ナナプラザのゴーゴーバーエンターでドリンク要求からのLINE交換に発展

 

ビルボードが大盛況!とはまた別の日にナナプラザに行って起こった出来事なのですが
大盛況なビルボードの横にあるENTERへと足を運んできました。

 

別段ここにきた理由は特になく、お気に入りの嬢がいるわけでも、
お店の嬢揃えのスタイルが好きというわけでもなく、本当に久々にネタにでもするか程度
足を運んできました。

 

訪れた時間は1時前後だったわけですが、
お店はガラガラで店内はお客さんは私1人という状況(笑

 

その割にはステージにはそこそこなレベルの子達が踊ってはいましたがいかんせん。
お隣のビルボードの勢いでお客を奪われているのでしょうかね(笑

 

なんだかもったいないスポットだなーとも思いました。

 

そんなこんな思いつつてきとーにまったりと
ちびちびドリンクを飲んでたらチーママらしき人が声を掛けてきまして。

 

日本語が多少わかる方みたいでしたが、『誰か選ばないのか?』という問いに
ただ、のんびり見ているだけだからと丁重にお断り入れさせて貰いました。

 

特にドリンクくれくれ要求もなくそっとしてもらえるのはありがたい事でして
しばらくステージを眺めていた所。

 

入り口から一人のゴーゴー嬢がズンズンズンと私の方に近寄ってきまして。
おデコが広いのデコ助嬢としておきましょうか(笑

 

デコ助嬢「私カワイソー!ドリンク頂戴!!」

 

K「えぇ(;′Д′)嫌だよ・・・ってか誰だよ」

 

デコ助嬢「私は○○、あなたは?」

 

K「・・・・Kです」

 

デコ助嬢「よろしくーー!!」

 

デコ助嬢「ねね、ねね、ドリンク飲んでいいよね?いい?お願い?」

 

K「・・・・・だから嫌です(;′Д′)」

 

デコ助嬢「なんでー!私今日お客さんいない!かわいそう!」

 

K「・・・知らんがな・・・(;′Д′)」

 

そんな永久ループのやりとりを見るに見兼ねてか、
チーママらしき人が援護してきました。

 

ママらしき人「この子お客さんいなくてかわいそうだから一杯あげて」

 

すでにデコ助嬢はがっちりと私の横の席をキープしておりまして・・・

 

K「・・・しょうがない一杯だけね」

 

って事でドリンクをあげる事にしたのでした。

 

なんだかんだ言って意外と押しに弱いんですよね私(笑
まぁ、愛嬌のある感じの子でしたし、これはこれでネタとしては面白いのかなと思います。

 

そういえば、パタヤじゃどこもかしこもお客さんが多かったから
こういうアプローチははなかったなぁ( ′ – ′)

 

で、結局なんだかんだで1杯だけのつもりが2〜3杯は奢っちゃったかなと思います。

 

ちなみに今回は最初から特にタイ語を喋れるのは隠してはおらず終始タイ語での会話でした。

 

特に一緒にホテルへ行こうとかそういう誘いもなかったですし、
こうノリの良い嬢って話してるだけでも面白い子は楽しいので悪い感じはしませんでしたね。

 

 

デコ助嬢「そうだ!LINE交換してLINE」

 

K「良いけども」

 

というわけで、なんなく相手のLINEもゲットしたわけですが、
うまく言えないですが、結構珍しいケースの連絡先交換だったなと思いました。

 

何が嵌って交換に至ったのはちょっとわからないんで、
元々性格が明るいフレンドリーな嬢なのかもしれません。

 

その割にはがっつり刺青が背中に入ってるんですけどね(笑

 

まぁ、その辺りは全く気にしないんであれですが、
自分が今まで交換した嬢の中ではいなかったタイプなので
いつもの事ながらゆっくりと適度に距離を詰めていきたいと思うのでした。

 

 

・・・・・後日

 

 

 

まさかのパッポンのキングスコーナーに電撃移籍(笑

 

ん?あっもしかして新規顧客獲得の為にLINE交換されたのかな?
まぁ、それはそれでむしろパッポン界隈の方が好都合ではあるんで、
機会がある時にでも顔を出してみようかなと思います。

 

電撃移籍の時は顔を出してあげるだけでも好感度UPのチャンスゾーンですので、
こういうケースの場合はたとえ営業であっても移った新規店の場合(初日)
率先して行ってあげましょう。

 

相手の女の子側も勝手がわからない事も多いでしょうし、多分喜ばれると思いますよ。

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket