初めてのタイ旅行、最終日にパタヤを満喫する日(昔話)

2

medium_1616178514

そういえば無事に
iAppのPODCAST内で夜遊びLIVE-BANGKOKが無事登録されたようで、
検索すれば出てきますので是非聞いてみたい方は購読チェックです!

バンコク夜遊びLIVE-Bangkok Podcastアプリ対応

さてさて、昔のパタヤ旅行日記の続き

前回秋元さんと次の日一緒にご飯でもどうですか?

日本人の優しさに感謝!初めてのパタヤ旅行(昔話)

と誘われた後からの話です。

翌日11時くらいに目が醒める。
もちろんエアコンは全開で、

私は基本的に朝は苦手だったりします。
起きるの無理(´・ω・)

おそらく起されなければ
一日中ぐだぐだ寝てられる性格です。

そんな中、ホテルの電話が鳴ります。

とりあえず出てみる・・・・

ナニイッテルカ・・・よくわからない(;´Д´)

しょうがないので連れ帰った女の子にお願いします。

そうすると、どうやら昨日の秋元さんが
ロビーに来ているという事で
なんとなくジェスチャーと拙い英語で教えてくれます。

これは急いで支度しなくてはと
ダッシュで着替えます(`・ω・)

ロビーへ行くと
くつろいでいる秋元さんを発見
傍らにはビューティフルな女性と共にまったりしております。

さすがGODは格が違った!!

秋元さん「昨日どうでした?良い子でしたか?」

K「それはもう(*´Д´)色々と優しい子でした」

秋元さん「それは良かった!」

秋元さん「じゃあこれからご飯を食べにいきますか!」

K「よろしくお願いします!」

というわけでまずは足を借りなきゃ
いけないということで

初旅行にして、初モトサイをレンタルします。

パタヤでは基本的にパスポートのコピーが
あれば借りれるみたいですね。

ここで一つ疑問が・・・

K「あ、秋元さん私日本の普通免許しかないんですけど・・・」

秋元さん「大丈夫大丈夫!なくて捕まっても
     罰金払えばいいだけだから(´ー´)」

K「(;´Д´)す、すげぇ・・・アメージングタイランドだ・・・」

(今のパタヤだと、結構取締りをよくやってるので、
ノーヘル・免許不携帯は注意してください。)

そんなこんなでモトサイをレンタル
一路、郊外のレストランへ向かいます。

真夏のま昼間にモトサイを
二傑でかっ飛ばす!!

いやー・・・日本でやったら
色々とまずいよなぁという罪悪感とは裏腹に

開放される自分の存在を感じます。
でも怖いので安全運転です(笑

パタヤ市内から20分くらい走ったでしょうか。
郊外のレストランへ入ります。

秋元さん曰く
このお店は結構有名との事ですが、
まぁ初パタヤなのでその辺まったくわかりません。

料理の注文もすべてお任せ、

でも、一品だけ、トムヤンクンが食べておきたかったので
お願いして、注文する事にします。

初タイ料理(*゜Д゜)ウマーーイ!!

パクチーの独特の味にはちょっとしり込みしましたが、
焼いた鳥の肉とかソムタムとか非常においしかったです。

女の子達も色々と取り分けてくれたりして・・・

・・あぁタイはなんて素晴らしい所なのだと、
確実に深みに嵌っていく感じになっているのでした(笑

食事の後は、少し南の方にある

ジョムティエンビーチの方へ

そこは、パタヤの歓楽街のビーチとはまた違って、
リゾート的な雰囲気が魅力なまったりしたビーチでした。

そこで四人で席を借り、
ビーチをぼーっと眺めつつビールを飲む

Oh…. Perfacet Day!

といきなり意味不明な外国人になってもおかしくない気分です。

パタヤ凄いよパタヤ(*´Д´)

こういう貴重な体験ができるのもこれは秋元さんのおかげです。
一人だったらまだ、タイご飯も食べれてなかったかもしれないし、

ましてやモトサイ借りてジョムティエンビーチなんて来れませんでした。

しかし、楽しい時間はあっという間に
終わってしまうもので、

帰国の時間が近づいてまりました(´・-・´)

『帰りたくないでござる』

とは、いい年した男が駄々をこねても
その状況が変わるわけでもございません。

秋元さんにそろそろ迎えの車が来る時間が迫っている事を告げ、
ジョムティエンビーチを後にします。

パタヤ市内に着き
秋元さんにお礼を述べ別れます。

本当にお世話になりました。

一緒にいた女の子仕事の時間でしたが、

迎えの車がくるまで一緒に待ってくれるという事で

・・・(´Д´)そんな事されたら
うるるんみたいに泣いちゃうじゃないか(笑

と思いつつも、彼女の好意を受け取り、
二人で迎えの車をロビーで待ちます。

・・・・・

・・・

空港行きの送迎が到着後、
彼女とは一回ハグをして、

また会えたら。

と告げ別れるのでした。

電話番号とかも何も聞いてなかったで
その後、会えた事は無かったのですが。

初回の旅としては、非常に満足の行くパタヤ旅行でした。
今からおよそ4年前のお話、2009年ですね

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

photo credit: SJ photography via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

2件のコメント

  1. まあ、捕まっても罰金を払うだけですが、
    事故を起こしたら、、、自爆で自分だけなら諦めもつくでしょうが、
    中産階級以上のタイ人や先進国の外国人巻き込んだら、
    無免許、無保険だと。。。
    皆さん。事故なんて起こさないよ。と言いますが。
    本人は自己責任でも、無免許、無保険の人の事故に巻き込まれた方は。
    私には、自己資金で損害賠償出来る資産も無し。
    そう思うと、私は無免許運転は出来ませんね。

    • コメントどうもありがとうございます。

      そうですね、
      そういったデメリットも存在いたしますので、
      運転する際は十二分に気をつけないとですね。
      ただでさえ、タイでは運転が荒い方が多いですからね(;´д´)

      ちなみに私も
      資産がないので事故ったらアウトですね(笑

Leave A Reply

CAPTCHA