タニヤのソフィア(Sofia)は可愛い系より綺麗め系の嬢が絶賛増量中のカラオケクラブ

 

先日、バンコクで色々とお世話になっている超兄貴に呼ばれまして、
タニヤのソフィアへと久々に足を運んできました。

 

ソフィアに訪れたての頃はわりかし可愛い系の子路線のお店なのかな?
と、個人的には思っていたんですが、年が明けて2017年現在、意外にも綺麗め系の嬢が
増量しているという、オープン当初とは打って変わってがらりとライナンップが変わっているので
びっくりしました。(;′-′)

 

聞く所によると、なんでもソフィアのチーママが田舎からバンコクに出ておいでと嬢達を
スカウトしてきた
らしく2017年新規一転という事で本腰を入れてきたという事でしょうかねぇ。

 

さて、今回遊びに来た時に超兄貴の知り合いの方をご紹介してもらったんですが、
なんでも、私より1歳年上の方でありながらバリバリとタイに来て事業展開されている方だそうでして

 

1個上の先輩なのにしっかりしていてすごいなぁと・・・・・(笑

 

そういえば話は変わりますが、タニヤの居酒屋武蔵屋の社長さんは私と同い年なんですよね(;′-′)
裸一貫!がっつりと土俵に足を付けて覚悟決めて仕事している姿勢は見習わないといけないかなと思います。

 

私もそろそろ40の壁もちらほらと見えてきているようなこの状況
色々と自分自身も考えないとダメですねぇ・・・・。

 

私は色々な意味でダメダメ人間でありますから、しかし、こういった方の話は
常人の私にとってはなかなか雲の上での話でもあり、非常に勉強になるなぁといった感じです。

 

というわけで、なるべく超兄貴達の会話を邪魔しないようにして
端の方で細々とウィスキーソーダ割りを飲んでいたわけですが・・・

 

超兄貴「Kちゃんは女の子に優しくないよね!」

 

K「ちょw、ど、どういうことですか(;′-′)」

 

超兄貴「せっかく女の子席に付けているのにあんまり喋らなくない?

 

K「な、なるほど・・・」

 

超兄貴「もっと喋ってあげないと女の子が可哀想だYO!」

 

そういえば・・・いつからですかねぇ・・・人と遊びに行くようになってから
あんまし積極的に嬢とがっつり喋らなくなったのは・・・・(;′-′)

 

こればっかりはなんとも自分の性分なのかどうなのかわかりませんが・・・。

 

基本的に私人の話を聞くのが大好きというか、割と自分でも喋りますが、
結構人と一緒にというケースの場合嬢との話を振る割合を調整するのって難しくないですか?(笑

 

ちょっとうまく言えないですけども・・・・(;′-′)

 

結構どっちかに集中しないとなかなか自分の場合は話を聞き逃してしまう事の方が多いので
基本的にこういう席での席に付けた嬢との会話は自分の中ではテンプレートでして(笑

 

名前は?出身は?何歳?ここで仕事どのくらい?前の仕事は何してたの?

 

会話これだけっていう(笑
で、あとはいる人達の会話に集中するみたいな感じなので。

 

むしろ、カラオケに走れるとBGM代わりとして逆に楽なんですけどもね。
そして、しょっぱな空気を読まずにロードを入れるといきなり重い!とか空気読め!!とか突っ込まれる始末

 

でもまぁ、それも一種のスパイスとしてへんな笑が生まれて和んだりしているので
個人的にはこういう席での嬢とのコミュニケーションは取らなくても私自身は楽しいです(笑

 

もちろん、断然嬢と会話が出来ると楽しくなるというのは言わずもがな、

 

だけど最近思う事はなんだかんだで、夜遊び場っていう酒飲める空間自体が自分は好きなのかなと。

 

わかりやすく言うと、お店に可愛い子は居ない!けどなんとなくまったりとピンクのネオンが灯った
パタヤのバービアでママとたべったり、ぼーっとしているだけでなんか楽しい気分になれるみたいな感じ?

 

そう、所謂『空間萌え!』(違

 

自分の中でのこういうタニヤの夜遊びスポットだったりローカルなインタマラのスポットは
そんな感じなのかなと思います。

 

じゃなきゃ、わざわざ良い子を斡旋してくれないT-DED99には一体何しに言ってるんだって話ですよ!

 

昨年タイ人女性と結婚した坊ちゃん大好きっ子の
坊ちゃんに会えない切なさの愚痴を聞きに行ってるわけでは断じてない!!

 

まぁ、でも基本的になんだかんだ言ってますがどこでも全力で楽しんでますけどね(笑

 

いずれにせよ、今回ソフィアの綺麗可愛系嬢達の接客に満足しつつ、場所を変える為に、
先日開拓したEnjoyClubへそのまま三人で向かう事になるのでした。

 

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket