久々にラチャダー(ホイクワン)界隈のマッサージパーラーを数件冷やかしに見に行ってみた

IMG_2883

 

以前のアパートはホイクワンの近くであり、
徒歩5分の所に日本人御用達のマッサージパーラー・ナタリーがという立地に住んでおりました。

 

現在ではまた違う所に住居が移った事からほとんどホイクワン界隈には足を運んでおりませんでした。
前回のソイカウボーイ・スティサンと一緒に廻った読者さんから

 

プーパッポンカリーが食べたいというご指定を頂き
それならば、プーパッポンカリーで有名なソンブーンにでも行きましょうかという事で
ソンブーン・ホイクワン店へ足を運びました。

 

待ち合わせは前回を同じアソークで待ち合わせです。
そこから合流後今度はMRTを使ってスクンビットからホイクワン迄向かいます
スクンビットからホイクワンまでMRTで23THB。

 

混雑時ははっきり言ってタクシー使うよりMRT使った方が早く着きます。
特にアソークの交差点は常に渋滞ですからね・・・・
帰宅ラッシュ等に重なるとアソークからラマ9(ホイクワンの手前)迄行くのにタクシーで
1時間も掛かっちゃうんじゃないでしょうか?
それだけ混雑する通りでもあります。

 

日本の旅行雑誌等でも度々取り上げられるタイ料理レストラン・ソンブーン


IMG_2881

 

タイ料理のソンブーンレストランが有名なのは
以前日本の小泉純一郎元首相や秋篠宮殿下が足を運んだ事のあるレストランである事から
有名なのではないでしょうか?

 

ソンブーン・ラチャダー店では、店内にこの二方がお店へ訪れた時の写真が階段付近に飾ってあります。

 

私はソンブーンへ訪れた経験は今回を入れて2回
プーパッポンカリーなんていう有名なタイ料理がある事を知らなかった私は友人の勧めで
一緒に初めてこのお店に足を運び、初めて食べたプーパッポンカリーの味に
こんなに美味しいタイ料理があったのか!と驚いた記憶があります。

 

味付けもタイの料理は一般的には辛いが基本なのですが、
日本人の方にも納得の味付けだと思います。

 

まだ食べた事無い方は一度はプーパッポンカリーを食べてみると良いでしょう。
ちなみに、ソンブーンのプーパッポンカリーは殻付きとそうでない殻を排除した二つのタイプがあるのですが、

 

私個人としては殻無しのプーパッポンカリーをお勧めします。

 

殻付きのは殻の破片とか入っているので、気をつけないと歯が弱い人は
ガリッと行く恐れがありますのでご注意ください。

 

Sサイズは料金的な違いは発生しませんが、Mサイズになると
殻無しのプーパッポンカリーは高くなります。

 

しかし、2人で訪れるならSサイズで十分です。

 

3人以上でMサイズにすると丁度いいかもしれません。

 

今回試しにサイズが分からなかったので殻無し、殻あり両方を注文したのですが、
二人では食べ切れない量でした(笑

 

二人であればプーパッポンカリー一品と他のおかず+ビールで十分お腹一杯になります。
お値段二人で1200THBなので一人600THBくらいでした。

 

ちなみに、ここの店員のタイ人のお姉さんがえらい愛想の良い感じで終始色々と頼むとニコニコ
コチラの対応してくれたので非常にほっこりできましたね(笑

 

そんなソンブーン是非足を運んでみてください。
ソンブーンラチャダー店の場所はここになります。

 

 

というわけでラチャダー(ホイクワン)周辺のMPを冷やかしに行きます。

 

ラチャダー(ホイクワン)のマッサージパーラーエンターティメント・コンプレックス


 IMG_2882

以前から気になっていたお店でもあるマッサージパーラー(MP)エンターティメント・コンプレックス
外に掲げられている看板には早々たるスワイの面々の看板にびっくりしますが

 

とりあえず、『見るだけタダ!』といった客引きの人達のかけ声につられて、読者さんと入店します。
外観を見る感じ、中は広そうなのかな?と思ってたのですが、意外とMP嬢が待機している所は
スペースはそんなに無く、時間もこの日11時位だった為か待機している嬢は7名との事でした。

 

席に来て色々とママさんらしき人物が説明してくれます。
ちなみに、エンターティメント・コンプレックスのママさんは日本語を喋れる方みたいで、
終始日本語で色々と会話してみましたが、かなり分かる方みたいですね。

 

ママさん「貴方達来るの遅いよ!!」

 

なーんて怒られましたが(笑
ぶっちゃけ私はみるだけなので全く問題ありません。

 

この日の値段設定は2200THB〜2600THBの嬢達が待機しています。
今回見たときは可愛いというよりはどちらかというと綺麗系の嬢達の比率が高かったですね。

 

かと言ってその中から選べるかと言ったら・・・・
読者さん的には『ないかなぁー』という事で少しお店で嬢の様子を伺いなら少しママさんと雑談しつつ
次のお店に向かいました。

 

ラチャダー(ホイクワン)のマッサージパーラーエマニュエル


IMG_2883

マッサージパーラー・エンターティメントコンプレックスを出た後はそのままスライド式に南下します。
距離的にはおよそ50Mくらいの所にこのエマニュエルは存在しており、
ゴージャスな作りの門構えに出くわす事でしょう。

 

若干高級感が漂っている為に、入るに躊躇する事もあるかもしれませんが、
そこは気にせず門を開くと良いでしょう(笑

 

エマニュエルに在籍しているMP嬢の特徴は綺麗所を集めているなという印象です。
かなり、整形している感があるかなと感じますが、先ほどのエンターティメント・コンプレックスと比較すると
エマニュエルの方がレベルは高いと感じます。

 

在籍しているMP嬢の金額の幅ですがこちらは2200-3000THBと言った感じでした
しかし正直な所なんでこの子が3000THBなんだろう?と感じました。

 

明らかに3000THB以下の子の方がレベルが高い気がしたのですが・・・・
まぁ、この辺りは好みに寄る所もあるので、一概には言えません。

 

店内はかなりゆったりと出来る大広間でゆっくりとビールでも飲みながら
MP嬢を選べると行った感じでしょうか。

 

大人数で見に来てもそれを許容出来るキャバシティがある事から、
団体で見に行くには適しているお店かなと感じます。

 

最後は安定と信頼のラチャダー(ホイクワン)界隈NO1のマッサージパーラーナタリーへ


さて、エンターティメントコンプレックス、エマニュエルと廻って来た最後に
安心と安全の日本御用達MPナタリー

 

ちなみに読者さんは唯一ナタリーで遊んだ事があるそうで、
是非とも今回いい子が居たら上に言って来てもらいたいなと思いました。

 

ナタリーの店内に足を運んでみると・・・やはりと言うべきか
お盆休みに来店している日本人方達ばかりです。

 

訪れている観光客の年齢層はかなり幅が広く
おそらく20代前半の男性から50代の男性迄と各々お盆休みを楽しんでいる感じでした。

 

そして、肝心のこの時のナタリーのラインナップですが・・・・

 

さすがはナタリーとしか言えないラインナップですね。
待機している嬢の数もさることながら、上記2店舗に比べて圧倒的な質を揃えているナタリー
ラチャダー(ホイクワン)ではやはり鉄板だなと感じざる得ません。

 

そして、日本人顧客になれているMP嬢達の対応は目の前を通ると
日本語で声を掛けて来るというこのスタイルは、ナタリーならではかなと感じます。

 

というか・・・・テーメーカフェっぽくないですか?(笑

 

ガラス越しだけじゃなくてかなり間近でMP嬢との接点を持てる事から彼女達の笑顔を間近で浴びれるし、
そういった身近に感じる感覚がテーメーカフェ同様日本人の方に受けているのかもしれませんね。

 

というわけで、せっかくなのでビール一本頼んでまったりとくつろぐことにしました。
ビアシン一本100THBです。

 

ちなみに、ビール頼んで鑑賞モードに入ると
パタっと女の子の視線と声掛けがなくなるのでご注意ください(笑

 

気のせいかもしれません・・・・でもなんとなくそう感じました。

 

というわけで、まったりと店内を眺めつつそのまま満足した後は
スクンビット方面へ読者さんと向かうのでした。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket