パタヤのゴーゴーバー巡りを実に2年ぶりくらい久々に堪能したソンクラーン初日(その3)

 

前回の続きから。

 

読者さんのメイド(バービア嬢)をうまく説得してなんとか彼女が働いているバーに待機させることに成功した
私と読者さんは、ソンクラーン初日ではありますが、実に私は2年ぶりとなるウォーキングストリートへと
足を踏み入れるのでした。

 

ちなみにメイドさんには23時くらいにはこのバーへ戻ってくると伝え済みであり、時間限定ではありますが、
果たして最近のパタヤのゴーゴーバーはどういう状況なのか興味深々であります。

 

結構twitter界隈のつぶやきを眺めているとバンコクの夜遊びはもう終わったみたいな空気が流れており

 

みんなタイの夜遊びはパタヤに移行しているみたいな風潮を少し感じておりまして、
そんなに最近はパタヤがいいのか?と自分も肌で実感したいと感じていたのは確かです。

 

ソンテウに乗車後ブッカオからWS方面へ移動します。

 

その途中夕方近くに1〜2時間くらい泳いでいたためか一旦夕食にしようという話になり、
WS近くのタイ料理屋へ入ることとなりました。

 

 

パタヤの飯屋事情はよくわかりませんので読者さんにおまかせで教えてもらったお店がここ
FraPattaya、1982から運営されているということで、誕生年は私と同じです(笑

 

詳しい場所は下記Googlemapを参照。

 

ウォーキングストリートすぐ近くのお店なのですぐわかると思います。

 

どうしてこのお店を読者さんがチョイスしたのかというと、
なんでもウォーキングストリートで働くゴーゴー嬢達も好んでこのお店をご推薦する程
タイ料理が美味だとかなんとか。

 

 

客足を見ていると夕食時間だったので参考にはなりませんが確かに席はほとんど埋まっていました。
ウォーキングストリート付近であることから観光客も多いながらもタイ人顧客も多い印象のお店でしたね。

 

さて、そのゴーゴー嬢達がおすすめするフラパタヤのお味は如何程かということで
私はシンプルにガパオライスを注文することにしました。

 

私は基本的に初めてタイ料理屋に訪れると決まってガパオライスを頼みます。
バーミー系があるお店の場合はまた別ですが、

 

カオパットとかの場合は炒めているのでそのお店のご飯の質がわかりづらいですし。
そのお店のご飯の質を確かめる上でも白ご飯と具がきっちり別れているご飯もの定番料理となると

 

やはりガパオライスかなと(笑

 

まぁ、タイ人も何かを食べようか迷ったらとりあえずガパオでいいか?みたいな風潮がありますし、
私もガパオライスは日常的に食べてるんで自分の中での判定もしやすいかなと思ってオーダーしてみました。

 

 

待つこと15分くらい。
混雑時だったので時間がかかった模様でした。

 

ガパオと目玉焼きで85THB。
ウォーキングストリート近くのレンストランメニューの価格としては相当安い価格設定だと思います。

 

観光スポットということを考えた場合バンコクでは少なくとも100THBは超えそうな気がしますが、
さすがはパタヤと言った所でしょうか。

 

ガパオは鳥か豚が選べます、さらには辛さのオーダーもできるようで、
私のチョイス今回は鳥肉そして辛さは普通でお願いしました。

 

というわけで、席に料理が届き、早速一口具を頂くと・・・
なるほど、普通の辛さの基準はタイ人レベルの普通の辛さ基準。

 

多分初めて味わう人にはちょっと辛いかも・・・そうですね激辛一歩手前くらいのカレーかな?
といいつつ水があれば食べられるレベルの辛さです。

 

味もしっかりとしており、鶏肉も良い感じに味が浸透しています。

 

そして、肝心の一番重要な白ご飯の質は・・・・完璧でした(笑

 

人が多い時間帯だったということもあるかもしれませんが、

 

まず、屋台とかである特有のご飯がぼろっと固まっている感じが一切ない
米の水分が飛んでおらずパサパサしていない。
さらにこの上記の条件を満たした上で米一粒一粒が良い感じに炊きあがっている。
(べちゃべちゃしてない)

 

具が旨いのはもちろんの事ですが、ここまで白飯がうまいお店も自分の中では珍しかったんで
久々にリピートしたいお店だなと本気で思いました。

 

で、85THBでしょう。

 

まじでウチの近くにあれば通うわーと思っちゃうレベルお店だとおもました(*′Д′)

 

とりあえずパタヤに行ったら自分のマスト飯屋にしようと思います(笑
他の料理も味わってみたい衝動にかられました。

 

いやはや本当に美味しいガパオライスを久々に食べられたなと。
是非とも通りがかった際は寄ってみてください。

 

というわけで、お腹も膨れた事だしウォーキングストリート内へと突入していきます。

 

 

実に2年振りのウォーキングストリートへ。

 

10時過ぎの時間帯ではありましたが、ウォーキングストリートでは一部まだ水鉄砲をもって
水かけ祭りを行っている人たちもちらほらおり、私もこの時水鉄砲を構えていてので
ところどころでずぶ濡れになりながらも一店舗目の店内へ。
その最初の第一店舗目を飾ったのはこちらのSKYFALLに入店する事となりました。

 

水鉄砲は外のセキュリティーに預けての入店。

 

SKYFALL入店の感想として・・・・エアコン効きすぎて寒い(笑

 

ソンクラーンでエアコン切ってるだろうとか思ってたんですが
冷房ガンガンでした・・・いやほんと・・・寒すぎてどんな女の子がいたか覚えてないんですが。

 

Skyfallの雰囲気的には日本人好みの子達がいるというよりは、ファランが好みそうなお店かなぁ?
というのが印象に残っています。

 

このお店はコヨーテ系のお店なのか、嬢の在籍数は多いものの特に衣装にエロさを感じる事もなく
時間帯によって連れ出し価格が変わるそうで、通常1500THBの0時を過ぎると1000THBになるのだとか。

 

とりあえず寒すぎて覚えてるのはここまでです(笑

 

まぁ、私はあまり好みのゴーゴーバーではないかなというのが正直な感想でした。

 

在籍が多い、箱も広い。

 

ですがどうにも人数が多くなってくると
私の場合は目移りしすぎてどの子に行っていいか逆にわからなくなってくるっていう

 

そういう事ありません?

 

ただ、パタヤのゴーゴー嬢のレベルはバンコクより高いかも?とは思いました。

 

つづいて読者さんおすすめなゴーゴーバー巡り二店舗はサファイヤクラブへと入店する事となりました。

 

こちらもスカイフォール同様にエアコン効きすぎてて寒すぎ(笑

 

ソンクラーン期間中のゴーゴーバー巡りは上着常備で行かないときついですね。

 

多分サファイヤクラブは初めて遊びに行ったお店だと思います。
店内中央にそれなりに大きいステージがあり、客層はほぼほぼファラン。

 

私たちが訪れた時にはカウンター数席しか空きがありませんでした。

 

綺麗でスタイルが美しい嬢達が多い印象。
というか、足が綺麗、そんな子ばっかりでしたねこのお店は。

 

整形率が高いのは言わずもがな、なので必然と顔もそういうハーフっぽい顔立ちになっているというか。
ナチュラルでいいのにねぇ(;′-′)

 

衣装も3~4タイプあるみたいで、見てる分にはいいですが呼ぼうかな?という気にはならなかったですね。
というより、相手にされなかったっぽいかな(笑

 

一人話してみたいなぁと思う嬢はいたんですが・・・
なんか美人すぎて逆に話しかけにくいっていう感じだし、ファラン専用だろうなぁとか思って
ちびちびジャックソーダを飲んでいましたとさ。

 

ちなみに読者さんは一人嬢をいつの間にか席に呼んで話しており、
おまけでついてきたその友達の嬢をどうだ?的な感じで女の子にふられましたが。

 

丁重にお断りさせていただきまして適度にステージをぼーっと眺めているのでした。

 

サファイヤクラブの在籍している嬢のレベルは高いと思います。
ですが、スカイフォール同様にサファイヤクラブもファラン優勢のお店なのかな?とは思いました。

 

というわけで、しばらくサファイヤクラブでまったりした後は再度ウォーキングストリートメイン通りへ戻り
ゴーゴーバー巡りを続けていくのでした。

 

つづく…

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket