パタヤ最終日、もう一度あの島へ・・・・そして運命のバービア嬢との別れ

3

medium_2249695246

なんか昨日、アソークのターミナル21が
デモ関係で営業を一時停止したみたいですね・・・

色々と利権も絡みなかなか難しい問題ですが、
早く解決して欲しいもんですね・・

そういえば、ナナプラザの前とかにも軍隊の人を見ました。
色々な夜遊びスポットにちょっと介入したりしてくるのかな・・・

さてさて、まぁその辺はさておき
夏のパタヤ旅行最終日のお話です。

前回パタヤの運命のパービア嬢との衝撃的な出会いのあと

パタヤの最終日の朝、前日ソファーで寝てた為か
正直悪い夢を見てうなされて起きました(笑

本日は最終日という事ですが、
なんだかんだで最後はいい出会いが出来たなと
個人的には満足でした。

ちなみに帰国の便は深夜23時発の便なので
時間的にはまだまだ余裕があります。

朝うなされて起きたのは10時前後
とりあえず、彼女はまだ寝ておりますが、
シャワーを浴び身支度を整え
帰る支度だけはしておく事にしました。

がさごそしていると・・・彼女も起床

(=.=)←ちょー眠そう(笑

彼女もシャワーや、身支度を整え、
この日はホテルもチェックなので
一回チェックしてからバックをホテルで預かってもらう事にしました。

ちなみに、帰りのタクシーは
事前にネットで予約を入れてたので指定された時間に
泊まっているホテルに来てもらう手はずになっていました。

まだ、そのタクシーが来る時間まで8時間程余裕があります。
ですので、まずは彼女とそのままご飯を食べにもう一度セントラルへ向います。

確か記憶ではMKへ行ったかなと
相変わらず意思の疎通は対して通じませんんでしたが(笑

それでも一緒にいると
お互い距離が少し近くなる感覚があり、

会話はないけど純粋に楽しかったです。
ちなみに、ショートかロングか
なんて交渉は特にしておりませんでしたが、
根本的に手を出さないという前提で彼女を誘っていましたので
どうやら長く付き合ってくれるような感じでした。
というか、おそらくこの時

本人もよく分かってなかったんでしょうね(笑

食事を終え・・時刻は12時過ぎ・・・まだ時間があるなぁって事で

ふと、ぽにーちゃんと行ったラン島がチラつきます。

まぁ時間あるし行ってみるか。
という事で彼女に伝えてみる

運命のバービア嬢「(コクコク)」

あっOKなんだ(笑

というわけで今回訪タイにして2回目のラン島出発です。
パタヤの南の船着き場から今回もラン島へ向います。

ちなみに、一般の定期便以外にも
高いですが、スピードボードなるものもありますので
時間を掛けずに行きたいなら
そちらで行ったほうが良い
かもしれません。

そして、ラン島の船着き場へ到着・・・・
・・・ん?(;´Д´)あれ・・前回と止まった先が違うような・・

まぁ時間か、乗る場所によっておそらく止まる場所が違うんですかね?
ちょっとこの辺はわかりませんが、とりあえず適当に歩く事にします。

最初バイタクを借りるかどうかを
彼女に聞いた所

彼女はバイタクは嫌と
なぜか拒否った為に歩く事にしました。

ぽにーちゃんと来た時は山の方へ向いましたが、
今回のこの運命の嬢とは下の道をひたすら歩きました。

K「ここ来た事ある?」

運命のバービア嬢「(フルフル)」

(首を横に振る)

お互いほとんど会話も分かりませんが・・・
ひとつココでタイ語を教えてもらおうという事で

とりあえず歩きながら色々と指を指して
ジャスチャーで何?みたいな事を聞いていきます。

色々とタイ語で発音する彼女・・・
あっ・・ごめんなさい君さ・・・

(*´Д´)声もちょー可愛いよね

という事に気づいた

たまたま猫が目の前をよぎった時に
あれは何?と聞いた所

運命のバービア嬢「ミャーオ」

K「えっ??ん?何??(´・ω・)」

運命のバービア嬢「ミャーオミャーオミャーオ」

(引っかく真似をちょー笑顔でする)

(*´Д´)ダメだこの子・・・可愛すぎる・・・

最初は泣き声の真似をしているのかと思ってたんですが、
どうやら『猫』はタイ語で『ミャーオ』みたいです。

一緒に歩き始めて20分くらい経過・・・・

いやー・・・・歩いている間誰にも遭遇しないっていうね(笑
もちろんその間は炎天下の中ですが、
彼女と二人っきりの時間
ひたすら長い田舎道をただただ歩いていきます。

疲れないのかなぁと思って彼女の方を見てみたら
なんだか笑顔で楽しそうに歩いておりました

(*´Д´)可愛いなー・・・

そして暫くすると開けたビーチに到着。
あまり人が来ないのか、3~4人くらいしかそのビーチには居ませんでしたが

歩いて来たということもあり、変な達成感があります。

人があまりいないビーチに二人きり、
奥で海をぼーっと眺めている彼女の絵が

あまりにもはまりすぎていたので
思わず携帯で写真を取りました。

が残念ながらその写真はもう
紛失してないっていうね(´Д´)クソッー

非常に悔やまれます・・・orz

その後、しばらくその浜辺でまったりしつつ、

さすがに帰りは、
バイタクが浜辺に止まってあったので
交渉して、港まで戻りました。

時間ないですしね(笑

そして定期便に乗りゆっくり時間を掛けてパタヤ本島へ戻ります。
彼女の方を見てみてると

すっごい気分悪そうにしてましたww

恐らく船酔いしたんでしょうね。
まぁ私も同じで船酔いしてましたけども。

皆さんも嬢とラン島行く時は
気をつけて行って下さいね。

もしかしたら酔い止めの薬があると
良いかもしれませんね。

パタヤに戻り後
そのまま彼女の働くバービアへ向います。
帰国の時間が迫ってきたという事で

彼女はそのままお店へ出勤という流れです。

ちなみに、まだ多少時間が残っていましたので
少し彼女の働くバービアでママさんと三人で飲むことにします。

・・・・・・

・・・

本当・・・楽しい時間あっという間ですね(;´Д´)

そろそろ迎えが来るのでホテルに戻らねばなりません。

チェックビンを終える・・・

するとママさんが彼女に
彼に電話は教えたか?みたいな事を言っており。
彼女の携帯番号を教えてくれました。

絶対日本帰っても連絡するよ!

って事で

思えば今回のパタヤ滞在は色々ありました

本気で惚れるのが怖くなったり・・・・

自分が外国人なんだという疎外感を感じた
そして最後にはすばらしいバービア嬢と出会い
二回目でしたが個人的には非常に満足した訪タイでした。

そういえば・・
WSは一回も行ってなかったですね。

バービアオンリーっていう(笑

まぁ、これはこれで楽しみ方の一つですし、
自分にはまったり飲んで

ぼっーとしているスタイルが似合っているという事で

ちなみに、この時の別れは

すがすがしい気分の良い別れだったので悲しさを引きずる事なく
日本へ帰国する事ができたのでき

こうして、色々な想いを胸に
8泊9日の2回目のパタヤ滞在は幕を閉じるのでした。

photo credit: fiction-parade via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

3件のコメント

Leave A Reply

CAPTCHA