バンコク・スクンビット界隈の接客居酒屋を梯子してみた話

週末の華金と言えば、お酒が美味しい曜日です(笑

 

というわけで、今回は特別企画!といった程でもないのですが、
スクンビット界隈の知るひとぞ知る接客居酒屋を何件か廻ってきました。

 

アゲハのシャチョーに呼ばれてタニヤに遊びに行った所
シャチョーが接客居酒屋行ってみたいと言い出してきたので、
じゃあノリで行きましょうという事で、ノルマ三件課せられました(笑

 

そういえば、新しい日本人の女の子が今日初出勤だったらしく
紹介してもらいましたが、確か名前がSORAちゃん
日タイハーフ嬢という事で、日本語もタイ語も両方イケルらしく
さらに現役学生さんみたいで、週末限定でお店に来てるらしいです。

 

シャチョー曰く『見ているとついつい弄りたくなる子』だそうで(笑
元々M気質なシャチョーですが、Sっ気が沸々と湧いて来るといってました。

 

b1c29c15d2139d213366e09e73632398

バンコクお水の華道☆タニヤ嬢『そら』の成長ブログ

 

さて、このSORAちゃん
日本人とタイ人のハーフという事ですが、
性格はかなりタイ人よりな所があるそうです。

 

面接当日あぶさんとシャチョーを三時間程待たすという大物っぷり(笑
シャチョーは笑って話してましたけど、なんかそういう所も含めて『一押し』だそうです。

 

そんなわけで、本日の目的はスクンビット界隈の接客居酒屋を見て回ろうという事で
華金の激混みな中タクシーで移動すると時間が掛かりまくるので、BTSで移動します。

 

丁度帰宅ラッシュと重なった為にかなりBTSも激混みでしたがなんとかアソークへ付いて下車
そこからバイタクでもいいよというシャチョーの提案の元、ソイ16の入り口でバイタクを広い
まずは、スクンビットソイ22のこいもへ目指します。

 

 

スクンビットソイ22の接客居酒屋こいもへ


IMG_1419

 

ちなみに、シャチョーは接客居酒屋は初体験だそうで、
どういう感じの対応になるのか興味津々みたいでした

 

この日は女の子は10人程出ていたみたいですが、
3Fの方に半数くらいの子達が行っている為に1Fで接客していた子達は半数
適度に料理をオーダーしつつ、ビールで乾杯します。

 

まずはまったりと色々と話を聞きつつなんか
シャチョー最近刺激が無いとかで嘆いていましたが
各所で刺激を求めているみたいですが(笑

 

私なんて毎日がサバイバーなので羨ましい限りです・・・・

 

タニヤでお店を開いているくらいなんだから毎日刺激的なんだろうって
個人的には思っていたんですが、なかなかそういうものではないんですね。

 

というわけで、料理も届き、食べつつ女の子にビールを進めてみんなでワイワイしながら食事
とりあえず雰囲気は分かってもらえたかなと思います。

 

こいもは私の知る中ではかなり若い子達を揃えている印象のお店あり、
若さを求めて接客居酒屋へ行くのであればこいもが良いと思います。
ただ、料理はそこまで凄く美味しいというわけではないので、軽くおつまみをつまみつつ
女の子にちょっかい出す感じで良いと思います。

 

とりあえず一件目1時間程でチェックして次のスクンビット界隈の接客居酒屋を目指します。

 

 

スクンビットソイ22の接客居酒屋栄ちゃん


Photo-13

 

さて、二件目に訪れた接客居酒屋はこちらもソイ22に存在する栄ちゃんというお店。
ソイ22の中間の細道にヒッソリと存在しており、
日夜年配の在住の駐在の方達で賑わっているみたいです。

 

 

 

今回訪れた時には、残念ながら若い子は見かけませんでしたが、
話を聞くと今日は残念ながらおやすみとの事

 

容姿的な所で可愛さを求めるようなお店ではなくて、あくまで居酒屋というスタイルを貫いている
日本でいう所の場末の居酒屋って感じです。演歌に出てきそうなお店ですね。

 

 

でも、現地の駐在の方に長く愛されているお店のようで、連日連夜盛況のご様子
カウンター越しに接客してくれる店員さんはかなり話好きなタイ人女性で、
話をおもしろおかしく盛り上げてくれるので、ちょっと一人で寂しいなぁと思った時に
立ち寄ると良いのかもしれませんね。

 

シャチョーがセクシーな感じではないの?と店員さんに聞いてみた所
明日は水着で上はオープンだ!とかなんとか、言っておりましたが(笑
ノリの良さは天下一品ですね。

 

ちなみに、お店の3Fはカラオケルームとなっているようで、お店の子達と
楽しめるような感じになっているそうです。
結構接客系居酒屋は上が、そういったカラオケルームとなっている所が意外と多い印象を受けます。

 

というわけで、接客居酒屋ノルマ二件目は、軽くおつまみをつまんだ程度でほどなくチェックビン
三件目の候補スクンビットソイ19にある花子を目指します。

 

アソーク(スクンビットソイ19)にある接客居酒屋花子


 

さて、アソーク界隈へ向かうという事で、
タクシーを拾ってスクンビットソイ19へ向かう事となりました。

 

 

花子というお店は実は私知らなかったんですが、シャチョーが色々な方から聞いて
かなり古くからやっているお店であり、行ってみたいというリクエストでした。

 

こちらのお店トンローの方にもあるみたいで、どちらが先かは分かりませんが、
こいも、栄ちゃん同様に接客居酒屋という事で、お店に入店します。

 

お店に到着後・・・・
店内の雰囲気は普通の居酒屋でしたね。
もしかしたらトンローの方がそういった接客居酒屋だったのか・・・
ちょっと私も調べ不足でした(´・ω・)

 

でも店員さんに話を聞いたら、普通に席に来てお酒を飲んでくれるという事でしたが、
なんとなく店内の雰囲気的にそういった気配を感じれるようなお店ではない感じでしたね。

 

とりあえず、なんとか接客居酒屋のノルマ3件こなしたわけですが(笑
花子では女の子を席に呼んでみたいな事がなかったんで終始シャチョーのタニヤ界隈の
裏話を聞いていたんですけど・・・・

 

タニヤ界隈の裏話って黒過ぎて書いたら色々とマズイ情報が目白押しと言うか・・・
色々な繋がりがあったり、最近の事件を踏まえて裏の事情を教えてくれるので
私も他の方から色々と聞いてる所もあり照らし合わせると非常に納得して繋がる事が多過ぎて・・・・

 

危な過ぎてブログには書けないですね(;´Д´)

 

いつの世界も、表に華がある世界には暗い闇が渦巻いているという事なんでしょうね。

 

そんな危ない話を居酒屋で展開しつつ、スクンビットのカラオケクラブへ行こう!
という話になり、花子をチェックビンして、アソーク付近のカラオケクラブを目指すのでした。

 

とりあえず、候補としては、スクンビット31方面へ向かう所の途中『いなせ』
こちらへ向かうという事で、タクシー拾って向かいます。

 

 番外編:バンコク・スクンビット39でお袋の味が楽しめるお店フレンズ


 

Photo-14

 

そういえば、今回の話とはまた別の話となりますが、
こういった雰囲気とはまた別のカウンター越しのお店でスクンビットソイ39の入り口付近
フレンズというお店があります。

 

 

 

 

ここのお店の名物幸子ママさんはいつもバンコクの夏気候の中着物で接客していおります。

 

そして、現地の駐在の人達の間でもお袋の味のお店として有名なお店であり、
バンコクのコンドミニアム・土地売買を行っているアイジスインターナショナルの細川さん
よくご飯を食べに行く時に待ち合わせの場所として、良く訪れるお店であり、
いつもの細川さんはママさんに飲ませてカウンター越しで雑談しながら楽しんでいます。

 

ある意味接客居酒屋かなと思いまして取り上げてみました(笑

 

料理はかなり美味しいです。
なかなかタイでは食べれそうにない日本のものもあるので、
少し日本が恋しくなった時に訪れてママさんとお話しするといいかもしれません。

ちなみに、ママさん元々は日本の東京銀座でお店をやってたとかという人みたいで
話上手の聞き上手、そういった所が幅広い年代の方達に受けているのかもしれませんね。
(・・・うる覚え違ったらすいません)

 

タイ・バンコクには実に色々な方が居るので面白いですよね。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket