バンコクのバービアで働く元彼女との綻びの切っ掛けはロイクラトーン

3686987657_0cee6de3a7_b

先日お会いしたリピーターさんより、

 

 

『昔の彼女の話はどうなりましたか?』

 

 

といったご指摘を受けまして(笑
私自身もすっかり忘れていたと同時に最絶頂期の話は書き終えてしまったので
後はバンコクの元彼女との話は終焉に向かって行くだけであり、なかなか気が重い話だったります。

 

さて、その綻びが出始めた出来事は忘れもしない、彼女と知り合って二年目のロイクラトーンの日
タイに詳しい方ならこのイベントが如何にカップルに重要なイベントである事は周知の事実であり、

 

このロイクラトーンのイベントの前の日にバンコクのバービアで働く元彼女から

 

『この日は衣装がロイクラトーンになるからお店に見に来てね』

 

と、普段は絶対お店には来ては行けないというルールを珍しく彼女が解禁して、
この日ばかりはお店に来ていいという許可を貰いました。

 

 

ちなみに一年目のロイクラトーンは一緒に過ごして居た訳ではなくて、彼女は仕事を優先し、
後日写真のみで見せられたという経緯もあり、彼女の今回の提案は純粋に楽しみでした。

 

 

破局へと向かう第一歩ともつゆ知らず、ロイクラトーン当日・・・・

 

 

仕事も片付き、さて彼女のお店に行こうかなと準備し元彼女の携帯へコールを掛けます。

 

K「ハロ〜、これから行くけどOK?」

 

元彼女「あっ・・・ダーリン・・・ごめん、やっぱ来ちゃ駄目

 

K「うぇぇ(;´Д´)なんでぇ〜」

 

この時元彼女の仕事はロイクラトーンという事で常客が着いていたのでしょう。
しかし・・・せっかく楽しみにしていいたイベントを二人でこなす事も出来ずに
気持ちの沈みは半端無かったです。

 

K「OK、わかったよ・・・でも、仕事終わったら家に来るよね?」

 

元彼女「・・・・・YES」

 

そう言い残して電話を終えるも
自分の中の気持ちとしてモヤモヤ感はやはり拭えませんでした。

 

いつも元彼女が家に帰って来る時間というのは決まっていました。
お客さんと一緒に出て行ってない時は大概閉店まで仕事をしており、お店のクローズが
大体2時くらいだった事から、二時半〜三時半くらいの間で帰ってくる感じです

 

深夜二時過ぎ・・・普段はあまりこの時間に電話等は掛けないのですが、なぜかこの日は
気になって掛けてしまい本当に今日家に来るのかどうなのかを確認したくなりました。

 

が、・・・・結果としてコール音はなるものの、
元彼女が電話に出る事はなくさらにモヤモヤ度が増しただけ

 

今まで元彼女との電話でのやりとりで、来れる日来れない日というのは非常に明確であり、
電話でYESと言って家に来なかった事は無かったので今回の出来事は自分の中でも少しショックでした。

 

その後眠いながらも悶々とした時間を過ごしていましたが、結局いつの間にか一人で就寝
ロイクラトーンというイベントを一人で過ごす羽目になったのです。

 

 

次の日・・・・

 

 

朝目覚めても昨夜の事があって若干イライラしながら起床
暫くすると・・・・元彼女から着信が

 

 

元彼女「ダーリン・・・ごめんなさい・・・」

 

 

と電話開始早々直ぐさま彼女が謝って来た状況にも関わらず

 

元彼女と付合って初めて私は激怒しました。電話口で

 

多分、ここまで私が怒った事は初めてだったので
元彼女も大変びっくりしたみたいで少しパニくる元彼女

 

 

しかし、今になって冷静に考えれば
『彼女の仕事だからしょうがない』と割り切って考えるべきだったのかなと思います。
現に元彼女の第一声はちゃんと謝罪から始まっている訳でして、そこを汲み取って上げれなかったのは
今でも少し後悔しております。

 

 

実際の所元彼女と半同棲みたいな形になってはいましたが、別段元彼女の生活を支えていた訳でもなく
資金的な援助も行っていない状況の中で、元彼女が常連客を優先するのは至極当然の事であり

 

 

当時のこの激怒の行動は全く自分自身の身勝手な思考だなと改めて感じております。

 

 

そして、この時の教訓として電話口で絶対タイ人女性と喧嘩してはならないという事を学びました。

 

 

喧嘩するにしてもお互いが顔を確認出来る状況でするのが良いかと思います。
まぁ・・・出来る事なら喧嘩する状況等に陥りたくはないですけどね。

 

 

このロイクラトーン事件が有って以降
元彼女が今まで週に4~5日程訪れていたのが週1~2へと激減。

 

 

徐々にお互いの歯車が音を立てて崩壊する状況へ落ちて行くのでした。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket