パッポンのゴーゴーバー・ピンクパンサーは最近お客は少ないけどクオリティが高い

 

パッポンのゴーゴーバー・ピンクパンサーへ
実に8月のG-DAIRYで取り上げられていた謎の人物大御所の大森真氏に会った以来でしょうか(笑

 

パッポンのピンクパンサーにてゴーゴー嬢の刺青で有名な大森真氏に出会う
ある日の夕方G-Dairyを内田屋辺りで眺めていた時に ふと面白いページに遭遇したというか、『謎の大森氏を追え!』という特集に目が留まりました。 なんでもゴーゴー嬢に自

 

割とキングスキャッスルとかはちょこちょこ顔を出しているのですが、
あんまりパッポンのピンクパンサーには足を運ばないんですよね・・・・(;′-′)

 

なんでだろう(笑

 

まぁ、そんなわけでとりあえず久々に超兄貴に呼ばれまして、若者と飲んでるから
YOU遊びにきちゃいなヨという事でお邪魔してきました。

 

しかし、タイ国王崩御の影響で確実に人が少なくなっている波が来ているなと
感じざるえませんね。

 

ゴーゴー・コヨーテ嬢:7に対してお客:3というアンバランスな割合は
まさに、選び放題な状況が現在ピンクパンサーでは出来上がっていると思います。

 

しかも、8月の前回訪れた時にも感じた事なんですが・・・・
なんかここ最近のピンクパンサーのレベルが着実に上がっているというか、
バダビンと同様、いやもしかしたらそれ以上のラインナップの嬢達が現在ピンクパンサーには
 揃っているという印象を受けました。

 

そう、とにかく若くてめちゃくちゃ細い嬢達が多いという事。

 

いやほんと・・・何食ったらあんな腰のくびれになるんだよ(;′-′)
と、言いたくなるようなスタイルで、ちょー小生意気な感じ?

 

先日ナナプラザの新店舗エンター(ENTER)へと足を運んできましたけど、

 

ナナプラザの新店・ENTER(エンター)は背の高いゴーゴー嬢のレベルが高め
先日のナナプラザ、サッカーズでサービス軍団のショートコントを拝めた後の話 新店舗が気になるという事で、3Fの新ゴーゴーバーENTER(エンター)へと足を運んでみました。

 

その時見た長身の子くらいのレベルの嬢がピンクパンサーではゴロゴロ女豹娘のごとく揃っているので
正直ナナプラザの新店ENTERとパッポンのピンクパンサーを比べたら

 

ぶっちゃけ勝負になってないくらいあ圧倒的かわいい戦力差ピンクパンサーが勝つかなと。

 

今パッポンのピンクパンサーは、そんな勢いがある店かなと思います。

 

で、今回端っこの席で飲んでたんですが、なかなかその横で休んでいた嬢達の
アピールがそこそこある事で退屈しませんでした。

 

今回一緒に訪れた超兄貴は既によろしく的な子がおり出来上がっている様子。
一緒に同行した私より10も年下な若者は若干遠慮しつつもイケメンである事から

 

愛嬌で女の子惹きつけている感じはやっぱり
若さっていいなぁ〜と素で感じたのでした(笑

 

そんな若者・超兄貴・若ゴーゴー嬢に囲まれての飲みとなったわけですが、
今回はいつもみたいにはっちゃけずにまったりと紳士的な飲みでしたが

 

しきりにシリコンの胸をゴーゴー嬢自ら触らせたり、それを見て対抗心を燃やした
ナチュラルの胸の子が『私の方はオリジナルよ!』と対抗して触らせてたのはなんとも

 

こやつらに『羞恥心』という3文字はないのか!とそこはかとなく感じましたが・・・・

 

あ、お触り禁止なんで!スタッフーーーーー!とか呼ばれるお店より
 こういったスキンシップに寛容なお店の方がやっぱり楽しいのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、割と甘く見てましたけど、
ここ最近のパッポンのゴーゴーバー・ピンクパンサーは一見の価値があるかと思いますので
ぜひ行ってみると良い嬢に巡り会えるかもしれませんよ。

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket