バンコクのクラブスポット・RCAのオニックス(ONYX)へ行ってみた

IMG_2092

 

普段基本的にクラブにあまり顔を出さないのですが、この日は
アユタヤの兄貴が誘ってくれたのでせっかくなのでお邪魔する事にしました。

 

参加メンバー男性チームはアユタヤの兄貴・ウアン君・私
女性チームはアユタヤの兄貴の彼女、スティサンレインボーで働くマダムと
レインボーの子達何人かを連れて来てくれると言う事で

 

誰が来るのか分かりませんでしたが、
とりあえずちょっと人と会う約束があり、その約束終了後に
現地RCAのオニックスにて合流する事にします。

 

ところで、少し話は変わりますが、
皆さん、ゲップタン(キッタン)とチェックビンの違いは分かりますか?
両方ともお会計の際に使う言葉として
タイへ良く来てる方は聞いた事あるんではないかと思います。

 

私も最近まで知らなかったんですが、
この言葉は

 

状況によって使い分ける必要が実はあるんです。

 

情報の元はアユタヤの兄貴から教えてもらいました(笑
そして、聞いて納得というか、確かにタイ人の人達もそういう状況の時は
そっちを使っていたなぁと言う事で私も非常に納得しました。

 

さて、このチェックビンとゲップタンの明確な違いですが、
『ゲップタン』を一般的なレストランで使うのはちょっと間違っている言葉であり、
タイ料理の屋台等で『チェックビン』という言葉を使うというのも
一般的ではない
そうです。

 

根本的な『チェックビン』とはいわゆる英語のCheck Billから
来ていると思うんですが、英語の訳通り、注文した伝票を確認して→お会計
となるわけです。

 

なので、一般的な室内等のレストランであれば、基本的には伝票で注文を管理している事から、『チェックビン』という言葉を使うのが一般的であるみたいですね。

 

さて、一方の『ゲップタン』こちらのゲップは片付けるとか
そういった意味を持っている言葉なのですが、タンはお金かな

 

一般的なタイの屋台で食事をした事がある方なら分かると思うんですが、
まず根本的に屋台って伝票に記載しないんですね。

 

そして、お会計の際はその場に来て計算するのが一般的なタイの屋台であり
そういったお店に足を運んだ時には『チェックビン』を使わずに
『ゲップタン』を使うのが通常みたいです。

 

よく職場のお昼に度々タイの屋台で食べてましたけど、
同僚の言葉から『チェックビン』と聞いた事は一度もそういえばなかったです。

 

タイ人だからそうなのかなぁ〜なんて思ってたんですが、
実は、状況によって使い分けているみたいですね。

 

ひとつタイの事でまた賢くなれました(笑

 

『チェックビン・ドゥアイ』

 

『ゲップタン・ドゥアイ』

 

皆さんも状況によって使い分けましょう(笑

 

さて、話を戻しまして、
無事人と会う予定を消化し、RCAのオニックス(ONYX)へ向かいます。

 

多分着いたのは11時過ぎでしょうか。
ウアン君やアユタヤの兄貴は既に中で飲んでいるらしく
入場料400THBを支払ってお店に入ります。

 

そういえば、一般的にディスコ・クラブは一般の素人の女の子が多く遊びに来ていて
ナンパし放題なんていう話を耳にしますが、まぁ、確かに多少は存在しているんでしょうけど

IMG_2090

 

例えばこの外で待っている子達、
女の子同士でマッタリと遊びに来ている子達かと思いますか?

 

実は彼女らはお店側に雇われてかどうかはわかりませんが
少なくともこのお店から何かしらの要請があって来ている子達なので

 

まったくもって一般の子でもなんでもありません(笑

 

で、何をしているかというと、男性からの声掛けを待っている玄人集団です。
そして、声を掛けられたら一般の子の振りをしてお店に入り盛り上がって
最終的には一緒にという流れも・・・・

 

こういう手法をクラブ側が取り入れていると言う事は
おそらくこの界隈のクラブや他の地域のクラブでもこういった

 

サクラ要素の子達が意外と
存在しているのかもしれませんね。

 

なので、クラブで本当の一般的な子に当たる確率って
実は結構低く、35%サクラの子35%は夜のお店の子達、残りの30%

 

3/1の確率くらいじゃないですかね?
いやどうだろう・・・もっと少ない気もするかなぁ(笑

 

まぁ、別にクラブでどうこうしたいとか今後通うつもりもまったくないし
あんまり検証するつもりもないので眉唾な話と思っておいてください。

 

ちなみに、この話の情報元はマダムからのありがたい情報です
さすがマダム!人生経験が豊富なので色々と知ってますね(笑

 

IMG_2091

 

さて、肝心のマダムが連れて来た女の子のメンツですが・・・・
スティサンの子・元スティサンの子が3人と一般のお昼に働く子が1人居ました。

 

まぁ・・・全員見た事なかったですけども(笑
しかも私が来た時にはかなりの数のボトルを入れているし・・・・

 

大丈夫ですかコレ・・・(;´Д´)
ほとんどアユタヤの兄貴が支払ってくれましたが、
つーかこのクラブONYXは高いですね。

 

というか女の子達が遠慮せずに多分高いボトルを
入れ過ぎなんでしょう(笑

 

と、暫くした所でウアン君途中でお帰りなられました。

 

というわけで、男2人、女の子5人というアンバランスさで盛り上がります。

 

マダム「K!今日の子達可愛いでしょ!みんな彼氏居ないよ!」

 

K「(;´Д´)そうですねー可愛いですねーなんで居ないんですかねー」

 

お酒が入るとマダムは異様にテンションが高く
アユタヤの兄貴も手を焼くやんちゃっぷり

 

でも兄貴はそういう所もひっくるめて好きなんだろうなぁ(笑

 

と、ここでなんかタイ人男性が唐突に席に割り込んで来る
最初はナンパか何かかな?と思ったけどもどうやらそういう感じではなく

 

テーブルに居る女の達も何人かはしってる感じ

 

(´・ω・)うーーん・・・・風貌的にホストな印象を受けるこの気配
とりあえず暫く動向を見守る事に

 

丁度この時兄貴もマダムと一緒にどこかトイレに行ってて
このタイ人男性はなんなのか聞けなかったんですが・

 

勝手に挨拶もなく席に来て飲んでいるし(笑
というわけで、どうやって追っ払おうかなと思案中・・・・

 

(°∀°)!ソウダ

 

1.とりあえず、こっちからまずは自己紹介して行く
2.なんとなくフレンドリーさを醸し出す
3.まぁ席にきたんだからショットで一杯なみなみ次いだ酒を飲んで行けよ!と進める
4.タイ人男性だけに飲ませるのは悪いからこっちも飲む
5.おっー一気で飲んだなぁー?3-5の繰り返しループ(笑

 

まぁポイントとして、こっちもちゃんと飲まないと駄目ですよ
で、相手が根を上げて飲めないという動作を見せたら

 

6.飲めないならココに居るなよーと追い払う

 

って言う事をやって追い払っていたんですが、
意外とめげずに席に来てました(笑
まぁその度に飲ませまくりましたがね。

 

ちなみに、その後増援を呼んだのか、もう一人増えてました
まぁでも以下1-6を繰り返す感じで(笑

 

というわけで、オニックスONYXも終わりなんだかんだで移動しようと言う話に
最後帰り際、ホストっぽいタイ人男性が女の子を連れてお店から出て行く時に

 

K「ココで何してるの?」

 

と聞いた所

 

ホストっぽいタイ人男性「俺の仕事はココだ」

 

なんて事を言いながら去って行ったのを見て
うーん・・・サクラのホストも居るのかな?
とか思ってしまいました。

 

まぁ、サクラの女性もいるんだから、男性が居ても不思議じゃないですよね。
なんとなくタイのクラブ遊びの深さを垣間みた気がしました。

 

いずれにせよ・・・ほとんど私も行かないですけどね。

 

というわけで、オニックスONYXを後にし、
別のクラブに連れて行かれますが、私は行く気0
って事でマダムが連れて来た友達の子達と別れ

 

兄貴とマダムと三人でホイクワンのお店で食事して帰宅したのでした。

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket