

歴戦のスナックを渡り歩いたホステスの中のホステス?

 

特にこう魅惑の眼光というか、目力がすごい人がいるんですよねぇ(′ー′)

 

スナックは基本的に対面での接客となるわけですが、
対面で話す場合ってどーーーしても目を見て話さなきゃいけないじゃないですか?

 

でもなんていうかこのママっぽいホステスさんと喋る場合は
ずっと直視出来ないというか、あれはおそらく魅了の魔眼の類だと思います(笑

 

さすがにゴルゴン三姉妹の某メデューサみたいに石化はしないものの、

 

見つめているとこう、火照って来るようなそんな魅惑の魔眼の持ち主のホステスっぽいママ。

 

そして確実におじさんを射殺す甘い瞳の持ち主は
割とハマってる人いるんじゃね?とか話してて思いました。

 

しかもかなり面白い人で本気のような冗談を連発する
ありゃー全盛期にもし会っていたら確実に小悪魔系的な人種!だったろうなぁと(笑

 

意外と私とも年齢は離れていなくて少し年上なお姉さんタイプなホステス?ママ?かどうかはわかりませんが、
たまにはああいう捕食される視線に釘付けにされるのも悪くないなぁと思うのでした。

 

スナックタイプのお店ということで、
周辺のカラオケクラブ系のお店とはまた一味違ったタイプのお店ではありますが、
たまーにゆったりと顔出すならこんなお店も悪くないそう赤いグラスというスナックで

 

魔眼持ちのWitchと語らうのも悪くないのではないですかね(′ー′)

 

と、いうわけで、また一人で飲みたくなったら行っていようかなと思います。

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket