バンコク・トンローの高級カラオケクラブ雅(MIYABI)駐在員御用達店

IMG_2388

 

いやー、一度行ってみたかったんですよね。
かねがね噂は良く聞いていたバンコクスクンビット界隈のカラオケクラブの中では
最大級の粒ぞろいのカラオケクラブかつ、バンコクへ駐在している方達の御用達のお店

 

その名も『雅-Miyabi-』

 

場所はトンローのソイ25に存在し、
数々の駐在の方達が囲っている嬢がいるという事も有名なお店ですよね(笑

 

 

お店の傾向として、高級店であるが為に私みたいな一般庶民には
なかなか遊びづらいカラオケクラブとなっていますが、
今回たまたま機会があってご一緒させて頂きました。

 

事の発端は知り合いの方に以前ご紹介して頂いた、駐在員の方が
たまたま日本の社長さんと一緒にとあるお店でばったりとお会いしまして、

 

色々とお話を伺っている内にこの後トンローの雅へ行こうという話になり
なぜか一緒にお邪魔させて頂きました(笑

 

IMG_2390

 

 

ちなみに、雅は横に割烹のお店も兼用しているみたいで、
お店でご飯をオーダーする事も可能なのかも知れませんね。

 

 

連れて行って貰った社長さん、この雅-MIYABI-にもうかれこれうん数年通っているらしく
その時以来の子をずっと援助+指名しているのだそうで、なかなか熱い人だなと感じました。

 

カラオケクラブ雅-MIYABI-の内装はかなりゴージャスな雰囲気に包まれている


 IMG_2385

 

まず、エントランスからかなり一見さんが入るのを躊躇するような店構えで、
車で乗り付けて入るような感じ、エカマイにある高級コヨーテクラブの入り口と似ていますね。

 

一歩店内に入ると、なかなかここまでしっかりと内装されたカラオケクラブは珍しいなと感じる程
高級感が漂っております。

 

圧倒されるのが、グランドピアノの生演奏があってゆったりと聞けるスペースを完備しており、
カラオケ嬢が待機しているスペースはびっくりする程縦に長く広い待機場所があります。

 

・1Fは在籍している女の子の待機場と中央には生演奏を聞きながらまったりとくつろげるスペース。
・2Fはカラオケルームの個室。

 

在籍しているカラオケ嬢はスクンビット界隈では随一の雅-MIYABI-


おそらく、初めて雅を訪れてカラオケ嬢を選ぶステップとなったら
とにかく嬢の多さに圧倒される事でしょう。
在籍嬢が多いスクンビット界隈のお店と言えば、芸妓・舞子グループ。

 

 

こちらも駐在の方達がよく使うカラオケクラブとして有名店ではありますが、
雅は週末のゴールデンタイムとなるとかなりの数の嬢が揃っている事から
絶対に決まらないという事はないと思います。

 

 

ちなみに、ドレスの色によって雇用形態が決まっているらしく
黒いドレスの女の子はアルバイトの女の子達
ピンクのドレスの女の子は新人の女の子
赤いドレスの女の子達はレギュラーの子達だそうで

 

 

今回とりあえずピンクの新人の女の子をチョイスさせて頂きました。
26歳バンコク郊外に住んでいる子のようで、ハーフなような顔立ちが特徴的なカラオケ嬢
でもご両親は両方ともタイ人という事でした(笑

 

 

トンローの高級カラオケクラブ-雅MIYABI-の個室について


 

個室では、日本のカラオケ、タイのカラオケ両方完備しております。
音響の質はかなりよく、歌っていてかなり気持ちの良いスピーカーを導入しておりますが、
女の子とデュエットするには少し厳しいかもしれません。

 

結構距離が近いとハウリングしてしまうので、
もしデュエットしたい場合はある程度距離をおいて歌うと良いかもしれません。

 

まぁ・・・ほぼほぼ二人で歌うケースも稀かと思いますが。

 

 

高級カラオケクラブ雅-MIYABI-で働くカラオケ嬢の特徴


 

雰囲気として、がっつり騒いでという感じではない印象を受けました。
各席についた人に付きっきりでカラオケをしてない時は常時トークを
静かに繰り広げるという感じ。

 

もちろん遊び方は人によって様々だと思うので
若い駐在の方の遊びはまた違って来るとは思いますが、
基本的にレギュラーのカラオケ嬢達は日本語をそこそこ操れる事から
大人な雰囲気で楽しむ空気が漂っている気がします。

 

 

スクンビット・タニヤ界隈のカラオケクラブの決定的な違いについて


さて、今回スクンビット界隈のカラオケクラブとタニヤ界隈のカラオケクラブの決定的な違いというか
立地によるアドバンテージをどう活かすかという点において、
スクンビット界隈のカラオケクラブの場合はとにかく如何に良い嬢を数多く揃えられるかどうか
ここが一番の重要なのかなと思いました。

 

 

タニヤ界隈のカラオケクラブの場合ですと、店舗単体のポテンシャルとして嬢の質と数は重要ですが
基本的にタニヤ周辺は数多くのカラオケクラブが密集している為に、
数件、十数人いるお店を見て回るといったスタイルが通用するのが
タニヤのいい所ですが、

 

タニヤについてはこちらの記事を参考に

 

スクンビット界隈のカラオケクラブの場合こういった梯子するといった事が非常にしづらい為に
かなりの数のカラオケ嬢をお店側で確保しなければ行けないのかなと感じました。

 

そうなるとやはりスクンビット界隈は高級志向にならざるえないように感じますね。

 

ただ、駐在の方達の場合はスクンビット界隈でそのお店が接待で使えるとなると、
常用する傾向にあると思うので、そういう意味では高級店志向というのは合ってるんだと思います。

 

タニヤが良いか、スクンビット界隈のカラオケクラブが良いか・・・
これは完全に別れる所でしょう。

 

なので、一概にコレだと言い切るのは難しいですが、
在住者やアテンド行くならスクンビット、旅行気分で気軽に遊びに行くならタニヤ
こういった構図がもしかしたら出来上がっているのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、今回初来店となった高級カラオケクラブ雅-MIYABI-ですが・・・・
私のレベルではまた行こう!なんて気軽にいえる場所では無いですが、
また機会があれば足を運んでみたいですね。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket