バンコクゴーゴーバーランキングソイカウボーイ編2015年度に向けて

medium_5299877147

 

さてさて、今日は今迄かなり放置気味でしたバンコクゴーゴーバーのランキングを集計し
今年2014年度一番ホットなソイカウボーイのゴーゴーバー(コヨーテバー)はどこなのか!

 

というのを年末も近い事ですし、この際はっきりさせておきたいと思います。

 

ソイカウボーイのまとめはコチラ

正直ランキング推移に関しては大旨予想通りというか、
やはり皆さんの情報多い所のゴーゴーバーが上位を占めており
まぁやっぱりこの結果になったか!と言った感は拭えませんが、

 

当サイトでのアンケート結果を元に
最強のバンコクゴーゴーバー(ソイカウボーイ編)
と称し、公開していきたいと思います。

 

ただしLBのお店コカトゥー!お前は駄目だ!!

 

という事で基本LBだけのお店は残念ながら省かせて頂きます。
オカマの店嫌いなんで、未だにパスポートを盗まれた恨みは忘れておりません(笑

 

といわけでバンコクのゴーゴーバーランキング(ソイカウボーイ編)

 

第10位

 

正直接戦過ぎていますが、同着で4店がエントリーしております。

 

ローハイド(RowHide)
ダンディー(DanDee)
ライトハウス(LIGHT HOUSE)
キス(KISS)

 

うーーん、最近の傾向を考えればまぁ納得できるというか、
妥当と言わざる得ない順位ですね(笑

 

第10位(同率)ローハイド


 

最近のローハイドはメインの看板が辞めてから勢いを無くしておりますし
激しいショーが復活しなければ更に今後順位は下がるだけでしょう。

 

第10位(同率)ダンディー


田舎娘の登竜門として名高いゴーゴーバーですが、
まぁ一時期ヨッティーさんがえらく一押ししていたお店ですね・・・・
個人的な感想としては田舎娘の登竜門というよりは、
こうちょっと年のいった嬢の場末感溢れるバー
といった印象の方が強いです。

お店の外で待機している子に騙されて入ってみると
ダマサレタって思うっていう(;´Д´)

でも時間帯によっていい子はそうそうに居なくなっている
といった状況もゴーゴーバーでは否定できませんので
多分自分が見たときはタイミングが悪いんでしょうね(笑
まぁダンディーに関してはそんなイメージです。

 

第10位(同率)ライトハウス


 

確か元々は違うお店でしたよね。
去年辺り名前を変えてオープンしたお店ではないでしょうか。

クレイジーハウスがあまりにもクレイジーなので
正直忘れられているゴーゴーバーな印象がありますが

 

正直、長く居座った経験がないので大抵覗き見で終わるだけのお店なのですよね。
店内も2〜3組しかいつも埋まってない印象があり、
準新店ですがもう一踏ん張りしてほしいなと思うゴーゴーバー
あとは、女の子の今後の質に期待と行った所でしょうかね

 

第10位(同率)キス


コヨーテバーのランクイン・・・・

ぶっちゃけますとかなり意外だなと思いました。
正直バンコクソイカウボーイのゴーゴーバーが10店占めると思っていたので
なぜキスなのかと(笑

 

ただ、以前ヨッティーさんと二人でソイカウボーイをラジオ録音していた時に
お店の前で色々と弄られていたのがこのお店の客引きの嬢だったので
そういった愛想の良さ的なものも影響しているのでしょうか?

 

まぁというかですね。
ソイカウボーイのコヨーテバーほとんど系列店なんで
お店毎の特徴とかへったくれもあんまし感じられないと思います。

なんせコヨーテ嬢達も時間によってローテーションしてますからね・・・

 

そしてドリンクは高いっていう

 

さっきまでサハラ(SAHARA)のお店に居たのに
気がついたらデジャヴ(Dejave)に居るとか良くある事ですし

でも、確かに一部のゴーゴーバーに比べたら
若いコヨーテ嬢が在籍しているのは事実なので、
そういった若さ狙いで行くにはコヨーテバーも悪くないのかと思います。

 

さて4店ありましたがこれより上位は8店舗ありますので
8位からとして上位の順位を紹介していきます。

 

第8位 ザ・ドールハウス


バンコクソイカウボーイ内でのランキングという事を考えた場合
この位置も非常に頷けるポジションだと思います。

 

というのはこのドールハウスというお店。
クレイジーハウス・スージーウォンで全裸サービスを行っている2店に
対抗してかどうかは分かりませんが(笑

 

ここも全裸のゴーゴー嬢が在籍している事。
そして、上記二店舗に比べ、明らかにお店にお客が入ってない事から

 

なんか頑張ってるんだけど惜しい!という印象のゴーゴーバーです。
ただ、一部熱狂的なファンが居るみたいで、
ファラン等が数組一人でちびちびと飲んでる光景をよく見た事があります。

 

ただ、もうちょっと女の子が居たらなぁーという印象は拭えませんよね。
今後に期待です。

 

第7位 ロングガン


ショーで有名なローハイドの姉妹店ですね。
こちらのお店の方が元祖なのでしょうか。

 

室内の作りはほぼほぼローハイドと同じなので
若干・・・あれ同じ店なのかな?といった錯覚間を催すかもしれませんが、
気をつけてくださいね。ロングガンのショーは見た事ないので
なにかの機会の時にでも見てみたいと思います。
正直この位置にこのお店が来るのは意外だったのでちょっとびっくりです。

 

第6位 カウボーイ2


ここでまたまたコヨーテバーがランクイン
他店のコヨーテバーに比べてカウボーイ2は確かに頑張っていると思います。

 

まず、最近では、外でたむろしまくっている若いコヨーテ嬢達。
連れて入ってみると、意外にも席は埋まっていてる状況等を目の当たりにすると
若いコヨーテの物量で釣るというのは重要なのだなぁと感心せざる得ません。

 

ただ、テキーラコーラでテキーラが栄養剤というのだけはほんと辞めて貰いたい(笑

 

第5位 スージーウォン


バンコクのゴーゴーバーで全裸と言えば

クレイジーハウスかスージーウォンか!といっても過言ではないでしょう
そんなスージーウォンがランクイン。

 

いつも厳重の門構えでガードされており、
横にはセキュリティーがスタンバっております。
そして、その重い扉をひとたび開けようものならば、

 

ファランを筆頭にかなりの席が埋まっているという状況を目の当たりにし、
目の前には数十体の裸体が拝めるという状況
つくづくバンコクの風俗状況というのは
凄いなと感じざる得ません。

 

若干年齢層は高いものの、その中に数名なぜかしらないが若い子も
混じっている事もあるのでうまくそういった子を見つける事が出来ると
さらに楽しくなるのかもしれませんね。

 

第4位 ティーラック


 

ゴーゴーバーの店外・店内と楽しめるこのお店。
この順位は納得でしょう。

 

ゴーゴー嬢に混じり、コヨーテ嬢も居る事から
視覚的にも楽しめるし、ゴーゴー嬢はパンツ履いてないというサプライズ付き

そして、それが店外でもそのまま来ちゃうものだから笑うしかないって言う
面白さはあるお店だと思います。ティーラックが今後
上位三組に浮上出来る要素があるとするならば
そこはやはりゴーゴー嬢の質の問題でしょう。

 

ゴーゴー嬢の質意外での面、愛想も悪くないし
楽しみ方もその人に合わせたスタイルで臨機応変に楽しめる事から、
言われてみると確かにこの順位には納得だと思います。

 

さて最強バンコクゴーゴーバー(ソイカウボーイ編)上位3店舗ですが

 

・・・

・・

 

なんかもう紹介しなくてもいいかな(;´Д´)

 

だってここまでの流れを見てもう予想出来るというか
日本人だったらバンコクのソイカウボーイでのゴーゴーバーはココだ!
っていうお店3店舗出てない訳ですしーそこ以外ないだろうしー

 

むしろ、ここでデジャブやスパイスガールズが上位に食い込んで来たら
ステマのレベルですよね(笑

 

っていうくらいバンコクのゴーゴーバー(ソイカウボーイ編)では
もう不偏的な順位な気がします。

 

というわけで、さしても驚きもないランクですが、ご紹介!

 

第3位 シャーク(投票率:全体の15%)


 

バカラに隣接しているゴーゴーバー
超絶人気のバカラからのおこぼれを貰っているのかと思いきや。

 

ここのお店で踊っているゴーゴー嬢の数や質的にも
日本人も満足できるレベルにまとまっているゴーゴーバーだと思います。

 

ただし、ゴーゴー嬢によって性格にバラツキがあるので
嫌な対応だと思ったゴーゴー嬢に当たってしまった場合は気持ちを切り替えて
違う嬢へトライするという気持ちも重要かも知れません。

 

ちなみにシャークで持ち帰った日本から来た友達の旅行者曰く

 

『あの子優しく、ちょーよかった』

 

などという名言を残して日本へ去っていきました。

 

第2位 クレイジーハウス(投票率:全体の25%)


 

まだまだ準新規オープン店だが、やはりその潜在能力は他店を圧倒
ぐいぐいと一位へのステップを虎視眈々と狙っているこのゴーゴーバーは
オープンしょっぱなから、全裸ですげぇお店があるとして
連日連夜ファラン達や日本人達の間で賑わいをを見せている

 

当初このランキングを設置した時も一位を抜いていた事もあり、
これはもしや下克上なのか?
といった事も考えられましたが、残念ながら最近は
裸の割合が減って来ていると同時に、
店内でのトラブル等も相次ぎ、対策としてお店の外に張り紙が出される状況に。

 

対応としては素晴らしいと思うので是非ともそういった逆風にもめげずに
クレイジーさを貫いて欲しいと思います。

 

まぁでも、そもそも運営が警察なんだろうし、そんな事は関係ないですかね。

 

第1位 バカラ(投票率:全体の37%)


はい、というわけでバンコクのゴーゴーバーランキング(ソイカウボーイ編)栄えある第1位は

 

鉄板のバカラでしたね(笑

 

まぁ当然と言えば当然の結果なんでしょう。
日本人のシーズンには溢れんばかりの人でごった返しますし、
中を見せないで、強気の外でのドリンク購入される手口等々

 

ある意味自信の現れを伺えます。

 

ゴーゴー嬢のメイクや髪型も日本のキャバクラよろしくな
ゴーゴー嬢も多数存在しているし、
日本語喋れるゴーゴー嬢も多数存在している事から

 

まぁ・・・・当然の結果と言えば当然なんでしょうね。

 

果たしてこの鉄壁の守りを今後何年バカラは守り通せるのか・・・
それとも新たにリニューアルした新店が出て来て
客をもっていく事ができるのかどうか。

 

バンコクのゴーゴーバーランキングは時代によって変わって行き
もしかしたらその一日だけ、その人にとっては最下位のゴーゴーバーも
トップに躍り出る可能性を秘めている歓楽街である為。

 

このランキングが通用するかどうかはまた別問題として、
一つの指標として心に止めておく程度に思って頂ければ幸いです。

とりあえず右側にせっちしてある皆様のアンケートの投票表を元に
ランキングは組んでおります。

次はナナプラザ編かな?(笑

さらに詳しいソイカウボーイの詳細はコチラ 

詳しいタイのゴーゴーバーについてはコチラを参考に

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

photo credit: sobri via photopin cc

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket