パッポンのゴーゴー嬢と王宮近くの寺院サーン・ラック・ムアンでデートしてきた話

 

今まで数々のタイ人を見てきましたが、根本的に日本人と比べて違うなと思った所は
信仰に対する深さが挙げられます。

 

私の勝手なイメージで言わせて貰えば、例えば日本の場合修学旅行で
京都の寺院に訪れるという事があったとしても、その場で熱心に祈りを捧げるなんていう事は
学生はやらないと思うのですが(やり方を知らないから)

 

あとは周りの目を気にしてたりとかね。

 

しかし、タイ人達の場合はそういった祈りを捧げる事に対して幼い頃から親や学校等から教育を受けている為に
人が多い所でも自分の信じる事の為に熱心に頭を床に付けてまで祈りを捧げる姿勢は正直すごいなと思います。

 

というわけで、パッポンのゴーゴー嬢のアパートに泊まった翌日

 

パッポンのゴーゴー嬢「お寺行く!」

 

という、お達しを受けた為に今回王宮近くの

 

お昼過ぎくらいから、サーン・ラック・ムアンというお寺に足を運んできたのでした。

 

 

 

実は今までタイ・バンコクで生活をしていて嬢と昼間お寺に行ったのは初めてだったりします(笑
割と行こう!とか言われてた割には行った事がなかったんですよね。

 

今回パッポンのゴーゴー嬢がこのサーン・ラック・ムアンへ訪れた理由は聞かなかったのですが、
何かをお願いしたい事があったのでしょう。

 

 

お寺に入って左側の受け付けで二人でお祈りセット購入確か1セット200THBくらいだったでしょうか
金額はうろ覚えなんで定かではないですが・・・そんなもんだったかなと・・・

 

 

セット内容は、蕾の花、花輪、布、ろうそく、線香、そしてなぜか油というセットを貰って
お寺の中へと進んでいきます。

 

 

まずは最初ろうそくに火を灯し、倒れないように固定しつつ線香にも火を、そしてそれを席に持って
前方にタイ語で書かれているお経らしきものを読み上げるみたいなんですが・・・・

 

まぁ、私は読めないという事で(笑

 

適度にパッポンのゴーゴー嬢に合わせて見様見真似で行います。

 

 

いやー・・・久々に正座するときついですね(;′-′)
しかも床は石なので結構きついですが、これもある種の修行の一つでしょうか(笑

 

というわけで、少し祈りをパッポンのゴーゴー嬢と捧げたあとは、
花輪を外の部分にかけておき、布を巻くポールみたいなものがあるのでそこにしっかりと結んでおきます。

 

 

そして、何に使うかわからなかった油で火が灯りが消えないようにか、全ての受け皿に全部使い切るよう
注いで行きました。

 

まぁ、あとは金粉を取ったりとか色々とやったんですが、割と私も慣れていないので作法的な所は
ずーっとパッポンのゴーゴー嬢のやり方をみていたわけですが、やっぱり非常に手馴れてるなぁと感じます。

 

タイ人にとってはこういった事は本当に日常的な出来事なのでしょうね。

 

全ての参拝が終わった所で、彼女がお土産を買うという事で寺院内にあるお土産屋を覗いていたのですが
・・・・なんか気がついたら警官や軍関係の人が増えてきてたんですよね・・・・(;′-′)

 

明らかに警備態勢に入っている感じで、もしかして誰か要人でもくるのかなぁと?

 

という事で、私たちもせっかくなので誰かが来るならその人を見てみるかって事で
しばらく待っていた所。

 

 

現ラーマ10世の娘のパッチャラキッティヤーパー王女が参拝に来てました。

 

王族の威厳というか、周りの取り巻きも含め色々と別格なのだなぁと感じたのは言うまでもありません。
なんかワイしながらみんな祈ってたし。

 

あとは、この王女様自体も人気があるのかもしれませんね。
どうやらパッポンのゴーゴー嬢自身も慕っているみたいでして、
ぼーっと見てたら通りががった時ちゃんとワイしなきゃダメと怒られますた(;′Д′)

 

というわけで、そんな要人も見れつつの参拝後はそのまま夕飯を買う為に市場で

 

パッポンのゴーゴー嬢「今夜は蟹よ!!」

 

K「いやっふーーーー!」

 

パッポンのゴーゴー嬢「あっ、Kが買ってね」

 

K「・・・ハハハ・・・ワロス(;′Д′)」

 

まぁ1kg 380THBなので全く問題はないですがね(笑
ちなみに3匹購入して蟹は300THBでした。

 

あとはがっつりと肉買ったりとか野菜買ったりとかでアパートへ戻ると早速
パッポンのゴーゴー嬢がLet’s Cooking!! 私は・・・・・適度にゲームしてました(笑

 

 

部屋は広いけどキッチンがないので調理はベランダで

 

 

そして、最終的には四品きっちりと調理された料理が並ぶのでした。
ソムタムパラーは食べられなかったですが(味がタイ人仕様の為)

 

蟹うまいよ蟹(;′Д′)

 

 

皆さんもオキニや嬢が料理を作ってくれる子であれば、料理を作ってもらうと
二人の仲がさらに進展するのかもしれませんよ。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket