パタヤの運命のバービア嬢とまさかのウォーキングストリートでばったり(昔話)

0

medium_2514360786

タイへ移住を完了させ、少したったある日
ヨッティーさんから連絡がありました。

 

当時彼は、よく旅行者としてタイに遊びに来ておりました。

 

その度に色々とアテンドをしてヨッティーさんの友達と
よく色々な所へ出かけたものです。

 

今回はたまたまパタヤへ滞在するという事で、
KKも来なよ!と半場強引にヨッティーさんに誘われ(笑

 

丁度彼らの滞在期間が週末だった為に土日を利用してパタヤへ向かう事にしました。

 

パタヤ一泊の弾丸ツアーです。

 

ただ、この日は土曜日は仕事でしたので、仕事終了後向かう事にします。

 

ちなみに、完全に弾丸なので予定も特になんにも立てておらず、着の身着のまま(笑
もちろん、ホテルの予約なんかも入れてるわけもなく

 

もう現地で『適当に見つければいいや〜』って事で
エカマイのバスターミナルから123B払って仕事が終わり後そのまま向かうのでした。

 

バスで揺られる事1時間半くらい、パタヤに到着したのは10時頃、
リュックをぶら下げ、既にウォーキングストリートで
食事をしているヨッティーさんと合流します。

 

色々と、彼らはゴーゴーバーを覗いてみたらしいのですが、
未だに今回は決めておらず、ウォーキングストリート入り口付近のタイ料理屋で
作戦を練っているみたいです。

 

無事合流し、じゃー色々と回りますかーと言う事で
ウォーキングストリートを歩いて行きます。

 

しかし、パタヤ流石ですね。
年末程ではありませんが、人はいつでも溢れかえっておりました。

 

やはりこの辺が観光地ですね。

 

どこのゴーゴーバーに入ろうかと色々と検討中・・・
っていうかまずはホテル探さないとだよなぁーと色々と思案して歩いていた所・・・

 

遠目になんだか見に覚えのある顔と遭遇します

 

K「ん??どっかで見た事あるような」

?「あーーーーーー!!」

 

向こうも気づいた様で、こっちに来たとたん抱きついて来る彼女。

 

そう、その彼女とは運命のバービア嬢でした(笑

 

K「うぉ!!なんでこんな所にいるの・・・」

 

運命のバービア嬢「Kはなんで来るなら連絡しないの・・・」

 

実に6ヶ月振りくらい(新年以来)の再会にまたまた、

 

本気で運命を感じてしまいました(笑

 

ちなみに彼女は一人ではなく友達2人(1人オカマ)と
一緒に遊びに行く途中だったみたいです。

 

完全にアポなしで会えるなんて・・・いやはや、変な所で繋がっていますね。

 

少しウォーキングストリートで立ち話をしつつ、一緒に遊びに行くという事で
ヨッティーさんとバービア嬢の友達達と5人で
(※ヨッティーさんのお友達は良い子が居たとの事なので途中で別れました)

 
ウォーキングストリート内のインソムニアへ行く事にします。

 

ちなみに、この頃になると、運命のバービア嬢はそこそこ日本語も
分かるような感じになっており初めて遭った時に比べて
さらに色々な面で成長しているなという事が分かります

 

そして、さらに可愛くなっていたし(*´Д´)

やっぱり、初めて会ったときのインスピレーションは
間違っていませんでしたね。

 

暫くインソムニアで楽しんでおりましたが、ヨッティーさん
旅行者なのでそろそろ、時間的に女の子を見つけなければならないという事で
チェックします。

 

残された私たちは4人はしばらくインソムニアでまったりしてましたが、
ソイ7のバービアへ行くという事で
(どうやら彼女の友達がそこで働いていたみたい)

 

向かう事にします。

 

と、ここで肝心な事を忘れていました・・・・

 

そう、ホテルの予約を取ってないという事に(笑
そして、パスポートを携帯していないという事に気づきました。

 

これはもしかして・・・朝迄遊ぶコースか・・・
バービアでそんな事をまったり考えていると、
彼女から今日は貴方と一緒に居ると言われます・・・

 

・・・・うーーんどうしよう(;´Д´)

 

とりあえず、明日帰る上にホテルを取ってないって事を彼女へ告げると

 

運命のバービア嬢「私のアパートにくればいいんじゃない?多分空いてるよ」

 

なるほど・・・・それだ!って事で彼女のアパートへお邪魔する事にしました(笑
これはこれで、助かった・・・。

 

という事でバイタクを捕まえ運命のバービア嬢のアパートへ

 

彼女の部屋はお母さんと、他2人くらいで一緒に住んでいるらしく
別の部屋をこの日一日だけ貸してもらえるように手配してくれて

 

一泊500Bでなんとかレンタル(笑

 

とりあえず野宿しないですみましたね(´Д´)

 

部屋を確保して無事借りられた後、
寝る迄色々とタイに移住してからの話に華を咲かせ
これからいつでも会えるねぇーなんて話をしたりペットを紹介してもらったりと
終始まったりモード(笑

 

まぁそんなもんですよね。

 

・・・・・・

 

・・・

 

 

一夜明けて日曜日、お昼手前頃に目覚めて携帯をふと見ると
ヨッティーさんから着信が、折り返し話を聞くと、これからご飯食べに行こうよ
という事でセントラルパタヤ辺りで食べる事にしました。

 

正直何を食べたかは覚えてません(笑
でも多分日本食だった気がするかな・・・・

 

その後は私はもうバンコクへ戻るという事で
食事後そのままヨッティーさんはお別れ、
運命のバービア嬢はモトサイを所有していたので、
そのままバス停乗り場へ送ってもらう事にしました。

 

パタヤの滞在時間は17時間程度でしたが、
なんだかんだで偶然の出会いにより退屈せずに楽しく過ごす事ができ、
自分の中でやはり彼女は何か運命的なものがあるのかもしれない
と、錯覚するのに十分な体験でした(笑

 

バスターミナルへ到着後、運命のバービア嬢とはお別れ・・・・
相変わらず別れ際はさばさばしておりましたが
まぁ1日も経ってない滞在でしたのでそれほど寂しさは感じませんでした。
それに、来ようと思えば週末いつでもこれますからね。

 

しかし、この後バンコクで元彼女と出会ってしまった為に
なんだかんだで頻繁にパタヤへ行く事はありませんでした(笑

 

その辺りは理由があって・・・
のちのち昔話で語る事にします。

 

パタヤからの帰りはバスを使うと思いきやなんだかんだでタクシーで帰るのでした。
結構行きはバスで行くんですけど、なんか帰りはだるくなって
タクシーで帰りたくなります(笑

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: Roman Lashkin via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

Leave A Reply

CAPTCHA