マイナーだけど光る嬢が一人居れば良くない?ナナプラザのスペルバウンドにて

medium_4682292769

ナナプラザへ行った時、大抵巡回するルートというのは決まっております。

レインボーグループを覗きつつマンダリンを見て最後にチリでまったりするコース

正直飽きてきました(笑

 

もうちょい何かしら刺激が欲しい!
と、思いつつもLBに手を出す気は全くなく
その辺の境地へ行くつもりは毛頭ありません・・・

 

という事で、最近は一人で行ったときは
なるべくもっとマイナー店も注意深く覗いてみようと思いました。

 

人と一緒に来てる時はそういう行動はしませんが、
一人で行動している時は、なるべく大手のお店を避けて
マイナー店で光る原石を探す、こういう遊びもありなのかなと思います。

というわけで、久々に今回ナナプラザのスペルバウンドへ訪れたわけですが、
私の中でのこのお店の印象というのは、熟女層の厚いゴーゴーバーという印象

 

ナナプラザのスペルバウンドは熟女系なゴーゴーバー

 

実際お客さんの9割はファランな為に
ほぼ日本人のお客さんが入る事はないかなと思いますが、

 

今回あえてトライしてみました。

 

とりあえず、お店に入店しつつ、席を確保し座る。
そして、じっくりと今回は店内を眺める事にします。

・・・・ふむ、確かに今回も熟女優勢ではありまます。

そして相変わらずのアピールの凄さにたじたじしますが、
丁重にお断り・・・

 

そしてそんなアピールを交わしつつ

個人的に光るゴーゴー嬢を3〜4人程発見。

熟女ゴーゴーガールに紛れて、若い子が何人かちらほらと発見できました。

しかも一人は結構私好みっていう(笑

 

暫くその嬢のダンスを眺めて飲んでいた訳ですが、
向こうからの愛想具合も非常にGOOD(*´Д´)

 

こいつは一杯飲ませるしかないという事で、
踊っている嬢にサービスを呼んでドリンクを一杯オーダーします。

すると、まずは踊りが終わらないうちに席へ来てくれて、軽くトークを交わします。

なんでも19歳でまだ働き初めて
2ヶ月の嬢と言う事

以前はセブンイレブンで働いていたらしく
彼女曰くゴーゴーバーで働くのは初との事です。
(こういった話は基本50%50%で聞いています)

 

でも、これはなかなか
良いゴーゴー嬢に巡り会えたかもしれません。

とりあえず駆けつけ一杯を飲んだ後は、彼女はまだダンスが残っているという事で
ステージに戻ります・・・・

あっ・・・これはもしかして以前あったレインボー1の時の
戻った後は席に来てくれないパターンか?

と思いましたが、この嬢の場合はそんな事なく
ダンスパートが終わったら再び席へ来てくれました。

 

というわけで再び会話を楽しむ事にします。
サービスからの

サービス「一緒に連れて上へ行かないのか?」

K「いやー今日は彼女と会って初めてだし、今日は会話を楽しむよ!」

攻撃も華麗に交わしつつ

彼女は別段嫌な顔せず今回は席に居てくれました。
もちろん、持ち帰るつもりもないですし彼女がオーダーしたテキーラを
サービス達の目を盗んで、自分でたまーに飲むのもお約束(笑
まぁ私が飲みたいだけなんですけどね

 

ちなみにスペルバウンドのLDは175Bとの事。

 

その後お店のママらしき人が来て
なんとなく雰囲気が嫌いじゃなく、一杯飲ませても良いかなと思ったので
ママさんに御馳走します。

 

今どこに住んでるかを聞きたくなり、彼女に聞いてみます。

K「君はどこから来たの?」

スペルバウンド嬢「えっ?ラマ9だけど?」

K「ラマ9?バンコクの人なんだ?」

K「近いね、今ホイクワンに住んでるんだけど」

スペルバウンド嬢「えっ!ホイクワン?私○○○のソイ○なんだけど!」

K「・・・ご近所さんじゃないか(;´Д´)」

 

っていうかラマ9じゃないだろうそこは(笑

スペルバウンド嬢「あとママさんも同じ所のソイ○○に住んでるよ」

555、みんな近所で笑いました。
今私が住んでいる地域は夜の嬢達が意外と多い地域なのかもしれません。

 

なんだかご近所さんという事もあって色々と会話も弾みます。

ちなみにこのお店のママさん私の母親と年齢が近いという事もあってか
その話をしたら

 

ママさん「よし!貴方は今日から私の息子だ!私の事はメーと呼びなさい

 

とかいわれる始末。
でもこういうママさんは個人的には嫌いじゃありません。

とここで、スペルバウンド嬢のご提案により、
LINE持ってる?と聞かれ教える事に

そして彼女のLINEを無事頂きました。
ナナプラザのゴーゴー嬢からLINEを貰うのは初めてですね(笑

 

そして、なんかついでにママさんも教えてくれてなぜか二人分のLINEをゲッツ!
色々とこの辺りはじっくりと暖めて行きたいと思います。

 

まぁでも・・・私はどちらかというとLINE好きじゃないんで
電話番号の方がよかったかなぁ

 

K「普段どこで遊んでるの?」

スペルバウンド嬢「トンブリーの辺りで」

エラい郊外で遊ぶのね・・・(;´Д´)
結構BTSの端の方ですね。

機会が遭ったらちょっと連れて行ってもらいたいですね。

 

というわけで、メジャーなお店でいい子を見つけるのもいいかもしれませんが、
こういったあまり馴染みのないお店に行く事によって、いい子が居る可能性がありますので
これから一人の時は積極的にこういったマイナー店からいい子を探してみたいと思います。

なにせ、一人居ればいいんですから(笑

 

意外と光る原石のゴーゴー嬢が見つかるかもしれませんよ

photo credit: Harry Fichtner via photopin cc

[`livedoor` not found]
Pocket