ナナプラザのレインボー4にて、なかなかおっと!?思う子に出会えないんです

14504270421_cdf5b227a3_z

 

この間、読者さんと廻っていた時全レインボーグループは制覇しました。

 

先日の、レインボー2を出た後は、お隣のオブセッションのお誘い華麗に交わしつつ
向かうは日本人に今でも根強い人気を誇っているナナプラザのレインボー4
当然のように突撃致します。

 

日本人の方もかなり多くの方を見かけるレインボー4は
一体どこに魅力があるのだろうか・・

 

個人的にはまだその一端を味わえないでおります(´・ω・)

 

というか、多分ゴーゴーバー遊び自体にそれほど楽しさを
感じてないのかもしれません、と最近思ってきました(笑

 

まぁそんな感傷はさせおき、読者さんとレインボー4へ突撃する訳ですが、
もちろん初来店の読者さんは店内の様子と、熱気、そして二つのお立ち台上で
踊るゴーゴー嬢達を見て、圧倒されているみたいでした。

 

やはり、人数的な所でゴーゴー嬢の多さ、そして、
箱的なお客との密着度具合の雰囲気は他のお店に比べたら盛り上がっているといった印象を受けるような作りになっていますよね。

 

店内は広すぎず、せますぎず、
踊っているゴーゴー嬢との距離感も店内でマッタリするには重要な要素の一つ
なのかもしれません。

 

例えば3Fのビルボードとか、バブルスとか
箱はかなり広く窮屈さを感じない作りになっています。

 

でもあの広さちょっと無駄すぎませんか?(笑
というか、ステージとの距離がかなり離れている為に
外野席から眺めているような印象を受けます。

 

ゆったり座れて非常に良いとは思うんですけど
なんとなく、疎外感を感じるような気がして、
隙間が寂しいというか、逆に落ち着かないというか・・・

 

まぁそんなのはチョー可愛い子がいたら関係ないですかね(笑

 

さて、話を戻しましてこの日は左ステージ前のかぶりつき席へ着席
いわゆる上半身はオープンステージですね。

 

一杯のドリンクを注文後は、読者さんへ『一回ぐるっと廻ってみてはどうですか?
と、提案し、好みのゴーゴー嬢が居るかどうかを確認してきてもらいます。

 

待ってる間は適当にビールを飲みつつ店内の雰囲気を色々と観察です。

 

戻ってきた読者さんにどうですか?と尋ねると、『首をかしげる』ポーズ
なるほど、この日、確かに言わんとしている事は良く分かる気がします。

 

ゴールデンタイムでのナナプラザのレインボー4だったのですが、
この日は圧倒的にレインボー2の方が可愛い子が多かったです。

 

というか・・・日本人が好きそうな感じの子の比率が減っているような
むしろファラン好みの方向へ行ってるような・・・

 

実際後も含めてレインボー1,レインボー2,レインボー3
この日レインボーグループ全部見ていた訳ですが、
その中で3店舗は大体2~3人は『おー』と思う子は存在していたんですが、

 

唯一レインボー4だけはそういったゴーゴー嬢に
お目にかかる事が出来ませんでした。

 

主要のハイクラスのレインボー嬢は既に席に着いていた
といった可能性も捨てきれないのですが、一応ダンスは回転するまでは
粘って見ていたんですけど、『まぁ人数は多いかなぁ?』という印象です。

 

というか、多分他のナナプラザのレインボーグループのレベルが
上がってるんでしょうね。

 

その辺りの事は以前ナナプラザのゴーゴーバーランキング2015年度版
にて書いてるんで参考にしてください。

 

圧倒的にレインボー4ファンが多いのは確かなのですが、
もしかしたら、色々と今後レインボーグループ内でも賛否両論
お客さんも一店舗集中型から分散して行くかもしれません。

 

ちなみに私は、顔だけならレインボー2
雰囲気と合わせて総合だとレインボー3が今あついかなと
個人的には思っています(笑

 

その他ナナプラザソイカウボーイパッポン等の記事についてはコチラを参考に

 

タイのゴーゴーバーについての事情はコチラで詳しく説明しております。
各地のゴーゴーバーで夜な夜な楽しみましょう!

 

photo by flickr

[`livedoor` not found]
Pocket