ナナプラザのゴーゴーバー・エロチカで元彼女の親友と遭遇する

medium_10122387234

すべての記事の予定をすっ飛ばして・・・
ちょっと昨日、びっくりどっきりする事があり
思わず先に言いたいなと思ったので投稿する事にしました。

先日、駐在している読者の方とお食事と夜遊びに誘われて
ナナプラザを訪れたときの事です。

この辺り細かい事はまた後々に記事にしますが、
ナナプラザのエロチカに訪れた時に事件は起きました。

最初はなにげなーく店内を読者の駐在さんと見て回っていて

K「愛想いいお店ですよねぇ〜」

なんて、言いつつもとりあえず他の店も見てみたいという
読者さんのリクエストの元、ちょい見してお店を後にしようとした時

入り口付近でふと声を掛けられます。

?「K!!」

K「ん??」

そして振り向く私

・・・(;・ー・)
どっかで見た事あるような顔なんだけど・・・

えーーっと・・・・・・・

K「あ!!!!思い出した・・・・元彼女の親友の子」

2年振りくらいに会うのでかなりウル覚えでしたが・・・
元彼女の親友はよく覚えていてくれたみたいで・・・

元彼女の親友「っていうか髪の毛長過ぎ・・・切った方がいいよ」

(;´Д´)えっ・・・問題はそこですか?

元彼女と付き合っていたときはある程度伸びて来た時に切らないと
怒られていたので、今程髪の毛は長くはなかったのですが・・・

いきなり再会してそれですかorz

というか・・・個人的な問題はそんな所じゃなく
この子もずっとバービアで働いてた子だと思ってたんですが・・・
まさかゴーゴーバーで働いているとは夢にも思わず・・・・

本気でびっくりしました。

K「もしかして・・・
          元彼女も一緒に働いているとかないよね?」

元彼女の親友「彼女はここやゴーゴーバーで働いてないよ、○○の○○」

それを聞いてちょっと安心しましたが・・・・
逆にそっち側に行きたくなりました。

とりあえず、動揺しつつもエロチカを後にした訳なのですが・・・

動揺が表に出過ぎていて、
読者の駐在さんにものすごーーーく心配をお掛けしました。

そうとう沈んでいて余裕がなかったらしく(笑

読者の駐在さん「Kさん大丈夫ですか!?」

ともう、しきりに安否を心配されておりました。
ごめんなさい、情けないですorz

そして、全店見回った所、お店でどっしりと腰を構えて
居座ろうという話になった時に

私の仲ではどうしてもエロチカのあの元彼女の親友の事が頭から離れず
それを察してくれた読者の駐在さんが、

読者の駐在さん「もし、Kさんが問題なかったらさっきのお店エロチカに行きますか?」

と、逆に気を遣ってくれて、提案してくれました。

もちろんその提案を受け、再びエロチカへ。

別にその親友が好きで落としたいとかそういうのでなくて、

現状の元彼女の状況はどうなのかが
ものすごーーーく聞きたかったんです(´・ω・)

(・・・なんだかんだで未練タラタラ)

ちなみに、この子と私の関係ですが、
元彼女の親友という事もあり、結構昔は3人でよく遊んだ仲だったり、
困った時に助けてもらったりと、色々とある仲だったりします。

一緒にご飯を食べたりとかは当たり前の様にしてましたし、
BIG-Cにみんなで買い物に行ったりとか、
あとは、パスポートが盗難された時にも
イミグレーションにも一緒に付き合ってくれたりと

色々と思い出のある女の子です。
(もちろん3人で)

あと、一番の思い出は、
私・元彼女・元彼女の親友・元彼女の親友の彼氏

この4人、2泊3日でサメット島へ行った事でしょうか。

とりえあず当時はそんな仲だったりします。

さて、お店にINしますが、元彼女の親友は外には居ずに
既にステージで踊っていました・・・

エロチカのお店の特徴として踊る時上はトップレスなんですが

正直、元彼女の親友のトップレスを見るのは・・・

いい乳している・・・・

じゃなくて単純に気恥ずかしいものがありますね・・・

正直目線とか絶対合わせられないし
直視できませんでした。

多分、イメージ的に風俗店に遊びに行ったら
なんと、中学校時代の同級生が付いた!

みたいな感じ(笑

元彼女の親友も、少しそういう感じがあるのか、うちらが席に付いたら
コチラ側を向いて踊る事はなかったです(笑

まぁその方がむしろありがたかったのでいいですけども

その後、ダンスの入れ替えがあり元彼女の親友が
降りて来てこっち側に来てくれます。

とりあえず話したい事あるから座ってと頼んで
元彼女の親友を席に付けます。

丁度併せて読者の駐在さんの方にも女の子が付いた形になったので
少しゆっくり話せそうな雰囲気になりました。

と、いうわけで私が今一番聞きたかった事・・・
それは

元彼女は元気で
やっているのかどうかという事です。

話を聞くと

元彼女の親友「今彼女は私と一緒に住んでるよ」

K「ん??何一緒に住んでるの?(;´Д´)」

という事は、確実に今日の話はすぐさま伝達される事でしょう。

元彼女の親友「Kは今郊外に住んでるんでしょう?」

K「最近引っ越してホイクワン付近に移ったよ」

元彼女の親友「そうなんだ・・・」

K「あいつは今仕事してるの?」

元彼女の親友「彼女今月からまた再び、○○で仕事を再開したよ」

K「なるほど・・・会いたきゃそっち行けば会える訳ね・・・」

・・・もしかして元彼女、彼氏と別れたかな?
という事が少し頭の隅を過ります(笑

K「っていうか元彼女の親友はここでどのくらい働いているの?」

元彼女の親友「今月から戻って来てまた働きだしたの、前に一緒にサメット行った彼氏と別れたし」

元彼女の親友「5ヶ月前に元々働いてたんだけどね」

K「あらそう・・・(;´Д´)」

てっきり同じバービア嬢だと思ってたんですけど・・・
実はゴーゴー嬢だったんですね・・・・

その割には遭遇した事がなかったので・・・
非常に今回驚きましたけども

という会話を続けていると・・・・
サービスが二人で上へ行かないのか?という合図を送ってきます。

K・元彼女の親友「友達なんで・・・」

と二人して、全力で拒否
サービスに元彼女の親友が事情を説明します。

そうそう、それと、元彼女の親友の特徴なんですが、
実は・・・元彼女と顔が似てるんですよね(笑
髪型も同じ感じなので、よく昔はからかっていたんですけども。

まぁ・・・連れ出しなんて、そんな気まずい事は出来ません(笑

元彼女の親友「元彼女・・・
今でもKにキットゥンナ」

K「うそん・・・(´・ω・)だってこの間電話ちょっとしたらすぐ切られたよ」
(実は夜中の深夜に酔った勢いで最近電話した事があります

元彼女の親友「・・・仕事中だったんじゃないの?」

K「さいですか・・・(´・ω・)」

元彼女の親友「私が今度話しておいてあげるね」

K「アザース!!」

また、今度電話してみようかなぁ・・・

そんな事を考えつつ、読者の駐在さんの方を見ると・・・
なんだか非常に楽しそうにやっておりました(笑

読者の駐在さん「Kさん!このお店でぱーっと行きましょう!
彼女にもがんがん飲ませてあげてください」

K「あっ・・どうもっす!」

というわけでお言葉に甘えて色々と彼女に
ドリンクをオーダーして貰うのでした。

ちょこちょこ合間に彼女が頼んだドリンクをぶんどって飲んでいたら

元彼女の親友「Kは性格はいいけど・・・お酒の飲み過ぎは良くないよ」

元彼女の親友「私が飲むから大丈夫」

と、釘を刺されました・・・相変わらず、性格いいなぁー

正直持ち帰りが出来ない分、
その後の負担をとちょっと考えましたけど・・・

彼女からしたらそれが仕事なので、
そういった気遣いは無用だったみたいですね。

というか単純に私に酔って欲しくなかったんでしょね

いずれにしても、今回おかげ様でなんだか心が少し晴れたというか・・・
現状の元彼女の状況が詳しく聞けてなんだか良かったです。

付き合わせてしまった読者の駐在さんも
なんだかんだでその付けた子をお持ち帰り決定(笑

意外と気に入ったみたいで良かったです。

むしろ・・・

読者の駐在さん「いいネタになりましたね!!」

と、そのネタの場に出会えて良かったみたいでして(笑
まぁ楽しんで頂けて何よりです。

またまた、新たな展開になるかどうかはちょっとわかりませんが、
出来る事なら
元彼女と元彼女の親友と私3人でまた食事等に行けたらなぁって思います。

果たしてそういう日はくるのかどうか・・・
神のみぞ知ると行った所でしょうか

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: sobri via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket