バンコクの不動産、とあるコンドミニアムのエージェントで枕営業があるっていう…

10861563_d7fa1918e9_b

 

いやはや最近のバンコクは本当に暑いですよ〜
最高です(笑
基本平均35度くらいじゃないでしょうか?

 

 

暑いなぁと感じますが、でも嫌だなとは思いません
むしろ冬が大嫌いなので、暑くても気持ちいいです(*´ー´)

 

さて、本日は先週の初め辺りに、不動産屋を営むお姉さんとお食事に行ってきました。
場所は、トンローの凪屋です。

 

私、日本食の居酒屋は基本『たこわさび』を絶対注文するんですが、
凪屋のたこわさびは大根おろしと合わせて混ぜておりオリジナルのたこわさびの工夫が見られるんですが、

 

ぶっちゃけデフォルトのたこわさびを出して貰いたいです。

 

この日私と、不動産屋のお姉さんそして、
姉さんが運営している不動産屋社員のタイ人女性の3人で酒を引っ掛けていた訳ですが、
(お二人とも私より年上の方達でございます)

 
そこでバンコクの不動産業界で働く賃貸を斡旋しているタイ人女性の方達の話になり

 

その中の話で出たのが、

 

『不動産賃貸を斡旋しているタイ人女性の彼氏は、賃貸を決めたお客さんというケースが比較的多い』

 

といった話になりまして、なんという業界地獄耳(笑

 

K「いやー、みんな仕事一筋でなかなか外で出会いがないんじゃないですか?」

 

K「日本での前の会社の時、社内恋愛多かったですし、お客さんと付き合ってた人もいましたよ」

 

不動産屋のお姉さん「いやね、実は・・・とある物件は高確率で枕営業があるっていう話があるの」

 

K「・・・・・ハイ?(;´Д´)」

 

不動産屋のお姉さん「そこの営業の子達はみんな綺麗所を揃えていてね・・・・」

 

まぁ、つまりとあるバンコクの賃貸のグレードもそこそこ高いこの物件は
部屋を決めてもらうのにタイ人営業の女性が枕営業を仕掛けてくるという物件で有名な所があるそうで、

 

枕営業でかつ部屋を決めて貰いそして、なし崩しにお付き合いに発展するという傾向があるそうです。
・・・というか決める傾向にある顧客がファラン系のお客さんが多い事から

 

むしろ、そのまま付き合って結婚出来てしまえば願ったり叶ったり!なんだってさ。

 

タイ人の結婚の価値観って日本と大分違うと思います。

『愛があれば大丈夫』なんて言葉だけで外国人がタイ人女性と簡単に結婚は出来ない気がします。
これ、お金持ちもお金がない人もどうやら、同じ価値観みたいなんですよ。

 

色々とタイ人女性の一般の子やそこそこ富裕層な子と長い間付き合っている方が居ますが、
結婚しないんですか?という話をすると、口を揃えて

 

『外国人がタイ人女性との結婚は結局お金だ』

 

という事をみんな口を揃えて言うので、一筋縄で行かないみたいですね。
まぁこの辺りの話題はまたの機会と言う事で、話を戻しますが、

 

物件の名前も詳細に聞いたんですが・・・残念ながらネットでの公開は色々まずいと思いますので
控えておきますが、なんというかなかなか凄い世界も存在しているんだなぁと感じます。

 

ちなみにヒントだけお教えしますと物件の賃料、
お値段ですが、7万THBのスクンビット中心街の物件です。

 

そもそも、月/7万バーツくらいの物件に住めるのですからそれなりのステータスがある方達なのですよ。
そりゃ営業の女性も必死になるのも何となく分かる気がします。

 

 

・・・まぁ人づての話ので信じる信じないはお任せしますが・・・
なんかタイならありそうだなぁと思えてしまうんですよね・・・

 

日本にいた時はのほほんと暮らしていたんですが、タイに居るとなんだか
生きるってーのは泥臭い綺麗事じゃないんだぁーとなんだか色々考えさせられます。

 

男はお金と権力・女は若さと愛嬌

 

ビジネスの世界でも夜の世界でも詰まる所そこに集約してそうな気がしてきました。

 

そういった経験を海外で出来るっていうのも、私の住んでいた地域の日本では
薄められてて感じられない事だろうし良いか悪いかは別として、

 

まぁ色々と勉強になってるなぁと思います。

 

photo by flicker

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket