バンコクで現地採用として円滑に仕事を進める方法

2

medium_3060611351

今日はバンコクで働く上での
ちょっとしたコツ的な事を書いてみようかと思います。

ちなみにコレは駐在員の方達には適用はされないと思いますので、
ご容赦ください。

あとは日本人しかいない職場などにも適用されません。

あくまでタイ人と働く上での
心得だと思っておいてください。

まず一般的にタイはどういう社会なのでしょうか?

タイは日本よりもさらに厳しい階級社会となっています。
基本的にゴーゴー嬢等が大学を卒業した若手のお金持ち等と付き合える確立は
ほぼ皆無、バンコクっ子達は基本田舎から来てる人達を相手にしません。

なおかつ、横の繋がりを非常に大切にする社会です。
年が経っても同じ大学の繋がりだったりを重要視します。

あとはタイのオフィス等で働いている人達の感じなのですが、
かなり女性が中心の社会なのかなというのを感じています。

マネージャークラスがみんな女性なんて話も
全然珍しくないです。

という状況を踏まえた上で、
実際貴方が現地採用として、組み込まれる場合は多分
上司的な立場及び同列の立場には
かならず女性が割り込んでくると思います。

ここで接し方を間違うと、その職場での位置づけが
天国から地獄になるという状況に陥る可能性があるので

めんどくさいですが、注意が必要です。

で、具体的なコツですが・・・・・・

逆らわずに気に入られろ

です。

はっきり行ってポッと入った日本人を
いきなり現地の人達は信用してくれません。

上司的な立場の人が何年プレーヤーとかならなおさらです。
その職場にいる他のみんなも、その方の意見を基本聞きます。

なので、とにかく好かれるようになるのが
一番仕事を円滑に進める為の重要なファクターになるんですよ。

あと絶対怒っちゃ駄目。
嫌な事あっても最初は我慢する。

これができないと社内で総スカン食らいます。
何せ外国人なのですから。

例え自分が正しいと思っても、それをストレートに伝えるのはNGです。
仕事していると分かりますが、プライド高い人多いのですよタイは(;´д`)

そこをうまく交わしつつ、気に入られるようになれば、
仕事で何かあっても優しくサポートしてくれますので、

意外と融通が利きます。

情けないと思いますでしょうか?
でも・・・こればっかはしょうがないんですよねぇorz

ガツン!と言いたいのであれば、
誰もが認める結果を残した上でなら
言えますがね。

いきなり入ってその状況に持っていくのは難しいでしょう。

まぁでも地道にニコニコやってればいつか光明が差すと思いますので、
根気強く行きましょうね(*´ー`)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

photo credit: Ian Fuller via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

2件のコメント

  1. でも、時には怒らないと俺みたいになります・・・
    もうナメ切られていて、まったく言う事を聞かない状態ですからね。

    しかも来年から、タイ人の上司がつくことになっています。
    建前上では同列とのことですが、実質は俺の上司になるのでしょう。

    タイ人に、日本との橋渡しが本当にできるもんならやってみろ・・・
    という話です。 ←これ、ハッキリと日本には言いましたけどね。

    それができないからこそ、駐在員や現採という存在価値があるわけで。
    俺自身も、いろいろと考える時期にきているようです。

    • 怒るタイミングってホント難しいですよね・・・・orz

      でも舐められても出来ることなら
      穏便に解決できる方向を模索する方が良いと思います。^^;

      タイの人は上の人から言われたことにはハイハイ!と言いますが、
      言うだけでやらない人がほとんどですし、
      そういうのを監督する上でもやはり駐在・現地採用のポジションは大事だと思います。

Leave A Reply

CAPTCHA