バンコクにもスナックタイプの飲み屋があるスクンビットソイ33のほしへ

6803380217_a17061674b_b

 

同じルーティンばかりのお店の紹介ばかりでしたが、
ここらで新規なお店でもという事で重い腰を上げて久々に開拓してきました。

 

今回スクンビットソイ33に顔を出した際
ふとどこかいいお店はないものかと知り合いの方に打診して見た所

 

時間制ではなくて飲んだ分だけ+チャージ制の所謂日本で言うところのスナック制のお店があるよ
という情報を元に今回Jpanese Snack Barの『ほし』というお店に行ってきました。

 

場所的には私ここのお店の向かいのザ・バールはよく行ってるんですけど(笑
確かに奥にお店はあるなぁという認識しかありませんでしたがスナック形式のお店だったとは

 

結構スクンビットソイ33は割合で言うとカラオケ系・ビアバー系・マッサージ系のお店が
ひしめき合っており、3・2・5ぐらいのブレンド具合でしょうか?

 

個人的にはマッサージ店が多いイメージのソイですね。

 

さて、さっそく黒いスモークが掛けられているドアを開けて奥へ・・・
するとかなりながーいカウンター席の光景が浮かびます。

 

それとは別にボックス席もあり。

 

まずはメニューを貰って女の子からシステムの説明を受ける事に
(ちなみにかなりの確率で日本語が通じます)

 

というか日本で4年働いてたとかそういう子も存在しているので
普通に日本語で喋って通じないという事はなかったですね。

 

さて、肝心のシステムですが、

 

テーブルチャージとサービスチャージが固定で掛かるみたいですね。
それがおよそ300THB

 

あとは自分が飲んだ分、女の子に飲ませた分だけ掛かるという印象でしょうか。

 

女の子ドリンクは飲ませるのに一杯100THBだそうですが、
自身がグラスで飲み物を頼んでいる場合は別途ビールなどを購入しないとダメみたいですね。

 

お通しは果物です。
メニューにはドリンクオンリーで特におつまみはない感じでした。

 

何人かに試しにのませて見ましたが2人はテキーラショットにビールを注ぐ感じ
1人はキチンとグラスに注いで飲んでくれた。そんな感じでした。

 

まぁ一杯100THBという事を考えるとテキーラサイズのショットで
ビールを飲まれるのもしょうがないといえばしょうがないですが
個人的感想としてはグラスで飲んで欲しいものですね(笑

 

でもこの辺りはしょうがないというかなんというか・・・・

 

Jpanese Snack Bar ほし の特徴として、一見さんが行くお店ではないのかなと感じました。
元々ここのママさんは不死鳥グループで働いてたって方でこのソイ界隈のお店に色々と顔が効くそうで

 

遊びに来ているお客さんも常連の馴染みのお客さんが多いのかな?と感じました。

 

さらに楽しいか楽しくないかで尺を測るのではなくてなんというか

 

和めるかそうでないか?で測るお店なのかなと

 

カラオケも完備しているのでもちろん歌えるのですが、
エグザイルとか歌うようなお店ではなくてロードでしんみりするとか(笑

 

演歌でしみじみとグラス片手に嬢と雑談する紳士が集うスナック。

 

そんな印象を受けました。
ゆえに40代後半〜くらいからの方でのんびりしたい人に向いているお店かもしれません。

 

ただ、私的には少し物足りない感じでしたけども

 

お酒のラインナップは結構色々と揃えているみたいで、
久々にチョーヤ梅酒飲めたのは良かったかな(笑
グラス一杯160THBです。

 

働いてる嬢のラインナップですが、比較的落ち着いた嬢が多いかなと
でも数人若い子も混じってたりと皆さん穴場的なお店として楽しんでいる印象を受けました。

 

いずれにせよ、もっと楽しく飲むには通わないとダメなのかなぁと
けどまぁ、飲んだ分だけのお店なんでボトル入れないで調子に乗って飲んでいると
カラオケクラブのセットより全然高くついたりと(笑

 

お会計1500THBくらいでした。
まぁ、

 

・ジャック・ソーダ3杯
・チョーヤ梅酒2杯
・嬢用ビアー
・3人に飲ませる
・チャージ代

 

お会計自体はキチンと明瞭で妥当でした。
自分が飲み過ぎっていうね(笑

 

ちなみにカラオケのスピーカー・音量共に上々なので
まったりと一人で歌いたい気分だなぁと思う方にも良いお店なのかもしれません。

 

というか・・・ボトルを入れて飲むお店だなと思いました。
こういった落ち着いた雰囲気が好きな方は是非ボトルを入れて通ってみると良いと思います。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket