ナナエリアで相場より安い価格でプリセールのコンドミニアムが9月に販売開始

medium_6532452219

さてさて、本日はちょっとバンコク夜遊びから一点して
バンコクの不動産についてのお話です。

 

色々と、仕事関係でコンドミニアムのデベロッパーだったり、
不動産業者の方の知り合いが私はここバンコクでは多く
色々と情報が入ってくるのですが、

 

その中で先日バンコクセンチュリー21の社長細川さんに
お会いした時のお話です。

 

大抵お会いするときはタンパク質を御馳走になっていますので
(*´ー´)呼ばれたら、ええ行きますとも。

 

私自身は基本的には不動産の仕事を生業とはしておりませんが、
日本に居た頃は不動産関係の仕事をしていた絡みもあって細川さんと
お会いした時に色々と、タイのコンドミニアムの状況等聞いているのですが、

 

その中で、かなり相場より安く、しかも、スクンビット中心街ナナエリアにて
来月より販売を開始する

 

プリセール物件(プレビルド)についての情報を
こっそり教えてもらいました。

 

ブログに書いていいよという事で(笑
興味ある方もいらっしゃるかなと思いますので、
その詳細をちょこっとだけお教えしたいと思います。

 

場所に関しては正確な場所の記載は避けますが
(分かる方には分かるので)

 

ナナエリアです。

 

そして、気になるお値段なんですが、

 

スタジオタイプ
30平米〜
400万バーツ〜

との事

 

他に1ベットルームもあるのですが、こちらは

1ベットルーム
42平米〜
700万バーツ〜スタートらしいです

 

このエリアのコンドミニアムを購入するとなる平米単価は1平米20万バーツが
現状のナナエリアの相場ですが、

 

今回のこの平米15万バーツ〜がなぜ実現出来るのかというと
タイのコンドミニアムの販売システムにあります。

 

というのは、今回のこの売り出しはプリセール(プレビルド)
と呼ばれ建設前段階に、
予約をして購入する制度があります。

 

何段階に分けて物件のセールが発表される事がタイでは多々あり、

 

プリセールの段階でも最初第一段階の告知される価格と
後になって告知される第○段階の価格とでは

 

断然第一段階の告知で購入予約を決める事によって
安く購入できるわけです

 

ちなみに、発表から日が経つに連れどんどん売り出し価格も上昇して行き、
2ヶ月後にプライスリストを取り寄せたら
初回の告知額との価格が変わっているという状況は多々有ります。

 

今回のこのナナエリアのコンドミニアムの9月における販売は
第一段階の販売となる為に通常の相場(平米20万バーツ)より下回る価格で
購入する事が可能となっています。

 

タイの不動産投資として考えても
まずエリア的には需要があるすぎる地域であり、コンドミニアム購入後も
その価格が下落する事はほとんどあり得ない地域だと思います。

 

私が考えるバンコク市内スクンビットにおける、
投資目的として最適な場所は

 

プルンチットからせいぜいオンヌット位の地域までです。

 

それより先のBTS、例えばウドンスック・バンナー・ベーリング
この辺りの不動産は最近建設ラッシュで
価格も100万〜300万バーツくらいで購入できる物件は確かにあります。

 

 

出口はどこですか?と言いたいです。

 

まずはバンコク郊外で安いからといってコンドミアムを購入される方は
一度現地の状況を確認してから買うのがベストだと思います。

 

まぁ自分でお住まいになるというか方には
100万バーツ〜300万バーツくらいの物件は良いかもしれません。

 

でも、もしコレを賃貸に回したいとか転売したいなんて考えているなら・・・・

 

少し考えを改めた方が良いと思います。

 

というのは、一応これでもバンコク郊外つまりは、
ウドンスック・バンナー・ベーリング
辺りに住んでたから分かる事なんですが、

 

根本的にこの辺りの物件、
家賃はものすごーーい安いです。

 

以前私はそれなりのコンドミニアムっぽい物件に住んでおりました。

 

階層は20階新築物件
平米はスタジオタイプですが、40平米くらいはありましたね。
エアコン、キングサイズのベット付きで、
あとはちょっとした机が家具として付いておりますが、

 

家賃は7,500バーツです。

 

ちなみにこの地域駅迄徒歩2分くらいの好立地の
新築コンドミニアム17階
プール付き・フィットネスジム付き

 

1ベットルーム
家賃14,000バーツ

 

という現状があるというのをまず、
バンコク郊外の物件を買う方は知っておくべきです。

 

で、そこで聞きたいのが誰をメインで賃貸に回すんですか?という事です。
そして、周辺の家賃相場から考えると

 

100万バーツ〜300万バーツくらいの物件で
家賃はせいぜい月6000バーツ〜1万4000バーツ
郊外だとこの位の相場だと思います。

 

というか・・・
家賃で14,000バーツ、私だったら正直

もっとバンコク中心街へ移りますね。

 

この位の価格でわざわざ郊外に住もうなんて考えている酔狂な外国人は
おそらくほとんど居ないと思いますけど。

 

だってね・・・聞いてくださいよ。
夜遊び好きの人なら分かると思いますが、
いちいちバンコク中心街へ出るのにBTSなら30~40分

 

タクシーで帰るなら大体100THBは掛かる立地ですよ郊外なんて
女の子一緒に誘っても

女の子「貴方の家遠くない?・・・行くのめんどくさい」

 

とか言われるレベルの地域ですよバンナー・ベーリング・ウドンスック辺りなんて

 

本気で郊外に住むのが嫌になった発言です(´・ω・)

一緒に住む?とか聞いても、
女の子も職場から遠いから拒否されるレベルかもしれません(笑

 

需要があるとすれば、スワンナプーム方面にオフィスがある駐在の方とか
そういう事も考えられますが・・・・まぁほぼない(笑

 

日本人を賃貸顧客と考えた場合、

 

まず、奥さんがいる場合アウト
バンコク郊外で買い物なんて・・・
中心街みたいに、気軽にできないですしね

 

というか100万バーツ〜300万バーツぐらいの低価格帯ならば
基本的にはスタジオか1ベットにくらいの物件なので

 

ファミリー向けはアウトですね。

 

なので必然と、顧客はタイ人になると思うんですが・・・
いかんせん周辺の家賃相場がそんなもんなで・・・
わざわざそんな高い所を借りるタイ人が果たしているのか・・・

っていうかそれくらいに住めるタイ人は
多分自分でコンドミアム購入できる層だと思います。

 

ちなみに、安かろうは悪かろう。
これは日本でも分かる事だと思いますが、
正直言って安い物件というのは新築にも関わらず1年後

 

経年劣化が非常に浮き彫りになる

 

コンドミニアムのケースが見受けられる事が多々あります。

 

ですので、もし、郊外で安い物件を買うという事考えているのなら、
まずはデベロッパーの過去の建設実績を追い、
自分の目でキチンと選択すると良いと思います。

 

まぁそんなわけで話が大分逸れましたが、バンコク郊外の物件を買う方は
正直需要なんて限られているので、それだったらまだ出口の門戸が多い、

 

バンコク中心街の方が良いかなと思います。

 

まぁお金があれば私も買いたいなぁとは思いますが・・・
残念ながらそんなお金はありませぬ・・・

 

ですが、読者の方で夜遊び好き・・・・しかもナナプラザ大好き!
なんて方にはもってこいの立地の物件だと思います。

 

現状スクンビットの中心街は建設のエリアが限られて来ているので
こういったスクンビット中心街のプリセール物件はこれからはあまりでにくく
郊外の物件が将来的にはばんばんできそうな気配があるので

 

お金ある方は行ける時に行っといた方が良いと思いますよ。

 

もしこれ以上の詳しい詳細をお聞きになりたいという方は

 

バンコク・パタヤ不動産売買のタイ大家 細川さん迄

 

お問い合わせしてみてください。
気のいい方なんで、真剣に購入を希望される方の力になってくれる方ですので。

 

まぁ飯の恩はやはり忘れては行けないですよね!が
私のモットーですので

 

今回ご紹介してみましたとさ。

 

ちなみに、細川さんは不動産業者としての顔もありますが、
投資家としての顔もあり、元々バンコクのコンドミアムを
実際に購入されている方でもあるので、欲しい方の不安や、悩み等を

 

肌で感じている方ですので、色々と相談に乗ってくれると思いますよ。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: 9volts via photopin cc

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket