バンコクで1万バーツ以下の賃貸アパートを探し長期契約するにはどうしたら良いのか?

 

最近引越しをしました。

 

タイでの暮らしもおかげさまで6年を迎えまして。
その6年の間でバンコクでの住処は4度程変わっております。

 

そして、5度目の引越しを先日終えました。

 

1〜2回目は完全に会社の人達のツテで決まっており、
部屋を観に行くのに会社のスタッフが同行してくれた為に全くもってスムーズに事が運び
特にトラブルなく決める事ができました。

 

3、4回目の住居は知り合いの方のツテで空いてる部屋を格安で借りる事が出来ていたので
これも、特に困ったという事はなく、なんだかんだで私は今まで

 

自分一人で部屋を決めた事がなかったりします(笑

 

そんな中、今回は完全に自分一人の足を部屋を決めたわけですが、
よくアフィリエイターの記事とかで『生活費を安く抑えるなら5000〜6000THBの物件がいい』
とか、言って体験したこともない記事あるじゃないですか?

 

あーいう記事は適当に頭の中の計算だけで決めている事であって、ネットで安い物件を観て
=安く生活費が抑えられるとかいう思考の記事なんで実際に契約してないだろうし、

 

そういう安い物件を決めるには意外と労力が必要で、
タイ語がある程度喋れて理解できてないと難しいという事。

 

タイへ長年通っている人ならいざ知らず、
移住したての人が自分で探すには難易度が高いんじゃないかと個人的には感じます。

 

というわけで、実際に私が部屋を決めた流れをご紹介してみたいと思います。

 

今回まず、引越しする際にウェブサイト上で物件をまずは探してみました。

 

まず、日系の不動産サイトは1万バーツ以下の物件を扱うという事がないですから、
必然と英語もしくはタイ語で書かれている現地向けのサイトを使用する事となります。

 

ちなみに、余談ですが、コンドミニアムに関してはオーナーとの直接契約という流れになるので、
業者を介してもしくは直接オーナーが募集している連絡先に交渉といった具合でしか、
基本的にコンドミニアムの契約に関しては出来ないと思ったほうがいいです。

 

もしくは個人的にコンドミニアムを持っているオーナーと知り合いとかそういうケースのみ。

 

まぁ、その辺は置いといて今回アパートをネットでまず探す事にしました。
その際Googleで検索した文字列はこちら

 

อพาร์ทเม้น กรุงเทพมหานคร

 

アパートメント バンコク です。

 

 

http://www.renthub.in.th/en/apartment/bangkok

 

このサイトはデフォルト言語はタイ語なのですが、英語表記もあるので
比較的に格安のアパートメントを探す場合には便利なサイトだと思います。

 

基本的な見方としてバンコクのアパートメントを契約する場合大事な事は

 

 

私の場合ですが、デポジットと前家賃がどのくらいかかるのか?という事に割と重点をおいてました。

 

色々と調べましたが、バンコクの場合ですと、
デポジット2ヶ月+前家賃1ヶ月というケースの物件が多かったですね

 

まぁ1ヶ月、1ヶ月の物件もありますけど、立地の良い場所は3ヶ月くらいの所がほとんどだった気がします
ですので、バンコクで長期契約を図る場合はおおよそ、3ヶ月分くらいは入居する前に
支払いをしなければいけないという事は覚えておいたほうが良いでしょうね。

 

 

あとはやっぱり立地がわかるサイトは非常に探す上で重要なファクターの一つですが、
他のタイのサイトの場合はイラストレーターで作成されたマップとかをまだ掲載している所もあるんで
そうなってくると条件が良くてもわかりずらいなんてこともしばしばありました。

 

他にも探せるバンコクのアパートを掲載しているサイトとして、

 

 

http://www.thaiapartment.com/

 

 

 

http://www.thairoomonline.com/

 

といったサイトを見比べて予め物件の候補を決めました。

 

あとは割と公式のwebsiteを持っているアパートメントもあるみたいなので、
こういった物件のサイトで物件名を確認してgoogleで検索すると公式がでてくるので、
合わせて条件等をサイトと比較してみると良いと思います。

 

 

http://www.saintviewhouse.com/

 

とりあえず、物件に目星を付けるという所まではスムーズにいくかと思います。

 

では、こっからどういう風に空いてるかどうかを聞くのかと言いますと、
あくまで自分の場合ですが、電話をするのはあえて避けて直接アパートメントへ足を運びました。

 

大抵のアパートメントであれば1階に管理事務所(infomation)的な所があるので
そこで空き部屋があるのかどうかを聞きます。

 

基本的に安い物件の管理事務所に関しては英語が通じる事はほとんどないと思います。
ので、タイ語での交渉となります。

 

もうこの段階でタイ移住初心者に薦めるべきレベルの物件じゃないってわかりますよね?

 

さらに、格安アパートメントの場合外国人の長期入居契約を拒否する傾向もあります。

 

 

今回物件を決めるのに6件くらい観て回ったんですが、

 

3件は満室ですねと程よく断られました。

 

まぁ・・・本当に満室ならしょうがないですが・・・
ただ、タイ語のニュアンスが通じなかった所があって、そこはその時点で満室ですって言われました(笑

 

 

あとはネットで掲載されている価格より倍額高い金額を言ってきたアパートメントもあり
これは外国人だからそういう価格を言ったのか、はたまた単純に家賃が上がったのか、
もしくは外国人だから拒否る為の口実として高い部屋を案内したのか

 

あーあと、基本マンスリーで1年契約は出来ません的な事は言ってたっけな。
ネットには1年契約できるってあったけど(笑

 

一応タイで出来るアパート契約における形は
おおよそ3通りの形態があります。

 

1ヶ月契約・6ヶ月契約・1年契約です。

 

この形態の中で契約をする事で
それぞれデポジットそして、家賃も変わってきます。

 

まぁ、そんなわけで結局自分で目星をつけた所はほぼ全滅状態だったわけですが(笑

 

とりあえず、一個前に住んでたアパートに行ってみるか、と行って聞いてみた所、
そちらは以前私が入居していた事を覚えててくれてかなり親切に対応してくれました。

 

そこは8000THBの家賃でデポジット3ヶ月だったのですが、
手持ちで22000THBしか持ってきてなくて、少し予算オーバーだなぁ〜的な話をしてみたら

 

「あぁ1ヶ月分のデポジットは翌月の家賃の中で払ってくれればいいよ」

 

みたいな割と融通してくれるようなアパートメントも中にはあります。
ので、タイ語で交渉できる方はしてみると良いと思いますね。

 

ただ、「今日から住んでいい?w」みたいな事を聞いたら
さすがに部屋をクリーンナップ中との事だったんで一日待ってくれみたいな事は言われましたので
今回は見合わせましたが。

 

部屋を決めるポイントの一つとして、管理事務所の人がフレンドリーという事も
ある程度長期で住む場合は考慮したほうが良いと思います。

 

というのは何かあった際にイミグレーションや在タイ日本大使館にて
アパートの契約書や各種書類を提出しなきゃいけなくなってくるので、
何かそういう書類等を迅速に出してくれるかどうかも考えないといけません。

 

そういう意味ではこの前回住んでいたアパートメントの管理者の方はものすごーく良い方なので
契約するなら立地や条件面も大事ですが、外国人として管理人(information)の良さでも選ぶ事をお勧めします

 

で、最終的に私が今回引っ越したアパートをどう見つけたかといいますと。

 

完全に適当歩いててここ聞いてみるかで決めました(笑
事前にネットで下調べした意味がねーっていうね。

 

まぁ、直感で決めたというか、
まず形態がアパートメントではなくてホテルです(笑

 

なんですが、1年契約する契約書を発行してくれる上に
訪れた当日から入居OKかつ、デポジットも2万バーツ以内で家賃7500THBと

 

条件が悪くなかったです。

 

説明聞いててそう思ったので、疲れもあったしノリで決めてしまいました(笑
駅まで徒歩5分くらいという立地も申し分ないでしたしね。

 

あとはレセプションの人たちも良さげな人そうでしたし。

 

なので、部屋を観た上で
その後契約書にサインをしつつ、キーカードをいただき無事一軒落着という流れです。

 

というわけで、5000THB~6000THBくらいの物件を勧めているアフィリエイターが
如何にそのタイ・バンコクの物件で長期契約して住んでいないか。

 

流れを見ておわかりいただけると思うのです。(笑

 

じゃあタイ移住初心者はどう決めたらいいの?って話になってくると思いますが、
とりあえず、女の子でもなんでもいいですからタイ人と一緒に廻ってもらう事だと思います。

 

じゃないとはっきり言って5~6000THBの物件を長期契約するのは難しい気がします。
まぁ、契約書もタイ語の契約書ですしね。

 

外国人が多いエリアはアパートメントの契約書等英語のケースもありますが、
バンコク郊外のアパートメントとなるとまずタイ語だと思ったほうが良いでしょうね。

 

というわけで、今日は長々と1万バーツ以下の物件を決める流れを書いてみました。
ご参考までに。

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket