バンコクのスクンビットにあるカラオケクラブで働く嬢の悩みとは

5561598141_844b22daf6_b

 

夜のお店で働いてるタイ人女性は可愛かったり・綺麗だったりすると、そんな嬢には
お客さんも多い事から色々と悩みが出てくる事もあるかと思います。

 

割り切って仕事に望んでいる子達には無縁の話かもしれませんが、
それでも、大抵の子はなにしかしら夜の仕事をする上で悩みの一つや二つはある事でしょう。

 

この間比較的仲の良いスクンビットの日本人向けカラオケクラブで働いてる嬢から
悩みを打ち明けられました。

 

スクリーンショット 2015-08-30 午後4.37.30

 

要約すると『日本に来て僕と結婚しませんか?』という事を言われたという事でしょうか。

 

私は夜の嬢、ゴーゴーバーで働くゴーゴー嬢や
タニヤ等のカラオケクラブで働くタニヤ嬢と恋仲になりたいという感情は悪いものと捉えていません。

 

でも、一般社会・タイ社会的に考えれば『あり得ない思考だ』なんて言われる事もあるでしょうが

 

そういう部分を乗り越えて突き進んで行く方達を私は個人的には大変応援したいと思っています。

 

こういった結婚して一緒に居たいと考える気持ちは一応以前夜の嬢と付合っていた関係上
非常によく分かります

 

今回スクンビットで働くカラオケ嬢打ち明けられた悩みそれは・・・

 

『結婚はしたいし・・・・日本にも行きたい・・・・だけど』

 

お客さんとして知り合ってまだ二週間だし・・・二回しか話してない

 

といった事を打ち明けられました。

 

うーーん(;´ー´)・・・・
さすがに2回お店に足を運んだだけで結婚話は早過ぎでしょう(笑

 

ジョークで話しているのであれば問題ないとは思いますが・・・
スクンビットのカラオケ嬢が悩んでLINEを送って来るくらいですから、
話を持ちかけた人物は真剣に申し込んでいると感じ取れて
本気度は高かかったからどうしようというメッセージを送って来たのでしょう。

 

夜働くタイ人女性はものではないですし、普通の女の子の感覚の子だってたくさん居ると思いますので
結婚したい程好きでもキチンとステップを踏んだ上でアプローチする事がお互いの為なのかなと感じます。

 

まぁ・・・最低限こなすステップとして

 

1.それなりに彼女が働いているお店に通う

2.連絡先やLINEの交換頻繁に連絡を取り合う

3.店外でのデートを重ねる

4.彼女が自分の部屋に泊まりがけで遊びに来る

5.彼女の部屋に泊まりで滞在する

6.彼女の友達周りを紹介される

7.二人で休みを使って遠出する

8.彼女の実家訪問

9.両親達を紹介される

 

せめてこのくらいのステップを踏んでから結婚の話をするのが適正なのではないかなと思います。

 

二回程訪れたぐらいのケースですとステップ的には2ぐらいですかね・・・
おそらくカラオケ嬢の気持ち的にもまだお客さんのレベルから抜け出せていないのでは?
とLINEで話を聞いていて感じました。

 

個人的にこのケースの場合まだまだ結婚への道のりは長いと感じます。

 

 

時期早々に結婚の話をするのは、自分自身にもリスクが存在する事だと思います。
本当にアタックする嬢は生涯を共に出来るような女性なのかどうか・・・
どういった女の子なのかを掴む上でも大変好きな気持ちは理解出来るのですが、そこはぐっと堪えて
順当にステップをこなして行くべきかなと思います。

 

ただ、私も結婚までは辿り着いてませんので実際の所はどうなのかはわかりませんが(笑

 

追いかけるすぎると離れていく傾向にある男女の関係。
精神的に追いつめられない程度にまずは彼女と徐々に
仲良くなって行くステップを踏んで行く事が大切だと思いますよ。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket